江南 よけろ ヨンワン 熱血司祭 ヘチ 悲しい ビッグイシュー サイコメトリー ウラチャチャ ドクター ザ・バンカー 自白 国民の 彼女の

月明かりの声 - Red Velvet 歌詞和訳

Red Velvet(레드벨벳)《♀》
01 /05 2018
タルピッソリ
달빛 소리 (Moonlight Melody) - Red Velvet (레드벨벳)
月明かりの声
作詞:이주형(MonoTree) 作曲:이주형(MonoTree), 권덕근
リクエスト頂いた曲です♪
タルピッソリ
달빛 소리 (Moonlight Melody) - Red Velvet (레드벨벳)
月明かりの声


ユナニ ト パルガッソットン
유난히 더 밝았었던
とりわけさらに明るかった

ク パム
그 밤
あの夜

マニ ソルレハドン ナ
많이 설레하던 나
とてもときめいてた私

ホクシ ネ マム
혹시 내 맘
もしかして私の気持ち

トゥルキル コッ カタ
들킬 것 같아
バレそう

トゥィッコルムチドン クナル
뒷걸음치던 그날
後ずさりしたあの日

スンガン カプチャギ
순간 갑자기
瞬間突然

オディエソンガ トゥルリョオドン
어디에선가 들려오던
どこかから聞こえてきた

クィッカルル メムドルドン チョンソリ
귓가를 맴돌던 종소리
耳元を繰り返す鐘の音

タルピッイルッカ
달빛일까
月明りだろうか

ウリル ピチュドン
우릴 비추던
私たちを照らした

カマン チキョポダ
가만 지켜보다
じっと見守って

ムスン マルハゴ シポンナ
무슨 말하고 싶었나
何か言いたかったのか

トゥロボン チョク オプトン
들어본 적 없던
聞いてみたことなかった

クッテエ ウリ
그때의 우리
あの時の私たち

イジュル ス オムヌン タルピッ ソリ
잊을 수 없는 달빛 소리
忘れられない月明りの音

カックム アニ サシル マニ
가끔 아니 사실 많이
時々 ううん ホントはとても

クデ センガンナヌン パム
그대 생각나는 밤
あなたを想う夜

ホクシ ネ マム
혹시 내 맘
もしかして私の気持ち

トゥリル コッ カタ
들릴 것 같아
聞こえそうで

クェニ チャンウル タンヌン ナ
괜히 창을 닫는 나
訳もなく窓を閉じる私

ムンドゥク カプチャギ センガンナ
문득 갑자기 생각나
ふと突然思い出す

ホンジャ ウッコン ヘットン
혼자 웃곤 했던
一人で笑ったりした

クィッカエ メムドルドン チョンソリ
귓가에 맴돌던 종소리
耳元で繰り返す鐘の音

タルピッイルッカ
달빛일까
月明りだろうか

ウリル ピチュドン
우릴 비추던
私たちを照らした

カマン チキョポダ
가만 지켜보다
じっと見守って

ムスン マルハゴ シポンナ
무슨 말하고 싶었나
何か言いたかったのか

トゥロボン チョク オプトン
들어본 적 없던
聞いてみたことなかった

クッテエ ウリ
그때의 우리
あの時の私たち

イジュル ス オムヌン タルピッ ソリ
잊을 수 없는 달빛 소리
忘れられない月明りの音

キオカナヨ
기억하나요
憶えてますか?

ウリル ウィヘ ノレハゴ
우릴 위해 노래하고
私たちの向けて歌って

ウリル ウィヘ チュクポカドン
우릴 위해 축복하던
私たちのために祝福していた

マヌン ピョルドゥル チュンエ ホンジャ
많은 별들 중에 혼자
たくさんの星の中で一人

ユナニ クゴ ピチ ナットン
유난히 크고 빛이 났던
ひときわ大きく輝いてた

メイル ク チャリエ
매일 그 자리에
毎日その場所で

マルオプシ インヌンデ
말없이 있는데
黙っているのに

クィ キウリョブヮド
귀 기울여봐도
耳を傾けてみても

タシ トゥロボル ス オプトン
다시 들어볼 수 없던
二度と聞けなかった

ネゲン ソジュンハン
내겐 소중한
私には大切な

イジュル ス オムヌン タルピッ ソリ
잊을 수 없는 달빛 소리
忘れられない月明りの音


※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
タルピッソリ
달빛 소리 (Moonlight Melody) - Red Velvet (레드벨벳)
月明かりの声


ユナニ ト パルガッソットン
유난히 더 밝았었던
とりわけさらに明るかった

ク パム
그 밤
あの夜

マニ ソルレハドン ナ
많이 설레하던 나
とてもときめいてた私

ホクシ ネ マム
혹시 내 맘
もしかして私の気持ち

トゥルキル コッ カタ
들킬 것 같아
バレそう

トゥィッコルムチドン クナル
뒷걸음치던 그날
後ずさりしたあの日

スンガン カプチャギ
순간 갑자기
瞬間突然

オディエソンガ トゥルリョオドン
어디에선가 들려오던
どこかから聞こえてきた

クィッカルル メムドルドン チョンソリ
귓가를 맴돌던 종소리
耳元を繰り返す鐘の音

タルピッイルッカ
달빛일까
月明りだろうか

ウリル ピチュドン
우릴 비추던
私たちを照らした

カマン チキョポダ
가만 지켜보다
じっと見守って

ムスン マルハゴ シポンナ
무슨 말하고 싶었나
何か言いたかったのか

トゥロボン チョク オプトン
들어본 적 없던
聞いてみたことなかった

クッテエ ウリ
그때의 우리
あの時の私たち

イジュル ス オムヌン タルピッ ソリ
잊을 수 없는 달빛 소리
忘れられない月明りの音

カックム アニ サシル マニ
가끔 아니 사실 많이
時々 ううん ホントはとても

クデ センガンナヌン パム
그대 생각나는 밤
あなたを想う夜

ホクシ ネ マム
혹시 내 맘
もしかして私の気持ち

トゥリル コッ カタ
들릴 것 같아
聞こえそうで

クェニ チャンウル タンヌン ナ
괜히 창을 닫는 나
訳もなく窓を閉じる私

ムンドゥク カプチャギ センガンナ
문득 갑자기 생각나
ふと突然思い出す

ホンジャ ウッコン ヘットン
혼자 웃곤 했던
一人で笑ったりした

クィッカエ メムドルドン チョンソリ
귓가에 맴돌던 종소리
耳元で繰り返す鐘の音

タルピッイルッカ
달빛일까
月明りだろうか

ウリル ピチュドン
우릴 비추던
私たちを照らした

カマン チキョポダ
가만 지켜보다
じっと見守って

ムスン マルハゴ シポンナ
무슨 말하고 싶었나
何か言いたかったのか

トゥロボン チョク オプトン
들어본 적 없던
聞いてみたことなかった

クッテエ ウリ
그때의 우리
あの時の私たち

イジュル ス オムヌン タルピッ ソリ
잊을 수 없는 달빛 소리
忘れられない月明りの音

キオカナヨ
기억하나요
憶えてますか?

ウリル ウィヘ ノレハゴ
우릴 위해 노래하고
私たちの向けて歌って

ウリル ウィヘ チュクポカドン
우릴 위해 축복하던
私たちのために祝福していた

マヌン ピョルドゥル チュンエ ホンジャ
많은 별들 중에 혼자
たくさんの星の中で一人

ユナニ クゴ ピチ ナットン
유난히 크고 빛이 났던
ひときわ大きく輝いてた

メイル ク チャリエ
매일 그 자리에
毎日その場所で

マルオプシ インヌンデ
말없이 있는데
黙っているのに

クィ キウリョブヮド
귀 기울여봐도
耳を傾けてみても

タシ トゥロボル ス オプトン
다시 들어볼 수 없던
二度と聞けなかった

ネゲン ソジュンハン
내겐 소중한
私には大切な

イジュル ス オムヌン タルピッ ソリ
잊을 수 없는 달빛 소리
忘れられない月明りの音


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます