ヨンワン ウラチャチャ 国民の 彼女の 美しい 緑豆の花 会社 異夢 夏よ 初対面 ボイス3 アビス 絶対彼氏 助けて2 ただ

Home - レイナ 韓ドラ:親愛なる判事様 歌詞和訳

09 /15 2018
Home - 레이나
作詞:강이든 作曲:Jamie Song
韓国ドラマ:親愛なる判事様
出演:ユン・シユン、イ・ユヨン、パク・ピョンウン、クォン・アユンなど
人気俳優ユン・シユンが初の1人2役に挑戦!不良が兄の代わりで判事に…?!
失踪した兄の変わりに前科5犯のハン・ガンホが判事になって、法廷に立つことに。「実践法律」を基に、法に無い痛快な判決を始めるいい加減な不良判事の成長記!
Home - 레이나

チトゥン イ オドゥム ソゲ
짙은 이 어둠 속에
濃いこの闇の中に

キルル チャジャ ヘメゴ イッソ
길을 찾아 헤매고 있어
道を探し彷徨っている

チチン ネ モムル
지친 내 몸을
疲れた私の体を

ヌイル コスン ヨギ
누일 곳은 여기
寝かせられるところはここ

in my home

コダルプン サルム ソゲ
고달픈 삶 속에
苦しい生活の中で

ナル カムチュミョ ソギゴ イッソ
날 감추며 속이고 있어
自分を隠して騙している

チャムシ イッコ キン スムル
잠시 잊고 긴 숨을
しばらく忘れて長い息を

スュィル ス イッケ
쉴 수 있게
出来るように

let me home

イジェン トラガル スガ イッキエ ナン
이젠 돌아갈 수가 있기에 난
もう戻ることが出来るから私は

トヌン スュィプケ ムノジジ アナ
더는 쉽게 무너지지 않아
これ以上簡単に崩れない

ヌル クゴセソ
늘 그 곳에서
いつもその場所で

ナル キダリヌン キオクドゥル
날 기다리는 기억들
私を待つ記憶

ックムチョロム ックニムオプシ
꿈처럼 끊임없이
夢のように絶えず

ナル パゴドゥヌン ウェロウム クリウム
날 파고드는 외로움 그리움
私に染み込む寂しさ恋しさ

ピン ネ マウムル
빈 내 마음을
空っぽの私の気持ちを

チェウル ス オプトン カルチュンイ
채울 수 없던 갈증이
満たせなかった喉の渇きが

ナル イルキョ ヨギロ
날 일으켜 여기로
私を起こしてここに

イックロジョ ナル
이끌어줘 날 my home
導いてよ 私を

オンキン シルタレ カトゥン
엉킨 실타래 같은
もつれた糸のような

ヒムドゥン ハルルル ポティゴ イッソ
힘든 하루를 버티고 있어
辛い一日を持ちこたえている

ヒムギョウン セサン
힘겨운 세상
辛い世界

キデル コスン ヨギ
기댈 곳은 여기
頼れる場所はここ

you're my home

ット タルン ネ アネ
또 다른 내 안에
また別の自分の中に

ヌガ ナルル プルゴ イッソ
누가 나를 부르고 있어
誰かが私を呼んでいる

クマン モムチョ
그만 멈춰
もう止まってよ

トィドラ ポル ス イッケ
뒤돌아 볼 수 있게
後戻りして見れないように

calling home

イジェン サラガル
이젠 살아갈
今は生きていく

ヒミ ナギエ ナン
힘이 나기에 난
力があるから私は

トヌン アパ ッスロジジ アナ
더는 아파 쓰러지지 않아
これ以上苦しんで倒れはしない

ヌル ク ゴセソ
늘 그 곳에서
いつもそこで

ナル キダリヌン キオクドゥル
날 기다리는 기억들
私を待つ記憶

ックムチョロム ックニムオプシ
꿈처럼 끊임없이
夢のように絶えず

ナル パゴドゥヌン ウェロウム クリウム
날 파고드는 외로움 그리움
私に染み込む寂しさ恋しさ

ピン ネ マウムル
빈 내 마음을
空っぽの私の気持ちを

チェウル ス オプトン カルチュンイ
채울 수 없던 갈증이
満たせなかった喉の渇きが

ナル イルキョ ヨギロ
날 일으켜 여기로
私を起こしてここに

イックロジョ ナル
이끌어줘 날
導いてよ 私を

チグム ネガ タカン イ キリ
지금 내가 택한 이 길이
今私が選んだこの道が

ッテロヌン オリョプコ
때로는 어렵고
時には難しくて

ウィホマン ゴル タ アルジマン
위험한 걸 다 알지만
危険だってことを全部知ってるけど

ク ゴッ ハナロ チュンブネ ナヌン
그 곳 하나로 충분해 나는
それ一つで十分 私は

ムゴウン コルム ネディッタ
무거운 걸음 내딛다
重い歩み踏み出す

ネリョ ノウル ス イッケ
내려 놓을 수 있게
下せるように

ヌル ク ゴセソ
늘 그 곳에서
いつもその場所で

ナル カムッサジュドン オンギドゥル
날 감싸주던 온기들
私を包んでくれた温もり

ピチョロム スュィル セ オプシ
비처럼 쉴 새 없이
雨のように休む暇もなく

ナル トゥドゥリヌン ウェロウム クリウム
날 두드리는 외로움 그리움
私を叩く寂しさ恋しさ

ピン ネ ヨンホヌル
빈 내 영혼을
空っぽの私の魂を

カリル ス オプトン トンチュンイ
가릴 수 없던 통증이
隠せなかった痛みが

ナル イルキョ ヨギロ
날 일으켜 여기로
私を起こしてここに

イックロジョ ナル
이끌어줘 날
導いてよ 私を

my home

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
Home - 레이나

チトゥン イ オドゥム ソゲ
짙은 이 어둠 속에
濃いこの闇の中に

キルル チャジャ ヘメゴ イッソ
길을 찾아 헤매고 있어
道を探し彷徨っている

チチン ネ モムル
지친 내 몸을
疲れた私の体を

ヌイル コスン ヨギ
누일 곳은 여기
寝かせられるところはここ

in my home

コダルプン サルム ソゲ
고달픈 삶 속에
苦しい生活の中で

ナル カムチュミョ ソギゴ イッソ
날 감추며 속이고 있어
自分を隠して騙している

チャムシ イッコ キン スムル
잠시 잊고 긴 숨을
しばらく忘れて長い息を

スュィル ス イッケ
쉴 수 있게
出来るように

let me home

イジェン トラガル スガ イッキエ ナン
이젠 돌아갈 수가 있기에 난
もう戻ることが出来るから私は

トヌン スュィプケ ムノジジ アナ
더는 쉽게 무너지지 않아
これ以上簡単に崩れない

ヌル クゴセソ
늘 그 곳에서
いつもその場所で

ナル キダリヌン キオクドゥル
날 기다리는 기억들
私を待つ記憶

ックムチョロム ックニムオプシ
꿈처럼 끊임없이
夢のように絶えず

ナル パゴドゥヌン ウェロウム クリウム
날 파고드는 외로움 그리움
私に染み込む寂しさ恋しさ

ピン ネ マウムル
빈 내 마음을
空っぽの私の気持ちを

チェウル ス オプトン カルチュンイ
채울 수 없던 갈증이
満たせなかった喉の渇きが

ナル イルキョ ヨギロ
날 일으켜 여기로
私を起こしてここに

イックロジョ ナル
이끌어줘 날 my home
導いてよ 私を

オンキン シルタレ カトゥン
엉킨 실타래 같은
もつれた糸のような

ヒムドゥン ハルルル ポティゴ イッソ
힘든 하루를 버티고 있어
辛い一日を持ちこたえている

ヒムギョウン セサン
힘겨운 세상
辛い世界

キデル コスン ヨギ
기댈 곳은 여기
頼れる場所はここ

you're my home

ット タルン ネ アネ
또 다른 내 안에
また別の自分の中に

ヌガ ナルル プルゴ イッソ
누가 나를 부르고 있어
誰かが私を呼んでいる

クマン モムチョ
그만 멈춰
もう止まってよ

トィドラ ポル ス イッケ
뒤돌아 볼 수 있게
後戻りして見れないように

calling home

イジェン サラガル
이젠 살아갈
今は生きていく

ヒミ ナギエ ナン
힘이 나기에 난
力があるから私は

トヌン アパ ッスロジジ アナ
더는 아파 쓰러지지 않아
これ以上苦しんで倒れはしない

ヌル ク ゴセソ
늘 그 곳에서
いつもそこで

ナル キダリヌン キオクドゥル
날 기다리는 기억들
私を待つ記憶

ックムチョロム ックニムオプシ
꿈처럼 끊임없이
夢のように絶えず

ナル パゴドゥヌン ウェロウム クリウム
날 파고드는 외로움 그리움
私に染み込む寂しさ恋しさ

ピン ネ マウムル
빈 내 마음을
空っぽの私の気持ちを

チェウル ス オプトン カルチュンイ
채울 수 없던 갈증이
満たせなかった喉の渇きが

ナル イルキョ ヨギロ
날 일으켜 여기로
私を起こしてここに

イックロジョ ナル
이끌어줘 날
導いてよ 私を

チグム ネガ タカン イ キリ
지금 내가 택한 이 길이
今私が選んだこの道が

ッテロヌン オリョプコ
때로는 어렵고
時には難しくて

ウィホマン ゴル タ アルジマン
위험한 걸 다 알지만
危険だってことを全部知ってるけど

ク ゴッ ハナロ チュンブネ ナヌン
그 곳 하나로 충분해 나는
それ一つで十分 私は

ムゴウン コルム ネディッタ
무거운 걸음 내딛다
重い歩み踏み出す

ネリョ ノウル ス イッケ
내려 놓을 수 있게
下せるように

ヌル ク ゴセソ
늘 그 곳에서
いつもその場所で

ナル カムッサジュドン オンギドゥル
날 감싸주던 온기들
私を包んでくれた温もり

ピチョロム スュィル セ オプシ
비처럼 쉴 새 없이
雨のように休む暇もなく

ナル トゥドゥリヌン ウェロウム クリウム
날 두드리는 외로움 그리움
私を叩く寂しさ恋しさ

ピン ネ ヨンホヌル
빈 내 영혼을
空っぽの私の魂を

カリル ス オプトン トンチュンイ
가릴 수 없던 통증이
隠せなかった痛みが

ナル イルキョ ヨギロ
날 일으켜 여기로
私を起こしてここに

イックロジョ ナル
이끌어줘 날
導いてよ 私を

my home


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます