ヨンワン ウラチャチャ 国民の 彼女の 緑豆の花 会社 異夢 夏よ 初対面 ボイス3 アビス 絶対彼氏 助けて2 ただ

似ていく - チョン・ジュンイル 韓ドラ:キツネ嫁星 歌詞和訳

チョン・ジュンイル(정준일)《♂》
10 /25 2018
タルマガ チョン・ジュンイル
닮아가 - 정준일
似ていく
作詞:남혜승, 박진호, 정준일 作曲:남혜승, 박진호
韓国ドラマ:キツネ嫁星
出演:イ・ジェフン、チェ・スビン、イ・ドンゴン、キム・ジスなど
仁川国際空港が舞台!たくさんの人と出会い、ゆっくり成長していく2人のストーリー
秘密を持つ謎の新人男性と、もどかしい事情を抱える経歴1年目の女性社員が仁川空港内の人たちとぶつかりながら、お互いの足りない部分や傷を癒やすヒューマンメロドラマ
タルマガ チョン・ジュンイル
닮아가 - 정준일
似ていく


ナルル ポティゲ ヘットンゴン
나를 버티게 했던건
僕を持ちこたえさせたのは

ヌル ノヨッソッスニ
늘 너였었으니
いつも君だったから

ナルル ウッケ ヘットン ゴット
나를 웃게 했던 것도
僕を笑顔にしたのも

メイル ノヨッスニ
매일 너였으니
毎日君だったから

コッコセ スモインヌン
곳곳에 숨어있는
あちこちに隠れている

ノム マヌン イユドゥリ ナル
너무 많은 이유들이 날
とても多くの理由が僕を

ノエゲロ テリョカゴ
너에게로 데려가고
君へと連れて行って

タルリョカゲ ハヌン クナ
달려가게 하는 구나
走らせるんだ

サラムドゥリ ウンヌン ゴン
사람들이 웃는 건
人々が笑うのは

オットン イユイルッカ
어떤 이유일까
どんな理由だろうか

アム チェミ ハナ オムヌン
아무 재미 하나 없는
何の面白味一つもない

クロン イェギドゥリンデ
그런 얘기들인데
そんな話なのに

クゴル アルゲ ヘジュゴ
그걸 알게 해주고
それを分かるようしてくれて

ナド ナムドゥルチョロム ウンヌンゲ
나도 남들처럼 웃는게
僕もみんなのように笑うのが

ヘンボカダ ヘンボカダ
행복하다 행복하다
幸せだと

ヌッキゲ ヘジュン ノ
느끼게 해준 너
感じさせてくれた君

コッコ スュィゴ マルハヌン
걷고 쉬고 말하는
歩いては休んで話す

モドゥン スンガニ タ クデルル
모든 순간이 다 그대를
すべての瞬間が全部君を

キダリゴ インヌン シガン
기다리고 있는 시간
待っている時間

キデハヌン メ スンガン
기대하는 매 순간
期待する毎瞬間

モドゥガ クロケ ヌッキョッソ
모두가 그렇게 느꼈어
すべてがそう感じた

トゥッコ ノワマルハミョン
듣고 너와말하면
聞いて君と話したら

イロケ ッパルゲ ハルガ
이렇게 빠르게 하루가
こんなに早く一日が

チョウムロボリヌン ヘンボカン スンガン
저물어버리는 행복한 순간
暮れてしまう幸せな瞬間

ニガ オムヌン ハルエド
니가 없는 하루에도
君がいない一日にも

オントン ノップニラ
온통 너뿐이라
すべて君だけだから

ノルル イジュリョ ヘブヮド
너를 잊으려 해봐도
君を忘れようとしてみても

オヌセ ノップニラ
어느새 너뿐이라
いつのまにか君だけだから

ピョンポム ハジ アナットン
평범 하지 않았던
平凡ではなかった

コトェン ハルエ ックム ク ックテ
고된 하루의 꿈 그 끝에
辛い一日の夢その先に

ニガ イッソ
니가 있어
君がいて

ナエ マウミ ノル
나의 마음이 널
僕の心が君から

ットナ ポネジ アナ
떠나 보내지 않아
離れられない

コッコ スュィゴ マルハヌン
걷고 쉬고 말하는
歩いては休んで話す

モドゥン スンガニ タ クデルル
모든 순간이 다 그대를
すべての瞬間が全部君を

キダリゴ インヌン シガン
기다리고 있는 시간
待っている時間

キデハヌン メ スンガン
기대하는 매 순간
期待する毎瞬間

モドゥガ クロケ ヌッキョッソ
모두가 그렇게 느꼈어
すべてがそう感じた

シゲルル ポミョ タルリドン
시계를 보며 달리던
時間を見て走った

ノルル ポロ ガヌン チグミ
너를 보러 가는 지금이
君に会いにいく今が

ヌンムル ットロジゲ
눈물 떨어지게
涙が落ちるように

ヘンボカン スンガン
행복한 순간
幸せな瞬間

キデハゴ イッソ
기대하고 있어
期待している

ニガ マンドゥヌン ナ
니가 만드는 나
君が作る僕

モドゥン ゴル マッキゴ
모든 걸 맡기고
すべてを任せて

ネゲ カゴ イッソ
네게 가고 있어
君に向かっている

ナヌン ノル ッタラソ
나는 널 따라서
僕は君を追って

メイル イロケ ナン
매일 이렇게 난
毎日こうして僕は

ノル タルマガ
널 닮아가
君に似ていく

コッコ スュィゴ マルハヌン
걷고 쉬고 말하는
歩いては休んで話す

モドゥン シガンドゥリ ネゲヌン
모든 시간들이 내게는
すべての時間が僕には

オジ アヌル コンマン カタットン スンガン
오지 않을 것만 같았던 순간
来ないようだった瞬間


※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
タルマガ チョン・ジュンイル
닮아가 - 정준일
似ていく

ナルル ポティゲ ヘットンゴン
나를 버티게 했던건
僕を持ちこたえさせたのは

ヌル ノヨッソッスニ
늘 너였었으니
いつも君だったから

ナルル ウッケ ヘットン ゴット
나를 웃게 했던 것도
僕を笑顔にしたのも

メイル ノヨッスニ
매일 너였으니
毎日君だったから

コッコセ スモインヌン
곳곳에 숨어있는
あちこちに隠れている

ノム マヌン イユドゥリ ナル
너무 많은 이유들이 날
とても多くの理由が僕を

ノエゲロ テリョカゴ
너에게로 데려가고
君へと連れて行って

タルリョカゲ ハヌン クナ
달려가게 하는 구나
走らせるんだ

サラムドゥリ ウンヌン ゴン
사람들이 웃는 건
人々が笑うのは

オットン イユイルッカ
어떤 이유일까
どんな理由だろうか

アム チェミ ハナ オムヌン
아무 재미 하나 없는
何の面白味一つもない

クロン イェギドゥリンデ
그런 얘기들인데
そんな話なのに

クゴル アルゲ ヘジュゴ
그걸 알게 해주고
それを分かるようしてくれて

ナド ナムドゥルチョロム ウンヌンゲ
나도 남들처럼 웃는게
僕もみんなのように笑うのが

ヘンボカダ ヘンボカダ
행복하다 행복하다
幸せだと

ヌッキゲ ヘジュン ノ
느끼게 해준 너
感じさせてくれた君

コッコ スュィゴ マルハヌン
걷고 쉬고 말하는
歩いては休んで話す

モドゥン スンガニ タ クデルル
모든 순간이 다 그대를
すべての瞬間が全部君を

キダリゴ インヌン シガン
기다리고 있는 시간
待っている時間

キデハヌン メ スンガン
기대하는 매 순간
期待する毎瞬間

モドゥガ クロケ ヌッキョッソ
모두가 그렇게 느꼈어
すべてがそう感じた

トゥッコ ノワマルハミョン
듣고 너와말하면
聞いて君と話したら

イロケ ッパルゲ ハルガ
이렇게 빠르게 하루가
こんなに早く一日が

チョウムロボリヌン ヘンボカン スンガン
저물어버리는 행복한 순간
暮れてしまう幸せな瞬間

ニガ オムヌン ハルエド
니가 없는 하루에도
君がいない一日にも

オントン ノップニラ
온통 너뿐이라
すべて君だけだから

ノルル イジュリョ ヘブヮド
너를 잊으려 해봐도
君を忘れようとしてみても

オヌセ ノップニラ
어느새 너뿐이라
いつのまにか君だけだから

ピョンポム ハジ アナットン
평범 하지 않았던
平凡ではなかった

コトェン ハルエ ックム ク ックテ
고된 하루의 꿈 그 끝에
辛い一日の夢その先に

ニガ イッソ
니가 있어
君がいて

ナエ マウミ ノル
나의 마음이 널
僕の心が君から

ットナ ポネジ アナ
떠나 보내지 않아
離れられない

コッコ スュィゴ マルハヌン
걷고 쉬고 말하는
歩いては休んで話す

モドゥン スンガニ タ クデルル
모든 순간이 다 그대를
すべての瞬間が全部君を

キダリゴ インヌン シガン
기다리고 있는 시간
待っている時間

キデハヌン メ スンガン
기대하는 매 순간
期待する毎瞬間

モドゥガ クロケ ヌッキョッソ
모두가 그렇게 느꼈어
すべてがそう感じた

シゲルル ポミョ タルリドン
시계를 보며 달리던
時間を見て走った

ノルル ポロ ガヌン チグミ
너를 보러 가는 지금이
君に会いにいく今が

ヌンムル ットロジゲ
눈물 떨어지게
涙が落ちるように

ヘンボカン スンガン
행복한 순간
幸せな瞬間

キデハゴ イッソ
기대하고 있어
期待している

ニガ マンドゥヌン ナ
니가 만드는 나
君が作る僕

モドゥン ゴル マッキゴ
모든 걸 맡기고
すべてを任せて

ネゲ カゴ イッソ
네게 가고 있어
君に向かっている

ナヌン ノル ッタラソ
나는 널 따라서
僕は君を追って

メイル イロケ ナン
매일 이렇게 난
毎日こうして僕は

ノル タルマガ
널 닮아가
君に似ていく

コッコ スュィゴ マルハヌン
걷고 쉬고 말하는
歩いては休んで話す

モドゥン シガンドゥリ ネゲヌン
모든 시간들이 내게는
すべての時間が僕には

オジ アヌル コンマン カタットン スンガン
오지 않을 것만 같았던 순간
来ないようだった瞬間


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます