江南 よけろ  ロマンス バベル 真心 眩しくて ヨンワン リーガルハイ 熱血司祭 ヘチ アイテム 悲しい ビッグイシュー

Hellevator - Stray Kids 歌詞和訳

12 /01 2017
Hellevator - Stray Kids (스트레이 키즈)
作詞作曲:아르마딜로, 방찬 (3RACHA), 서창빈 (3RACHA), 한지성 (3RACHA)
リクエスト頂いた曲です♪
Hellevator - Stray Kids (스트레이 키즈)

ネ サルムン ミンパダク ナンットロジ
내 삶은 밑바닥 낭떠러지
僕の人生はどん底の断崖

オドゥウン トノル ソグル コッコ イッソ
어두운 터널 속을 걷고 있어
暗いトンネルの中を歩いている

ネゲ チャニナゴ
내게 잔인하고
僕にとって残酷で

トゥリョウン ハルルル
두려운 하루를
怖い一日を

ホルロ ポティゴ イッソ
홀로 버티고 있어
一人で耐えている

モロジョ カヌン キョシルポクド
멀어져 가는 교실복도
遠ざかって行く教室の廊下

ナッソン キル ウィエ チジリド
낯선 길 위에 지지리도
見知らぬ道の上にあきれるほど

ポクド オプチ
복도 없지
廊下もない

ネガ マンヌン キルル
내가 맞는 길을
僕が正しい道を

カヌンガエ
가는가에
行っているのか

タプ ハル チドド
답 할 지도도
答える地図も

ハナ オプシ
하나 없이
一つもなく

ウィロ カヌン キルン
위로 가는 길은
上へ進む道は

チョルテ タシン トィロ カギ シルン
절대 다신 뒤로 가기 싫은
絶対二度と引き返したくない

マクマカン ミロヤ
막막한 미로야
広く果てしない迷路だよ

ピヌンムル テシン
피눈물 대신
血の涙の代わりに

ピッタム フルリミョ
피땀 흘리며
血と汗を流しながら

ナルル ウィロヘ
나를 위로해
僕を慰める

サラムドゥルン ネゲ マレ
사람들은 내게 말해
みんな僕に言う

ク チョンドエ コビヌン
그 정도의 고비는
その程度の峠は

チナガヌン ソナキラゴ
지나가는 소나기라고
過ぎ行く夕立だと

ソンゴンウル ナックリョマン トゥリョウォド
성공을 낚으려면 두려워도
成功を得るためには怖くても

シルペラヌン トチュル ッカルラゴ
실패라는 덫을 깔라고
失敗という罠を敷けと

クレ ナヌン コトンイラン
그래 나는 고통이란
そう 僕は苦痛という

ミッキルル トプソク ムンチェ
미끼를 덥석 문채
餌をつかんだまま

パンファンハヌン ゴヤ チチン
방황하는 거야 지친
さまようことが疲れた

ヨルジョンエ ナルケルル
열정의 날개를
情熱の翼を

チャムシ チョボドゥン チェ
잠시 접어둔 채
しばらく閉じたまま

ネ サルムン ミンパダク ナンットロジ
내 삶은 밑바닥 낭떠러지
僕の人生はどん底の断崖

オドゥウン トノル ソグル コッコ イッソ
어두운 터널 속을 걷고 있어
暗いトンネルの中を歩いている

ネゲ チャニナゴ
내게 잔인하고
僕にとって残酷で

トゥリョウン ハルルル
두려운 하루를
怖い一日を

ホルロ ポティゴ イッソ
홀로 버티고 있어
一人で耐えている

ソヌル ネ ミロド
손을 내 밀어도
手を差し出しても

ナル チャバジュル サラムン
날 잡아줄 사람은
僕をつかまえてくれる人は

アムド オプソ
아무도 없어
誰もいない

ネ アプム ネ ヌンムルル タゴ
내 아픔 내 눈물을 타고
僕の痛み 僕の涙を乗って

ウィロ ッパジョナガゴ イッソ
위로 빠져나가고 있어
上へ抜け出している

I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator

アムゴット オプソ
아무것도 없어
何もない

ナル ウィハン ソンキルン
날 위한 손길은
僕のための手助けは

コクチョン ハナ オプシ
걱정 하나 없이
心配一つなく

チャガウン マルドゥルップン
차가운 말들뿐
冷たい話しだけ

オントリ ックムン チョム チョボ
엉터리 꿈은 좀 접어
でたらめな夢はやめて

ポギラン マルドゥリ
포기란 말들이
諦めという言葉が

ネ クィルル ッテリョガミョ
내 귀를 때려가며
僕の耳を殴りながら

チョルマンカムマン コジョカ
절망감만 커져가
絶望感だけ大きくなって行く

フィマンイラン ハヌルル
희망이란 하늘을
希望という空を

チュビョン サラメ ソヌロ カリンダ
주변 사람의 손으로 가린다
周りの人の手で覆っている

ナル サルリョ カドハミョ
날 살려 기도하며
僕を生かして祈りながら

ポティゴ イッソ
버티고 있어
耐えいてる

ナル ッチェリョボヌン
날 째려보는
僕をにらみつけてみる

ッタガウン シソンドゥレ
따가운 시선들에
刺すような視線に

シルソンハジ ハネ マネ
실성하지 하네 마네
気が狂うよ

チャル トェオ ブヮッチャ
잘 되어 봤자
うまくいってみても

ヌグンガエ クァンテ ロ
누군가의 광대 로
誰かのピエロで

バッケ アン ナムル
밖에 안 남을
しか残らない

ノン カスラヌン
넌 가수라는
君は歌手という

チゴプン チボ チョ
직업은 집어 쳐
職業はやめて

ク マルル トゥルミョ
그 말을 들으며
その言葉を聞きながら

ヤケジョマン ガヌン
약해져만 가는
弱くなって行く

ネ チャシヌル ミルチョ ト
내 자신을 밀쳐 더
自分自身を押し退けるもっと

ネ サルムン ミンパダク ナンットロジ
내 삶은 밑바닥 낭떠러지
僕の人生はどん底の断崖

オドゥウン トノル ソグル コッコ イッソ
어두운 터널 속을 걷고 있어
暗いトンネルの中を歩いている

ネゲ チャニナゴ
내게 잔인하고
僕にとって残酷で

トゥリョウン ハルルル
두려운 하루를
怖い一日を

ホルロ ポティゴ イッソ
홀로 버티고 있어
一人で耐えている

ソヌル ネ ミロド
손을 내 밀어도
手を差し出しても

ナル チャバジュル サラムン
날 잡아줄 사람은
僕をつかまえてくれる人は

アムド オプソ
아무도 없어
誰もいない

ネ アプム ネ ヌンムルル タゴ
내 아픔 내 눈물을 타고
僕の痛み 僕の涙を乗って

ウィロ ッパジョナガゴ イッソ
위로 빠져나가고 있어
上へ抜け出している

I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator

チャジャネ チュルグヌン オディエ
찾아내 출구는 어디에
探し出そう 出口はどこに

オドゥム ソゲ カチョイットン
어둠 속에 갇혀있던
暗闇の中に閉じ込めれらていた

ナルル ックロネ
나를 끌어내
僕を引き出すよ

チョム ト パルアケ イゴスル
좀 더 발악해 이곳을
もう少しあがいて ここを

run away
I’m on the Hellevator

ナン オルラガルケ
난 올라갈게
僕は上がるよ

オドゥウォットン ネ クァゴ タルチュレ
어두웠던 내 과거 탈출해
暗かった僕の過去脱出して

ネ ッカムッカメットン
내 깜깜했던
僕の真っ暗だった

アプキルル ピチョ
앞길을 비춰
行く手を照らして

ミチョボリル ドゥッ
미쳐버릴 듯
狂ってしまうように

チギョウン シガン
지겨운 시간
うんざりした時間

イジョジョ ボリル ドゥッ
잊혀져 버릴 듯
忘れていまいそうな

イ キルル ットゥィオ
이 길을 뛰어
この道を走って

ウェミョンハドン セロウン
외면하던 새로운
無視した新しい

シジャケ チョンソリガ ウルリミョ
시작의 종소리가 울리며
始まりの鐘が鳴る

ナヌン オルラタッチ
나는 올라탔지
僕は燃え上がるよ

ネ ソヌル チャプコ
내 손을 잡고
僕の手を握って

ペントゥハウスロ テリョダ ジュル
펜트하우스로 데려다 줄
ペントハウスに連れていってくれる

My Hellevator

I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator


※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
Hellevator - Stray Kids (스트레이 키즈)

ネ サルムン ミンパダク ナンットロジ
내 삶은 밑바닥 낭떠러지
僕の人生はどん底の断崖

オドゥウン トノル ソグル コッコ イッソ
어두운 터널 속을 걷고 있어
暗いトンネルの中を歩いている

ネゲ チャニナゴ
내게 잔인하고
僕にとって残酷で

トゥリョウン ハルルル
두려운 하루를
怖い一日を

ホルロ ポティゴ イッソ
홀로 버티고 있어
一人で耐えている

モロジョ カヌン キョシルポクド
멀어져 가는 교실복도
遠ざかって行く教室の廊下

ナッソン キル ウィエ チジリド
낯선 길 위에 지지리도
見知らぬ道の上にあきれるほど

ポクド オプチ
복도 없지
廊下もない

ネガ マンヌン キルル
내가 맞는 길을
僕が正しい道を

カヌンガエ
가는가에
行っているのか

タプ ハル チドド
답 할 지도도
答える地図も

ハナ オプシ
하나 없이
一つもなく

ウィロ カヌン キルン
위로 가는 길은
上へ進む道は

チョルテ タシン トィロ カギ シルン
절대 다신 뒤로 가기 싫은
絶対二度と引き返したくない

マクマカン ミロヤ
막막한 미로야
広く果てしない迷路だよ

ピヌンムル テシン
피눈물 대신
血の涙の代わりに

ピッタム フルリミョ
피땀 흘리며
血と汗を流しながら

ナルル ウィロヘ
나를 위로해
僕を慰める

サラムドゥルン ネゲ マレ
사람들은 내게 말해
みんな僕に言う

ク チョンドエ コビヌン
그 정도의 고비는
その程度の峠は

チナガヌン ソナキラゴ
지나가는 소나기라고
過ぎ行く夕立だと

ソンゴンウル ナックリョマン トゥリョウォド
성공을 낚으려면 두려워도
成功を得るためには怖くても

シルペラヌン トチュル ッカルラゴ
실패라는 덫을 깔라고
失敗という罠を敷けと

クレ ナヌン コトンイラン
그래 나는 고통이란
そう 僕は苦痛という

ミッキルル トプソク ムンチェ
미끼를 덥석 문채
餌をつかんだまま

パンファンハヌン ゴヤ チチン
방황하는 거야 지친
さまようことが疲れた

ヨルジョンエ ナルケルル
열정의 날개를
情熱の翼を

チャムシ チョボドゥン チェ
잠시 접어둔 채
しばらく閉じたまま

ネ サルムン ミンパダク ナンットロジ
내 삶은 밑바닥 낭떠러지
僕の人生はどん底の断崖

オドゥウン トノル ソグル コッコ イッソ
어두운 터널 속을 걷고 있어
暗いトンネルの中を歩いている

ネゲ チャニナゴ
내게 잔인하고
僕にとって残酷で

トゥリョウン ハルルル
두려운 하루를
怖い一日を

ホルロ ポティゴ イッソ
홀로 버티고 있어
一人で耐えている

ソヌル ネ ミロド
손을 내 밀어도
手を差し出しても

ナル チャバジュル サラムン
날 잡아줄 사람은
僕をつかまえてくれる人は

アムド オプソ
아무도 없어
誰もいない

ネ アプム ネ ヌンムルル タゴ
내 아픔 내 눈물을 타고
僕の痛み 僕の涙を乗って

ウィロ ッパジョナガゴ イッソ
위로 빠져나가고 있어
上へ抜け出している

I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator

アムゴット オプソ
아무것도 없어
何もない

ナル ウィハン ソンキルン
날 위한 손길은
僕のための手助けは

コクチョン ハナ オプシ
걱정 하나 없이
心配一つなく

チャガウン マルドゥルップン
차가운 말들뿐
冷たい話しだけ

オントリ ックムン チョム チョボ
엉터리 꿈은 좀 접어
でたらめな夢はやめて

ポギラン マルドゥリ
포기란 말들이
諦めという言葉が

ネ クィルル ッテリョガミョ
내 귀를 때려가며
僕の耳を殴りながら

チョルマンカムマン コジョカ
절망감만 커져가
絶望感だけ大きくなって行く

フィマンイラン ハヌルル
희망이란 하늘을
希望という空を

チュビョン サラメ ソヌロ カリンダ
주변 사람의 손으로 가린다
周りの人の手で覆っている

ナル サルリョ カドハミョ
날 살려 기도하며
僕を生かして祈りながら

ポティゴ イッソ
버티고 있어
耐えいてる

ナル ッチェリョボヌン
날 째려보는
僕をにらみつけてみる

ッタガウン シソンドゥレ
따가운 시선들에
刺すような視線に

シルソンハジ ハネ マネ
실성하지 하네 마네
気が狂うよ

チャル トェオ ブヮッチャ
잘 되어 봤자
うまくいってみても

ヌグンガエ クァンテ ロ
누군가의 광대 로
誰かのピエロで

バッケ アン ナムル
밖에 안 남을
しか残らない

ノン カスラヌン
넌 가수라는
君は歌手という

チゴプン チボ チョ
직업은 집어 쳐
職業はやめて

ク マルル トゥルミョ
그 말을 들으며
その言葉を聞きながら

ヤケジョマン ガヌン
약해져만 가는
弱くなって行く

ネ チャシヌル ミルチョ ト
내 자신을 밀쳐 더
自分自身を押し退けるもっと

ネ サルムン ミンパダク ナンットロジ
내 삶은 밑바닥 낭떠러지
僕の人生はどん底の断崖

オドゥウン トノル ソグル コッコ イッソ
어두운 터널 속을 걷고 있어
暗いトンネルの中を歩いている

ネゲ チャニナゴ
내게 잔인하고
僕にとって残酷で

トゥリョウン ハルルル
두려운 하루를
怖い一日を

ホルロ ポティゴ イッソ
홀로 버티고 있어
一人で耐えている

ソヌル ネ ミロド
손을 내 밀어도
手を差し出しても

ナル チャバジュル サラムン
날 잡아줄 사람은
僕をつかまえてくれる人は

アムド オプソ
아무도 없어
誰もいない

ネ アプム ネ ヌンムルル タゴ
내 아픔 내 눈물을 타고
僕の痛み 僕の涙を乗って

ウィロ ッパジョナガゴ イッソ
위로 빠져나가고 있어
上へ抜け出している

I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator

チャジャネ チュルグヌン オディエ
찾아내 출구는 어디에
探し出そう 出口はどこに

オドゥム ソゲ カチョイットン
어둠 속에 갇혀있던
暗闇の中に閉じ込めれらていた

ナルル ックロネ
나를 끌어내
僕を引き出すよ

チョム ト パルアケ イゴスル
좀 더 발악해 이곳을
もう少しあがいて ここを

run away
I’m on the Hellevator

ナン オルラガルケ
난 올라갈게
僕は上がるよ

オドゥウォットン ネ クァゴ タルチュレ
어두웠던 내 과거 탈출해
暗かった僕の過去脱出して

ネ ッカムッカメットン
내 깜깜했던
僕の真っ暗だった

アプキルル ピチョ
앞길을 비춰
行く手を照らして

ミチョボリル ドゥッ
미쳐버릴 듯
狂ってしまうように

チギョウン シガン
지겨운 시간
うんざりした時間

イジョジョ ボリル ドゥッ
잊혀져 버릴 듯
忘れていまいそうな

イ キルル ットゥィオ
이 길을 뛰어
この道を走って

ウェミョンハドン セロウン
외면하던 새로운
無視した新しい

シジャケ チョンソリガ ウルリミョ
시작의 종소리가 울리며
始まりの鐘が鳴る

ナヌン オルラタッチ
나는 올라탔지
僕は燃え上がるよ

ネ ソヌル チャプコ
내 손을 잡고
僕の手を握って

ペントゥハウスロ テリョダ ジュル
펜트하우스로 데려다 줄
ペントハウスに連れていってくれる

My Hellevator

I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます