江南 よけろ ヨンワン 熱血司祭 ヘチ 悲しい ビッグイシュー サイコメトリー ウラチャチャ ドクター ザ・バンカー 自白 国民の 彼女の

あなただったの? - ペク・アヨン 韓ドラ:油っぽいメロ 歌詞和訳

ペク・アヨン(백아연)《♀》
05 /23 2018
ノヨッソンニ ペク・アヨン
너였었니 - 백아연
あなただったの?
作詞作曲:남혜승, 박진호
韓国ドラマ:油っぽいメロ
出演:ジュノ(2PM)、 チャン・ヒョク、 チョン・リョウォンなど
ジュノ(2PM)とチャン・ヒョクがラブコメに挑戦!シェフと元ヤクザ…どっちが好み?
中華料理店を舞台に、中華鍋の中のぐつぐつ沸騰する油よりもさらに熱い男女3人が繰り広げる、濃い恋愛物語による刺激的なラブコメ。空腹には辛い、美味しそうな料理シーンにも注目!
ノヨッソンニ ペク・アヨン
너였었니 - 백아연
あなただったの?


ネガ イロケッカジ
내가 이렇게까지
私がこんなにまで

ノル クリウォヘッソンニ
널 그리워했었니?
あなたを恋しがったの?

ノルル チナチゲ シンギョン ッスゴ
너를 지나치게 신경 쓰고
あなたに過度に気を遣って

キダリヌンゴル ポニ マリャ
기다리는걸 보니 말야
待ってるのを見たのよ

オルマナ チョットンジ
얼마나 좋던지
どれくらい良かったのか

オルマナ クリプトンジ
얼마나 그립던지
どれくらい恋しかったのか

ヨジュム ノ マルゴン
요즘 너 말곤
最近のあなたやめて

アム センガクド アネ
아무 생각도 안 해
何も考えもしない

イヘハル ス オムヌン クリウム
이해할 수 없는 그리움
理解出来ない恋しさ

イヘハル ス オムヌン マルトゥッカジ
이해할 수 없는 말투까지
理解できない話し方まで

モドゥタ ノヨッソンニ
모두다 너였었니?
全部あなただったの?

ヌヌル ットゥン スンガン
눈을 뜬 순간
目覚めた瞬間

カムヌン スンガンッカジ メイル
감는 순간까지 매일
閉じる瞬間まで毎日

ミルリョオヌン ニ
밀려오는 니
押し寄せるあなたの

センガケ ポクチャ
생각에 벅차
考えにいっぱいになって

カックム チュジョアンケ トェ
가끔 주저앉게 돼
時々しゃがみこんでしまう

オンジェッチュミルッカ
언제쯤일까
いつ頃からだろう

オンジェッチュミミョン ムドョジルッカ
언제쯤이면 무뎌질까
いつになったら鈍くなるのかな

ヌヌル ッテン スンガン
눈을 뗀 순간
目を離した瞬間

ットナン スンガン
떠난 순간
離れた瞬間

メイル メイル
매일 매일
毎日毎日

ヌンムリ ットナル コッ カッチ アナ
눈물이 떠날 것 같지 않아
涙が離れそうにない

クレソ ト クレッソンナ ブヮ
그래서 더 그랬었나 봐
だからさらにそうしたみたい

ノルル モムチュゴ
너를 멈추고
あなたは止まって

ネガ タルリョガットン イユ
내가 달려갔던 이유
私が走って行った理由

オットケヤ ハルッカ
어떡해야 할까
どうすればいいかな

ナン オッチョミョン チョウルッカ
난 어쩌면 좋을까
私はどうしたらいいかな

ノエ センガケ トヌン
너의 생각에 더는
あなたへの思いにこれ以上

ウルゴ シプチ アナ
울고 싶지 않아
泣きたくない

イヘハル ス オムヌン
이해할 수 없는
理解できない

チョグプハムグァ
조급함과
焦りと

イヘハル スド
이해할 수도
理解することも

イヘハギド オリョウン
이해하기도 어려운
理解することも難しい

クリウム
그리움
恋しさ

ヌヌル ットゥン スンガン
눈을 뜬 순간
目覚めた瞬間

カムヌン スンガンッカジ メイル
감는 순간까지 매일
閉じる瞬間まで毎日

ミルリョオヌン ニ
밀려오는 니
押し寄せるあなたの

センガケ ポクチャ
생각에 벅차
考えにいっぱいになって

カックム チュジョアンケ トェ
가끔 주저앉게 돼
時々しゃがみこんでしまう

オンジェッチュミルッカ
언제쯤일까
いつ頃からだろう

オンジェッチュミミョン ムドョジルッカ
언제쯤이면 무뎌질까
いつになったら鈍くなるのかな

ヌヌル ッテン スンガン
눈을 뗀 순간
目を離した瞬間

ットナン スンガン
떠난 순간
離れた瞬間

メイル メイル
매일 매일
毎日毎日

ヌンムリ ットナル コッ カッチ アナ
눈물이 떠날 것 같지 않아
涙が離れそうにない

クレソ ト クレッソンナ ブヮ
그래서 더 그랬었나 봐
だからさらにそうしたみたい

ノルル モムチュゴ タルリョガソ
너를 멈추고 달려가서
あたなを止めて走って行って

ソロプコ スルプゲ
서럽고 슬프게
侘しくて悲しく

ヌヌル マッチュドン ナル
눈을 맞추던 날
目を合わせた日

マルハゴ シポッソ
말하고 싶었어
言いたかった

(チャメド トゥルジ モタン メイル パム)
(잠에도 들지 못한 매일 밤)
(眠れもしなかった毎晩)

チョナド トェジ アンヌン
전화도 되지 않는
電話も出来ない

ヌジュン パム
늦은 밤
深夜

ノル クリウォハゴ センガカドン
널 그리워하고 생각하던
あなたを恋しがって考えた

シガニ メイル ヘンボケッタゴ
시간이 매일 행복했다고
時間が毎日幸せだったと

ノム チョアッタゴ
너무 좋았다고
とてもよかったと

ヌヌル ットゥン スンガン
눈을 뜬 순간
目覚めた瞬間

メイル メイル
매일 매일
毎日毎日

ミルリョオヌン ニ
밀려오는 니
押し寄せるあなたの

センガケ ポクチャ
생각에 벅차
考えにいっぱいになって

カックム チュジョアンケ トェ
가끔 주저앉게 돼
時々しゃがみこんでしまう

オンジェッチュミルッカ
언제쯤일까
いつ頃からだろう

オンジェッチュミミョン ムドョジルッカ
언제쯤이면 무뎌질까
いつになったら鈍くなるのかな

ヌヌル ッテン スンガン
눈을 뗀 순간
目を離した瞬間

ットナン スンガン
떠난 순간
離れた瞬間

メイル メイル
매일 매일
毎日毎日

ヌンムリ ットナル コッ カッチ アナ
눈물이 떠날 것 같지 않아
涙が離れそうにない

クレソ ト クレッソンナ ブヮ
그래서 더 그랬었나 봐
だからさらにそうしたみたい

ノルル モムチュゴ
너를 멈추고
あなたは止まって

ネガ タルリョガットン イユ
내가 달려갔던 이유
私が走って行った理由



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ノヨッソンニ ペク・アヨン
너였었니 - 백아연
あなただったの?

ネガ イロケッカジ
내가 이렇게까지
私がこんなにまで

ノル クリウォヘッソンニ
널 그리워했었니?
あなたを恋しがったの?

ノルル チナチゲ シンギョン ッスゴ
너를 지나치게 신경 쓰고
あなたに過度に気を遣って

キダリヌンゴル ポニ マリャ
기다리는걸 보니 말야
待ってるのを見たのよ

オルマナ チョットンジ
얼마나 좋던지
どれくらい良かったのか

オルマナ クリプトンジ
얼마나 그립던지
どれくらい恋しかったのか

ヨジュム ノ マルゴン
요즘 너 말곤
最近のあなたやめて

アム センガクド アネ
아무 생각도 안 해
何も考えもしない

イヘハル ス オムヌン クリウム
이해할 수 없는 그리움
理解出来ない恋しさ

イヘハル ス オムヌン マルトゥッカジ
이해할 수 없는 말투까지
理解できない話し方まで

モドゥタ ノヨッソンニ
모두다 너였었니?
全部あなただったの?

ヌヌル ットゥン スンガン
눈을 뜬 순간
目覚めた瞬間

カムヌン スンガンッカジ メイル
감는 순간까지 매일
閉じる瞬間まで毎日

ミルリョオヌン ニ
밀려오는 니
押し寄せるあなたの

センガケ ポクチャ
생각에 벅차
考えにいっぱいになって

カックム チュジョアンケ トェ
가끔 주저앉게 돼
時々しゃがみこんでしまう

オンジェッチュミルッカ
언제쯤일까
いつ頃からだろう

オンジェッチュミミョン ムドョジルッカ
언제쯤이면 무뎌질까
いつになったら鈍くなるのかな

ヌヌル ッテン スンガン
눈을 뗀 순간
目を離した瞬間

ットナン スンガン
떠난 순간
離れた瞬間

メイル メイル
매일 매일
毎日毎日

ヌンムリ ットナル コッ カッチ アナ
눈물이 떠날 것 같지 않아
涙が離れそうにない

クレソ ト クレッソンナ ブヮ
그래서 더 그랬었나 봐
だからさらにそうしたみたい

ノルル モムチュゴ
너를 멈추고
あなたは止まって

ネガ タルリョガットン イユ
내가 달려갔던 이유
私が走って行った理由

オットケヤ ハルッカ
어떡해야 할까
どうすればいいかな

ナン オッチョミョン チョウルッカ
난 어쩌면 좋을까
私はどうしたらいいかな

ノエ センガケ トヌン
너의 생각에 더는
あなたへの思いにこれ以上

ウルゴ シプチ アナ
울고 싶지 않아
泣きたくない

イヘハル ス オムヌン
이해할 수 없는
理解できない

チョグプハムグァ
조급함과
焦りと

イヘハル スド
이해할 수도
理解することも

イヘハギド オリョウン
이해하기도 어려운
理解することも難しい

クリウム
그리움
恋しさ

ヌヌル ットゥン スンガン
눈을 뜬 순간
目覚めた瞬間

カムヌン スンガンッカジ メイル
감는 순간까지 매일
閉じる瞬間まで毎日

ミルリョオヌン ニ
밀려오는 니
押し寄せるあなたの

センガケ ポクチャ
생각에 벅차
考えにいっぱいになって

カックム チュジョアンケ トェ
가끔 주저앉게 돼
時々しゃがみこんでしまう

オンジェッチュミルッカ
언제쯤일까
いつ頃からだろう

オンジェッチュミミョン ムドョジルッカ
언제쯤이면 무뎌질까
いつになったら鈍くなるのかな

ヌヌル ッテン スンガン
눈을 뗀 순간
目を離した瞬間

ットナン スンガン
떠난 순간
離れた瞬間

メイル メイル
매일 매일
毎日毎日

ヌンムリ ットナル コッ カッチ アナ
눈물이 떠날 것 같지 않아
涙が離れそうにない

クレソ ト クレッソンナ ブヮ
그래서 더 그랬었나 봐
だからさらにそうしたみたい

ノルル モムチュゴ タルリョガソ
너를 멈추고 달려가서
あたなを止めて走って行って

ソロプコ スルプゲ
서럽고 슬프게
侘しくて悲しく

ヌヌル マッチュドン ナル
눈을 맞추던 날
目を合わせた日

マルハゴ シポッソ
말하고 싶었어
言いたかった

(チャメド トゥルジ モタン メイル パム)
(잠에도 들지 못한 매일 밤)
(眠れもしなかった毎晩)

チョナド トェジ アンヌン
전화도 되지 않는
電話も出来ない

ヌジュン パム
늦은 밤
深夜

ノル クリウォハゴ センガカドン
널 그리워하고 생각하던
あなたを恋しがって考えた

シガニ メイル ヘンボケッタゴ
시간이 매일 행복했다고
時間が毎日幸せだったと

ノム チョアッタゴ
너무 좋았다고
とてもよかったと

ヌヌル ットゥン スンガン
눈을 뜬 순간
目覚めた瞬間

メイル メイル
매일 매일
毎日毎日

ミルリョオヌン ニ
밀려오는 니
押し寄せるあなたの

センガケ ポクチャ
생각에 벅차
考えにいっぱいになって

カックム チュジョアンケ トェ
가끔 주저앉게 돼
時々しゃがみこんでしまう

オンジェッチュミルッカ
언제쯤일까
いつ頃からだろう

オンジェッチュミミョン ムドョジルッカ
언제쯤이면 무뎌질까
いつになったら鈍くなるのかな

ヌヌル ッテン スンガン
눈을 뗀 순간
目を離した瞬間

ットナン スンガン
떠난 순간
離れた瞬間

メイル メイル
매일 매일
毎日毎日

ヌンムリ ットナル コッ カッチ アナ
눈물이 떠날 것 같지 않아
涙が離れそうにない

クレソ ト クレッソンナ ブヮ
그래서 더 그랬었나 봐
だからさらにそうしたみたい

ノルル モムチュゴ
너를 멈추고
あなたは止まって

ネガ タルリョガットン イユ
내가 달려갔던 이유
私が走って行った理由



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます