★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
ヨンワン 国民の 彼女の 緑豆の花 会社 異夢 夏よ 初対面 ボイス3 アビス 絶対彼氏 助けて2 ただ 風が吹く パフューム 補佐官 義理の母

歌 - キム・ドンリュル 歌詞和訳

キム・ドンリュル(김동률)《♂》
10 /26 2018
ノレ
노래 - 김동률

作詞作曲:김동률
リクエスト頂いた曲です♪
ノレ
노래 - 김동률


ックンオプシ ナリ ソ イットン
끝없이 날이 서 있던
果てしなく刃が鋭くなっていた

オリル チョク ナエ ソウォヌン
어릴 적 나의 소원은
幼い頃僕の願いは

ネ モメ トドゥン
내 몸에 돋은
僕の体に出た

カシドゥル トロネゴ
가시들 털어내고
トゲを払いのけて

ムォドゥン タ クェンチャナジヌン
뭐든 다 괜찮아지는
何でも全部大丈夫になる

オルニ ッパルリ トェヌン ゴッ
어른이 빨리 되는 것
大人に早くなること

モドゥン ゴル アヌル ス イッコ
모든 걸 안을 수 있고
すべてを抱くことが出来て

ホンジャド クロクチョロク クェンチャヌン
혼자도 그럭저럭 괜찮은
一人でもそれなりにいい

クロン ナイガ トェミョン
그런 나이가 되면
そんな年齢になったら

プルッスク チムル ックリョ
불쑥 짐을 꾸려
いきなり荷造りして

セサン ックン
세상 끝
この世の果ての

オディロ ットナリョ ヘッチ
어디로 떠나려 했지
どこかへ離れようとしたよ

サラムル ットナボネゴ
사람을 떠나보내고
人から離れて

シガヌル ットナボネゴ
시간을 떠나보내고
時間を送って

クロケ コッタ ボミョン オンジェンガ
그렇게 걷다 보면 언젠가
そうして歩いてみたらいつか

ホルカブンヘジル チュル アランネ
홀가분해질 줄 알았네
気楽になると思ってた

クレド トェヌン ナイガ
그래도 되는 나이가
それでもいい年齢が

オヌドッ フルッチョク チナゴ
어느덧 훌쩍 지나고
いつのまにかふわりと過ぎて

ウェンマンハン イレン クムッチョクド
웬만한 일엔 꿈쩍도
ちょっとのことではびくとも

アヌル ス イッケ トェボリョッチマン
않을 수 있게 돼버렸지만
出来ないようにしてしまったけど

ムナナン ハルエ ックテ
무난한 하루의 끝에
無難な一日の果てに

ムンドゥク クリウォジン
문득 그리워진
ふと恋しくなった

ピョジョケットン ナ
뾰족했던 나
とがっていた僕

ク パンチャギミ
그 반짝임이
その輝きが

サラムル ットナボネゴ
사람을 떠나보내고
人から離れて

シガヌル ットナボネゴ
시간을 떠나보내고
時間を送って

クロケ コッタ ボニ イジェヤ
그렇게 걷다 보니 이제야
そうして歩いてみたら今や

ナルル マジュ ポゲ トェオンネ
나를 마주 보게 되었네
自分と向かい合うことになったよ

ウロ ポン チョク オンジェンガ
울어 본 적이 언젠가
泣いてみたことがいつか

プンノハン チョギ オンジェヨッソットンガ
분노한 적이 언제였었던가
怒ったことがいつだったのか

サラ イッタヌン ヌッキメ
살아 있다는 느낌에
生きているという感じで

ポクチャオルラトン ゲ オンジェンガ
벅차올랐던 게 언젠가
いっぱいだったのがいつか

トゥンクッケ トェジ マルラゴ
둥글게 되지 말라고
丸くなるなと

ウルトゥンプルトゥン ヘットン
울퉁불퉁했던
ごつごつした

ナルル サランヘットン ノマンクミナ
나를 사랑했던 너만큼이나
僕を愛した君ほど

オッチョミョン ナド クレッスルッカ
어쩌면 나도 그랬을까
もしかしたら僕もそうだったのだろうか

ウロ ポン チョク オンジェンガ
울어 본 적이 언젠가
泣いてみたことがいつか

プンノハン チョギ オンジェンガ
분노한 적이 언젠가
怒ったことがいつか

サラ イッタヌン ヌッキム カドゥキ
살아 있다는 느낌 가득히
生きているという感じでいっぱい

ポクチャオルラットン ゲ オンジェンガ
벅차올랐던 게 언젠가
いっぱいだったのがいつか

ネ アネ ウルッチルコリヌン
내 안의 움찔거리는
僕の中のびくっとする

クゲ ムォンジヌン
그게 뭔지는
それが何なのか

モルラド チョゴド
몰라도 적어도
分からなくても少なくとも

ト イサン サムキジ アンコ
더 이상 삼키지 않고
これ以上飲み込まないで

アグル ッスドゥッ ノレル プルンダ
악을 쓰듯 노랠 부른다
わめくように歌を歌う

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ノレ
노래 - 김동률


ックンオプシ ナリ ソ イットン
끝없이 날이 서 있던
果てしなく刃が鋭くなっていた

オリル チョク ナエ ソウォヌン
어릴 적 나의 소원은
幼い頃僕の願いは

ネ モメ トドゥン
내 몸에 돋은
僕の体に出た

カシドゥル トロネゴ
가시들 털어내고
トゲを払いのけて

ムォドゥン タ クェンチャナジヌン
뭐든 다 괜찮아지는
何でも全部大丈夫になる

オルニ ッパルリ トェヌン ゴッ
어른이 빨리 되는 것
大人に早くなること

モドゥン ゴル アヌル ス イッコ
모든 걸 안을 수 있고
すべてを抱くことが出来て

ホンジャド クロクチョロク クェンチャヌン
혼자도 그럭저럭 괜찮은
一人でもそれなりにいい

クロン ナイガ トェミョン
그런 나이가 되면
そんな年齢になったら

プルッスク チムル ックリョ
불쑥 짐을 꾸려
いきなり荷造りして

セサン ックン
세상 끝
この世の果ての

オディロ ットナリョ ヘッチ
어디로 떠나려 했지
どこかへ離れようとしたよ

サラムル ットナボネゴ
사람을 떠나보내고
人から離れて

シガヌル ットナボネゴ
시간을 떠나보내고
時間を送って

クロケ コッタ ボミョン オンジェンガ
그렇게 걷다 보면 언젠가
そうして歩いてみたらいつか

ホルカブンヘジル チュル アランネ
홀가분해질 줄 알았네
気楽になると思ってた

クレド トェヌン ナイガ
그래도 되는 나이가
それでもいい年齢が

オヌドッ フルッチョク チナゴ
어느덧 훌쩍 지나고
いつのまにかふわりと過ぎて

ウェンマンハン イレン クムッチョクド
웬만한 일엔 꿈쩍도
ちょっとのことではびくとも

アヌル ス イッケ トェボリョッチマン
않을 수 있게 돼버렸지만
出来ないようにしてしまったけど

ムナナン ハルエ ックテ
무난한 하루의 끝에
無難な一日の果てに

ムンドゥク クリウォジン
문득 그리워진
ふと恋しくなった

ピョジョケットン ナ
뾰족했던 나
とがっていた僕

ク パンチャギミ
그 반짝임이
その輝きが

サラムル ットナボネゴ
사람을 떠나보내고
人から離れて

シガヌル ットナボネゴ
시간을 떠나보내고
時間を送って

クロケ コッタ ボニ イジェヤ
그렇게 걷다 보니 이제야
そうして歩いてみたら今や

ナルル マジュ ポゲ トェオンネ
나를 마주 보게 되었네
自分と向かい合うことになったよ

ウロ ポン チョク オンジェンガ
울어 본 적이 언젠가
泣いてみたことがいつか

プンノハン チョギ オンジェヨッソットンガ
분노한 적이 언제였었던가
怒ったことがいつだったのか

サラ イッタヌン ヌッキメ
살아 있다는 느낌에
生きているという感じで

ポクチャオルラトン ゲ オンジェンガ
벅차올랐던 게 언젠가
いっぱいだったのがいつか

トゥンクッケ トェジ マルラゴ
둥글게 되지 말라고
丸くなるなと

ウルトゥンプルトゥン ヘットン
울퉁불퉁했던
ごつごつした

ナルル サランヘットン ノマンクミナ
나를 사랑했던 너만큼이나
僕を愛した君ほど

オッチョミョン ナド クレッスルッカ
어쩌면 나도 그랬을까
もしかしたら僕もそうだったのだろうか

ウロ ポン チョク オンジェンガ
울어 본 적이 언젠가
泣いてみたことがいつか

プンノハン チョギ オンジェンガ
분노한 적이 언젠가
怒ったことがいつか

サラ イッタヌン ヌッキム カドゥキ
살아 있다는 느낌 가득히
生きているという感じでいっぱい

ポクチャオルラットン ゲ オンジェンガ
벅차올랐던 게 언젠가
いっぱいだったのがいつか

ネ アネ ウルッチルコリヌン
내 안의 움찔거리는
僕の中のびくっとする

クゲ ムォンジヌン
그게 뭔지는
それが何なのか

モルラド チョゴド
몰라도 적어도
分からなくても少なくとも

ト イサン サムキジ アンコ
더 이상 삼키지 않고
これ以上飲み込まないで

アグル ッスドゥッ ノレル プルンダ
악을 쓰듯 노랠 부른다
わめくように歌を歌う


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます