江南 よけろ  ロマンス バベル 真心 眩しくて ヨンワン リーガルハイ 熱血司祭 ヘチ アイテム 悲しい ビッグイシュー

行けない - ベン 韓ドラ:この人生は初めなので 歌詞和訳

Ben(벤)《♀》
11 /22 2017
カルスガオプソ ベン
갈 수가 없어 - 벤
行けない
作詞:맥켈리, MYJ 作曲:맥켈리
韓国ドラマ:この人生は初めなので
出演:イ・ミンギ、 チョン・ソミン、 キム・ガウン、キム・ミンソクなど
イ・ミンギ5年ぶりのドラマ出演!ホームレスとハウスプアの同居生活とは?!
自分の家を持つカタツムリすらもうらやましい「ホームレス」の女子ユン・ジホ。自分の持ち家は玄関分の面積だけ、と感じるくらい重い住宅ローンに苦しむ「ハウスプア」のナム・セヒ。2人が同居しながら繰り広げるロマンスドラマ
カルスガオプソ ベン
갈 수가 없어 - 벤
行けない


パン アヌル ハン カドゥク
방 안을 한 가득
部屋の中をいっぱい

チェウォヌヮッソットン ックムドゥリ
채워놨었던 꿈들이
満たしておいた夢が

ハン チャンッシク ウィミルル イロガソ
한 장씩 의미를 잃어가서
一枚ずつ意味を失って行って

パレジョッソ
바래졌어
色褪せた

チナン ナルル
지난 날을
過ぎた日を

ッペゴンハゲ チョゴノウン
빼곡하게 적어놓은
ぎっしりと書いておいた

チャグン チョンイドゥレ イジェヌン
작은 종이들에 이제는
小さな紙に今は

モンヘジギド ヘ
멍해지기도 해
戸惑ったりもする

タルン ネイルドゥルル
다른 내일들을
違う明日を

パラボヌン イリ
바라보는 일이
見つめることが

マルチョロム スュィプチ アナソ
말처럼 쉽지 않아서
子供のように簡単じゃなくて

ソン テル スド オプソ
손 댈 수도 없어
手を離せない

オヌルチョロム ハルルル チャマド
오늘처럼 하루를 참아도
今日のように一日を我慢しても

チャック トェドラオヌン
자꾸 되돌아오는
何度も戻ってくる

メイルル サルゴ
매일을 살고
毎日を生きて

パボガトゥン イルル パンボクハゴ
바보같은 일을 반복하고
バカなことを繰り返して

ホンジャ ット ハン キョネ ソソ
혼자 또 한 켠에 서서
一人でまた片隅に立って

チョンマル ホクシナ
정말 혹시나
本当にもしかしたら

ネイルン タルルッカブヮ
내일은 다를까봐
明日は違うんじゃないかって

ハン コルムド カル スガ オプソ
한 걸음도 갈 수가 없어
一歩も行けない

オンジェンガ ッソノウン
언젠가 써놓은
いつか書いておいた

イルリョドン ミレドゥリ
이루려던 미래들이
叶えようとしていた未来が

アジグン ク シガネ
아직은 그 시간에
まだあの時間に

モムルロ モムチョイッソ
머물러 멈춰있어
留まって止まっている

カックムッシグン オリョットン ナリ
가끔씩은 어렸던 날이
たまには幼かった日が

クリウォ
그리워
恋しい

タシ ク ナル アペ タウミョン
다시 그 날 앞에 닿으면
またあの日の前に届いたら

ウスル ス イッスルッカブヮ
웃을 수 있을까봐
笑うことが出来そうで

カトゥン シガンドゥルル
같은 시간들을
同じ時間を

パンボクハヌン イリ
반복하는 일이
繰り返すことが

オヌセ イクスケジョソ
어느새 익숙해져서
いつのまにか慣れてしまって

クロケ チナカゴ イッソ
그렇게 지나가고 있어
そうやって過ぎ去っていく

オヌルチョロム ハルルル チャマド
오늘처럼 하루를 참아도
今日のように一日を我慢しても

チャック トェドラオヌン
자꾸 되돌아오는
何度も戻ってくる

メイルル サルゴ
매일을 살고
毎日を生きて

パボガトゥン イルル パンボクハゴ
바보같은 일을 반복하고
バカなことを繰り返して

ホンジャ ット ハン キョネ ソソ
혼자 또 한 켠에 서서
一人でまた片隅に立って

チョンマル ホクシナ
정말 혹시나
本当にもしかしたら

ネイルン タルルッカブヮ
내일은 다를까봐
明日は違うんじゃないかって

ハン ゴルムド カル スガ オプソ
한 걸음도 갈 수가 없어
一歩も行けない

チャムシラド クェンチャヌル
잠시라도 괜찮을
少しの間でも いい

ナルル クリョブヮ
나를 그려봐
私を描いてみて

ハン ピョネ ヨンファガトゥン
한 편의 영화같은
一本の映画のような

オットン ナルル ナン
어떤 날을 난
ある日を私は

オヌルチョロム ハルルル チャマド
오늘처럼 하루를 참아도
今日のように一日を我慢しても

チャック トェドラオヌン
자꾸 되돌아오는
何度も戻ってくる

メイルル サルゴ
매일을 살고
毎日を生きて

パボガトゥン イルル パンボクハゴ
바보같은 일을 반복하고
バカなことを繰り返して

ホンジャ ット ハン キョネ ソソ
혼자 또 한 켠에 서서
一人でまた片隅に立って

チョンマル ホクシナ
정말 혹시나
本当にもしかしたら

ネイルン タルルッカブヮ
내일은 다를까봐
明日は違うんじゃないかって

ハン ゴルムド カル スガ オプソ
한 걸음도 갈 수가 없어
一歩も行けない


※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
カルスガオプソ ベン
갈 수가 없어 - 벤
行けない


パン アヌル ハン カドゥク
방 안을 한 가득
部屋の中をいっぱい

チェウォヌヮッソットン ックムドゥリ
채워놨었던 꿈들이
満たしておいた夢が

ハン チャンッシク ウィミルル イロガソ
한 장씩 의미를 잃어가서
一枚ずつ意味を失って行って

パレジョッソ
바래졌어
色褪せた

チナン ナルル
지난 날을
過ぎた日を

ッペゴンハゲ チョゴノウン
빼곡하게 적어놓은
ぎっしりと書いておいた

チャグン チョンイドゥレ イジェヌン
작은 종이들에 이제는
小さな紙に今は

モンヘジギド ヘ
멍해지기도 해
戸惑ったりもする

タルン ネイルドゥルル
다른 내일들을
違う明日を

パラボヌン イリ
바라보는 일이
見つめることが

マルチョロム スュィプチ アナソ
말처럼 쉽지 않아서
子供のように簡単じゃなくて

ソン テル スド オプソ
손 댈 수도 없어
手を離せない

オヌルチョロム ハルルル チャマド
오늘처럼 하루를 참아도
今日のように一日を我慢しても

チャック トェドラオヌン
자꾸 되돌아오는
何度も戻ってくる

メイルル サルゴ
매일을 살고
毎日を生きて

パボガトゥン イルル パンボクハゴ
바보같은 일을 반복하고
バカなことを繰り返して

ホンジャ ット ハン キョネ ソソ
혼자 또 한 켠에 서서
一人でまた片隅に立って

チョンマル ホクシナ
정말 혹시나
本当にもしかしたら

ネイルン タルルッカブヮ
내일은 다를까봐
明日は違うんじゃないかって

ハン コルムド カル スガ オプソ
한 걸음도 갈 수가 없어
一歩も行けない

オンジェンガ ッソノウン
언젠가 써놓은
いつか書いておいた

イルリョドン ミレドゥリ
이루려던 미래들이
叶えようとしていた未来が

アジグン ク シガネ
아직은 그 시간에
まだあの時間に

モムルロ モムチョイッソ
머물러 멈춰있어
留まって止まっている

カックムッシグン オリョットン ナリ
가끔씩은 어렸던 날이
たまには幼かった日が

クリウォ
그리워
恋しい

タシ ク ナル アペ タウミョン
다시 그 날 앞에 닿으면
またあの日の前に届いたら

ウスル ス イッスルッカブヮ
웃을 수 있을까봐
笑うことが出来そうで

カトゥン シガンドゥルル
같은 시간들을
同じ時間を

パンボクハヌン イリ
반복하는 일이
繰り返すことが

オヌセ イクスケジョソ
어느새 익숙해져서
いつのまにか慣れてしまって

クロケ チナカゴ イッソ
그렇게 지나가고 있어
そうやって過ぎ去っていく

オヌルチョロム ハルルル チャマド
오늘처럼 하루를 참아도
今日のように一日を我慢しても

チャック トェドラオヌン
자꾸 되돌아오는
何度も戻ってくる

メイルル サルゴ
매일을 살고
毎日を生きて

パボガトゥン イルル パンボクハゴ
바보같은 일을 반복하고
バカなことを繰り返して

ホンジャ ット ハン キョネ ソソ
혼자 또 한 켠에 서서
一人でまた片隅に立って

チョンマル ホクシナ
정말 혹시나
本当にもしかしたら

ネイルン タルルッカブヮ
내일은 다를까봐
明日は違うんじゃないかって

ハン ゴルムド カル スガ オプソ
한 걸음도 갈 수가 없어
一歩も行けない

チャムシラド クェンチャヌル
잠시라도 괜찮을
少しの間でも いい

ナルル クリョブヮ
나를 그려봐
私を描いてみて

ハン ピョネ ヨンファガトゥン
한 편의 영화같은
一本の映画のような

オットン ナルル ナン
어떤 날을 난
ある日を私は

オヌルチョロム ハルルル チャマド
오늘처럼 하루를 참아도
今日のように一日を我慢しても

チャック トェドラオヌン
자꾸 되돌아오는
何度も戻ってくる

メイルル サルゴ
매일을 살고
毎日を生きて

パボガトゥン イルル パンボクハゴ
바보같은 일을 반복하고
バカなことを繰り返して

ホンジャ ット ハン キョネ ソソ
혼자 또 한 켠에 서서
一人でまた片隅に立って

チョンマル ホクシナ
정말 혹시나
本当にもしかしたら

ネイルン タルルッカブヮ
내일은 다를까봐
明日は違うんじゃないかって

ハン ゴルムド カル スガ オプソ
한 걸음도 갈 수가 없어
一歩も行けない


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます