★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
夏よ 義理の母 朝鮮生存記 アスダル 検法男女2 60日 太陽 ホテル 新米 WATCHER ミスター 医師ヨハン 十八 悪魔 Welcome

そうして胸は走る - Gaho 韓ドラ:私の後ろにテリウス 歌詞和訳

10 /09 2018
クロケカスムンットゥィンダ
그렇게 가슴은 뛴다 - 가호 (Gaho)
そうして胸は走る
作詞:서동성 作曲:박성일
韓国ドラマ:私の後ろにテリウス
出演:ソ・ジソプ、チョン・インソン、ソン・ホジュン、イム・セミなど
ソ・ジソプ2年ぶりのドラマ出演!カッコいいのに笑えるスパイアクションコメディとは?
消えた伝説のブラック要員と、運命のようにスパイ戦争に飛び込んだ向かいの家に住む女性。怪しい幻のような2人の諜報コラボを描いたアクションコメディ
クロケカスムンットゥィンダ
그렇게 가슴은 뛴다 - 가호 (Gaho)
そうして胸は走る


モドゥ ックチ アニオッソ
모두 끝이 아니었어
全部終わりではなかった

ット タルン シジャギル ップン
또 다른 시작일 뿐
また別の始まりであるだけ

タラ オプソジン ゴッ カットン
닳아 없어진 것 같던
すり減ってなくなったようだった

カスミ タシ ットゥィリョ ヘ
가슴이 다시 뛰려 해
胸が再び走ろうとする

オンジェブトルッカ
언제부털까
いつからだったのだろうか

ヘッサリ チャンノモロ オン ゲ
햇살이 창넘어로 온 게
日差しが窓の向こうに来たのは

オンジェヨッスルッカ
언제였을까
いつからだったのだろうか

ソリ ネ ウッコン ヘットン ナリ
소리 내 웃곤 했던 날이
声を出して笑ったりした日が

オンジェナ ッコク
언제나 꼭
いつもぎゅっと

チュィン トゥ ソヌル
쥔 두 손을
握った両手を

スムキゴ イッソッチ
숨기고 있었지
隠していたんだよね

ク ムオッハナ チャプチ モタル
그 무엇하나 잡지 못할
その何一つつかめない

アイドゥルチョロム セサンウン
아이들처럼 세상은
子供たちのように世界は

ソンチャバ チュオッチ
손잡아 주었지
手を握ってくれたよ

ウェ ホンジャナヤゴ ウソ ジュミョ
왜 혼자냐고 웃어 주며
どうして一人なのかと笑って

ウ ウォ ウ ウォ
우 워 우 워

ナン カムコ イットン ヌヌル ットポンダ
난 감고 있던 눈을 떠본다
僕は閉じていた目を開ける

ウ ウォ ウ ウォ
우 워 우 워

イ モドゥン ゴシ
이 모든 것이
このすべてのものが

ックミ アニギル
꿈이 아니길
夢ではないよう

スミ カップン ハルハル
숨이 가쁜 하루하루
息がつまった毎日

モドゥン ゲ ナッソン オヌル
모든 게 낯선 오늘
すべてが見慣れない今日

プロオヌン ヒャンギチョロム
불어오는 향기처럼
吹いて来る香りのように

ット タルン ネイリ オミョン
또 다른 내일이 오면
また別の明日が来たら

キオゲ ッサイン アプミ
기억에 쌓인 아픔이
記憶に積もった痛みが

モンジロ フトジョ
먼지로 흩어져
ホコリで散る

コジンマルチョロム サランド
거짓말처럼 사랑도
嘘のように愛も

タシ チャジャオルッカ
다시 찾아올까
また訪ねてくるかな

ポイル ドゥッ マル ドゥッ
보일 듯 말 듯
見えるようで見えなさそうな

サランウン ヌル ギョテ イッソッチ
사랑은 늘 곁에 있었지
愛はいつも傍にいたんだよね

ナ ホンジャソマン モルラッスル ップン
나 혼자서만 몰랐을 뿐
僕一人だけ知らなかっただけ

トィドラボミョン セサンド
뒤돌아보면 세상도
振り返って見たら世界も

ヌル ギョテ イッソッチ
늘 곁에 있었지
いつも傍にいたよ

ヌル ク ジャリエ チグムチョロム
늘 그 자리에 지금처럼
いつもその場所に今のように

ウ ウォ ウ ウォ
우 워 우 워

ネ アプム ハナル ネリョヌヮ ポンダ
내 아픔 하날 내려놔 본다
僕の痛みを一つおろしてみる

ウ ウォ ウ ウォ
우 워 우 워

イ モドゥン ゴシ
이 모든 것이
このすべてのものが

ックミ アニギル
꿈이 아니길
夢ではないよう

パックロ ヒャンハヌン
밖으로 향하는
外へ向かう

ハンゴルム ット ハンゴルム
한걸음 또 한걸음
一歩また一歩

ックムックドン セサンウル
꿈꾸던 세상을
夢見た世界に

マンナルッカ ウォ
만날까 워
出会えるかな

オンジェナ ッコク
언제나 꼭
いつもぎゅっと

チュィン トゥ ソヌル
쥔 두 손을
握った両手を

スムキゴ イッソッチ
숨기고 있었지
隠していたんだよね

ク ムオッハナ チャプチ モタル
그 무엇하나 잡지 못할
その何一つつかめない

アイドゥルチョロム セサンウン
아이들처럼 세상은
子供たちのように世界は

ソンチャバ チュオッチ
손잡아 주었지
手を握ってくれたよ

ウェ ホンジャナヤゴ ウソ ジュミョ
왜 혼자냐고 웃어 주며
どうして一人なのかと笑って

ウ ウォ ウ ウォ
우 워 우 워

ナン カムコ イットン ヌヌル ットポンダ
난 감고 있던 눈을 떠본다
僕は閉じていた目を開ける

ウ ウォ ウ ウォ
우 워 우 워

イ モドゥン ゴシ
이 모든 것이
このすべてのものが

ックミ アニギル
꿈이 아니길
夢ではないよう

オンジェブト ヨットン ゴルッカ
언제부터 였던 걸까
いつからだったのだろうか

カスミ タシ ットゥィンダ
가슴이 다시 뛴다
胸がまた走る

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
クロケカスムンットゥィンダ
그렇게 가슴은 뛴다 - 가호 (Gaho)
そうして胸は走る


モドゥ ックチ アニオッソ
모두 끝이 아니었어
全部終わりではなかった

ット タルン シジャギル ップン
또 다른 시작일 뿐
また別の始まりであるだけ

タラ オプソジン ゴッ カットン
닳아 없어진 것 같던
すり減ってなくなったようだった

カスミ タシ ットゥィリョ ヘ
가슴이 다시 뛰려 해
胸が再び走ろうとする

オンジェブトルッカ
언제부털까
いつからだったのだろうか

ヘッサリ チャンノモロ オン ゲ
햇살이 창넘어로 온 게
日差しが窓の向こうに来たのは

オンジェヨッスルッカ
언제였을까
いつからだったのだろうか

ソリ ネ ウッコン ヘットン ナリ
소리 내 웃곤 했던 날이
声を出して笑ったりした日が

オンジェナ ッコク
언제나 꼭
いつもぎゅっと

チュィン トゥ ソヌル
쥔 두 손을
握った両手を

スムキゴ イッソッチ
숨기고 있었지
隠していたんだよね

ク ムオッハナ チャプチ モタル
그 무엇하나 잡지 못할
その何一つつかめない

アイドゥルチョロム セサンウン
아이들처럼 세상은
子供たちのように世界は

ソンチャバ チュオッチ
손잡아 주었지
手を握ってくれたよ

ウェ ホンジャナヤゴ ウソ ジュミョ
왜 혼자냐고 웃어 주며
どうして一人なのかと笑って

ウ ウォ ウ ウォ
우 워 우 워

ナン カムコ イットン ヌヌル ットポンダ
난 감고 있던 눈을 떠본다
僕は閉じていた目を開ける

ウ ウォ ウ ウォ
우 워 우 워

イ モドゥン ゴシ
이 모든 것이
このすべてのものが

ックミ アニギル
꿈이 아니길
夢ではないよう

スミ カップン ハルハル
숨이 가쁜 하루하루
息がつまった毎日

モドゥン ゲ ナッソン オヌル
모든 게 낯선 오늘
すべてが見慣れない今日

プロオヌン ヒャンギチョロム
불어오는 향기처럼
吹いて来る香りのように

ット タルン ネイリ オミョン
또 다른 내일이 오면
また別の明日が来たら

キオゲ ッサイン アプミ
기억에 쌓인 아픔이
記憶に積もった痛みが

モンジロ フトジョ
먼지로 흩어져
ホコリで散る

コジンマルチョロム サランド
거짓말처럼 사랑도
嘘のように愛も

タシ チャジャオルッカ
다시 찾아올까
また訪ねてくるかな

ポイル ドゥッ マル ドゥッ
보일 듯 말 듯
見えるようで見えなさそうな

サランウン ヌル ギョテ イッソッチ
사랑은 늘 곁에 있었지
愛はいつも傍にいたんだよね

ナ ホンジャソマン モルラッスル ップン
나 혼자서만 몰랐을 뿐
僕一人だけ知らなかっただけ

トィドラボミョン セサンド
뒤돌아보면 세상도
振り返って見たら世界も

ヌル ギョテ イッソッチ
늘 곁에 있었지
いつも傍にいたよ

ヌル ク ジャリエ チグムチョロム
늘 그 자리에 지금처럼
いつもその場所に今のように

ウ ウォ ウ ウォ
우 워 우 워

ネ アプム ハナル ネリョヌヮ ポンダ
내 아픔 하날 내려놔 본다
僕の痛みを一つおろしてみる

ウ ウォ ウ ウォ
우 워 우 워

イ モドゥン ゴシ
이 모든 것이
このすべてのものが

ックミ アニギル
꿈이 아니길
夢ではないよう

パックロ ヒャンハヌン
밖으로 향하는
外へ向かう

ハンゴルム ット ハンゴルム
한걸음 또 한걸음
一歩また一歩

ックムックドン セサンウル
꿈꾸던 세상을
夢見た世界に

マンナルッカ ウォ
만날까 워
出会えるかな

オンジェナ ッコク
언제나 꼭
いつもぎゅっと

チュィン トゥ ソヌル
쥔 두 손을
握った両手を

スムキゴ イッソッチ
숨기고 있었지
隠していたんだよね

ク ムオッハナ チャプチ モタル
그 무엇하나 잡지 못할
その何一つつかめない

アイドゥルチョロム セサンウン
아이들처럼 세상은
子供たちのように世界は

ソンチャバ チュオッチ
손잡아 주었지
手を握ってくれたよ

ウェ ホンジャナヤゴ ウソ ジュミョ
왜 혼자냐고 웃어 주며
どうして一人なのかと笑って

ウ ウォ ウ ウォ
우 워 우 워

ナン カムコ イットン ヌヌル ットポンダ
난 감고 있던 눈을 떠본다
僕は閉じていた目を開ける

ウ ウォ ウ ウォ
우 워 우 워

イ モドゥン ゴシ
이 모든 것이
このすべてのものが

ックミ アニギル
꿈이 아니길
夢ではないよう

オンジェブト ヨットン ゴルッカ
언제부터 였던 걸까
いつからだったのだろうか

カスミ タシ ットゥィンダ
가슴이 다시 뛴다
胸がまた走る


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます