江南 よけろ  ロマンス バベル 真心 眩しくて ヨンワン リーガルハイ 熱血司祭 ヘチ アイテム 悲しい ビッグイシュー

11月から2月まで - 준케이(JUN. K) 歌詞和訳

2PM(투피엠)《♂》
11 /21 2017
11ウォルブト2ウォルッカジ
11월부터 2월까지(Feat. 소미) - 준케이(JUN. K)
11月から2月まで
作詞作曲:준케이(JUN. K), 슈퍼창따이
ソロアルバム「My 20's」をリリース♪
11ウォルブト2ウォルッカジ
11월부터 2월까지(Feat. 소미) - 준케이(JUN. K)
11月から2月まで

メニョン 11ウォルブト 2ウォルッチュム
매년 11월부터 2월쯤
毎年11月から2月頃

ニ センガケ カックム ソルレゴ
니 생각에 가끔 설레고
君への想いに時々ときめいて

ネゲン ユナニ アプン ソンカラク
내겐 유난히 아픈 손가락
僕には特に痛い指

3ウォリ オミョン クェンチャンケッチ
3월이 오면 괜찮겠지
3月が来たら大丈夫だろう

ポルッソ 11ウォル
벌써 11월
もう11月

ッタク ク チュンガンッチュム
딱 그 중간쯤
ちょうどその中間ぐらい

ト チュウォジギ ジョネ
더 추워지기 전에
さらに寒くなる前に

ニ ソヌル ッコク チャプコ
니 손을 꼭 잡고
君の手をぎゅっと握って

キョウリ ックンナル ッテッカジ
겨울이 끝날 때까지
冬が終わるまで

カムギ コルリル コクチョンウン ハジ マ
감기 걸릴 걱정은 하지 마
風邪を引く心配はしないで

ノ チュウォハミョン ネガ
너 추워하면 내가
君が寒がったら僕が

ノル テウォジュル コニッカ
널 데워줄 거니까
君を温めてあげるから

オッチョミョン シガヌン
어쩌면 시간은
もしかしたら時間は

イリド ッパルルッカ
이리도 빠를까
こんなにも早いのかな

ッコネヤゲッチ
꺼내야겠지
取り出さなくちゃ

チャニョネ サットン ネ
작년에 샀던 내
去年買った僕の

オリトル パカ
오리털 파카
鴨の毛のパーカー

ノル プルル ッテマダ ポジヌン
널 부를 때마다 퍼지는
君を呼ぶたびに広がる

ネ イプカミ ウェンジ
내 입김이 왠지
僕の息がなぜだか

ノエ イルムル ッタットゥタゲ ヘ
너의 이름을 따뜻하게 해
君の名前を温かくする

ユナニ ニ ソニ チャガプタ
유난히 니 손이 차갑다
特に君の手が冷たい

ノヌン マミ ッタットゥテソ
너는 맘이 따뜻해서
君は心が温かくて

ソニ チャガプテ
손이 차갑대
手が冷たいんだって

ナン ソンド ッタットゥタゴ
난 손도 따뜻하고
僕は手も暖かい

ット マウムド ッタットゥタル コニッカ
또 마음도 따뜻할 거니까
また心も温かくなるら

ヨプロ ワブヮ
옆으로 와봐
横に来てみて

ネ ソヌル ックァク チャバジョ
내 손을 꽉 잡아줘
僕の手をぎゅっとつかんでよ

オヌドッ 12ウォル
어느덧 12월
いつのまにか12月

チョッヌン オドン ナル
첫눈 오던 날
雪が降った日

ノル ウィヘ チュンビヘットン
널 위해 준비했던
君のために準備した

ソンムルグァ ソンピョンチ
선물과 손편지
プレゼントと手紙

ノン ナル ウィヘ チクチョプ
넌 날 위해 직접
君は僕のために直接

モクドリル ッチャッタミョ
목도릴 짰다며
マフラーを編んだと

ネ モゲ メチュル ッテ
내 목에 매줄 때
僕の首に巻いてくれた時

ヨルミン チュル アラッソ
여름인 줄 알았어
夏だと思った

ニ ソニ ノム ッタットゥテソ
니 손이 너무 따뜻해서
君の手がとても暖かくて

ウェンジ プト イッスニッカ
왠지 붙어 있으니까
なぜかついているから

ト プト イッスル コスル
더 붙어 있을 곳을
もっとついているところを

チャッケ トェ
찾게 돼
探してしまう

ノン チャック
넌 자꾸
君はいつも

ウンクメ ウンクメ オッチェ
응큼해 응큼해 어째
ちょっとHde

ットロジミョン チュウォチュグルチド
떨어지면 추워죽을지도
落ちたら寒くて死ぬかも

モルヌンデ
모르는데
しれないのに

ウェ オルグルン セッパルケジヌンデ
왜 얼굴은 새빨개지는데
どうして顔は真っ赤になるの

カペエ アンジャイッスル テエド
카페에 앉아있을 때에도
カフェに座っている時にも

アイスコピルル コチパヌン ゴン
아이스커피를 고집하는 건
アイスコーヒーに固執するのは

ノ セルカ ッチクチャゴ
너 셀카 찍자고
君が自撮りを撮ろうと

ニ カクドヌン 45ド
니 각도는 45도
君の角度は45度

コチプハミョ ッチグン ウリ サジンド
고집하며 찍은 우리 사진도
固執しながら撮った僕たちの写真も

ネ プメ アンギン ノワ
내 품에 안긴 너와
僕の胸に抱かれた君と

ナエ オンドド 45ドッチュム
나의 온도도 45도쯤
僕の温度も45度くらい

ットゥゴプトン 1ウォル チナ
뜨겁던 1월 지나
熱かった一月が過ぎて

ッサイン ヌヌン ノクチガ アンコ
쌓인 눈은 녹지가 않고
積もった雪は溶けずに

ネ マムン ト
내 맘은 더
僕の気持ちはさらに

コジョマン カッソ
커져만 갔어
大きくなって行った

イビョリ オルチュル モルゴ
이별이 올 줄 모르고
別れが来るとは思わなくて

キョウリ カミョンソ
겨울이 가면서
冬樹が過ぎながら

ノル テリョガル チュル モルゴ
널 데려갈 줄 모르고
君を連れて行くとは思わずに

メニョン 11ウォルブト 2ウォルッチュム
매년 11월부터 2월쯤
毎年11月から2月頃

ニ センガケ カックム ソルレゴ
니 생각에 가끔 설레고
君への想いに時々ときめいて

ネゲン ユナニ アプン ソンカラク
내겐 유난히 아픈 손가락
僕には特に痛い指

3ウォリ オミョン クェンチャンケッチ
3월이 오면 괜찮겠지
3月が来たら大丈夫だろう

メニョン 11ウォルブト 2ウォルッチュム
매년 11월부터 2월쯤
毎年11月から2月頃

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
11ウォルブト2ウォルッカジ
11월부터 2월까지(Feat. 소미) - 준케이(JUN. K)
11月から2月まで

メニョン 11ウォルブト 2ウォルッチュム
매년 11월부터 2월쯤
毎年11月から2月頃

ニ センガケ カックム ソルレゴ
니 생각에 가끔 설레고
君への想いに時々ときめいて

ネゲン ユナニ アプン ソンカラク
내겐 유난히 아픈 손가락
僕には特に痛い指

3ウォリ オミョン クェンチャンケッチ
3월이 오면 괜찮겠지
3月が来たら大丈夫だろう

ポルッソ 11ウォル
벌써 11월
もう11月

ッタク ク チュンガンッチュム
딱 그 중간쯤
ちょうどその中間ぐらい

ト チュウォジギ ジョネ
더 추워지기 전에
さらに寒くなる前に

ニ ソヌル ッコク チャプコ
니 손을 꼭 잡고
君の手をぎゅっと握って

キョウリ ックンナル ッテッカジ
겨울이 끝날 때까지
冬が終わるまで

カムギ コルリル コクチョンウン ハジ マ
감기 걸릴 걱정은 하지 마
風邪を引く心配はしないで

ノ チュウォハミョン ネガ
너 추워하면 내가
君が寒がったら僕が

ノル テウォジュル コニッカ
널 데워줄 거니까
君を温めてあげるから

オッチョミョン シガヌン
어쩌면 시간은
もしかしたら時間は

イリド ッパルルッカ
이리도 빠를까
こんなにも早いのかな

ッコネヤゲッチ
꺼내야겠지
取り出さなくちゃ

チャニョネ サットン ネ
작년에 샀던 내
去年買った僕の

オリトル パカ
오리털 파카
鴨の毛のパーカー

ノル プルル ッテマダ ポジヌン
널 부를 때마다 퍼지는
君を呼ぶたびに広がる

ネ イプカミ ウェンジ
내 입김이 왠지
僕の息がなぜだか

ノエ イルムル ッタットゥタゲ ヘ
너의 이름을 따뜻하게 해
君の名前を温かくする

ユナニ ニ ソニ チャガプタ
유난히 니 손이 차갑다
特に君の手が冷たい

ノヌン マミ ッタットゥテソ
너는 맘이 따뜻해서
君は心が温かくて

ソニ チャガプテ
손이 차갑대
手が冷たいんだって

ナン ソンド ッタットゥタゴ
난 손도 따뜻하고
僕は手も暖かい

ット マウムド ッタットゥタル コニッカ
또 마음도 따뜻할 거니까
また心も温かくなるら

ヨプロ ワブヮ
옆으로 와봐
横に来てみて

ネ ソヌル ックァク チャバジョ
내 손을 꽉 잡아줘
僕の手をぎゅっとつかんでよ

オヌドッ 12ウォル
어느덧 12월
いつのまにか12月

チョッヌン オドン ナル
첫눈 오던 날
雪が降った日

ノル ウィヘ チュンビヘットン
널 위해 준비했던
君のために準備した

ソンムルグァ ソンピョンチ
선물과 손편지
プレゼントと手紙

ノン ナル ウィヘ チクチョプ
넌 날 위해 직접
君は僕のために直接

モクドリル ッチャッタミョ
목도릴 짰다며
マフラーを編んだと

ネ モゲ メチュル ッテ
내 목에 매줄 때
僕の首に巻いてくれた時

ヨルミン チュル アラッソ
여름인 줄 알았어
夏だと思った

ニ ソニ ノム ッタットゥテソ
니 손이 너무 따뜻해서
君の手がとても暖かくて

ウェンジ プト イッスニッカ
왠지 붙어 있으니까
なぜかついているから

ト プト イッスル コスル
더 붙어 있을 곳을
もっとついているところを

チャッケ トェ
찾게 돼
探してしまう

ノン チャック
넌 자꾸
君はいつも

ウンクメ ウンクメ オッチェ
응큼해 응큼해 어째
ちょっとHde

ットロジミョン チュウォチュグルチド
떨어지면 추워죽을지도
落ちたら寒くて死ぬかも

モルヌンデ
모르는데
しれないのに

ウェ オルグルン セッパルケジヌンデ
왜 얼굴은 새빨개지는데
どうして顔は真っ赤になるの

カペエ アンジャイッスル テエド
카페에 앉아있을 때에도
カフェに座っている時にも

アイスコピルル コチパヌン ゴン
아이스커피를 고집하는 건
アイスコーヒーに固執するのは

ノ セルカ ッチクチャゴ
너 셀카 찍자고
君が自撮りを撮ろうと

ニ カクドヌン 45ド
니 각도는 45도
君の角度は45度

コチプハミョ ッチグン ウリ サジンド
고집하며 찍은 우리 사진도
固執しながら撮った僕たちの写真も

ネ プメ アンギン ノワ
내 품에 안긴 너와
僕の胸に抱かれた君と

ナエ オンドド 45ドッチュム
나의 온도도 45도쯤
僕の温度も45度くらい

ットゥゴプトン 1ウォル チナ
뜨겁던 1월 지나
熱かった一月が過ぎて

ッサイン ヌヌン ノクチガ アンコ
쌓인 눈은 녹지가 않고
積もった雪は溶けずに

ネ マムン ト
내 맘은 더
僕の気持ちはさらに

コジョマン カッソ
커져만 갔어
大きくなって行った

イビョリ オルチュル モルゴ
이별이 올 줄 모르고
別れが来るとは思わなくて

キョウリ カミョンソ
겨울이 가면서
冬樹が過ぎながら

ノル テリョガル チュル モルゴ
널 데려갈 줄 모르고
君を連れて行くとは思わずに

メニョン 11ウォルブト 2ウォルッチュム
매년 11월부터 2월쯤
毎年11月から2月頃

ニ センガケ カックム ソルレゴ
니 생각에 가끔 설레고
君への想いに時々ときめいて

ネゲン ユナニ アプン ソンカラク
내겐 유난히 아픈 손가락
僕には特に痛い指

3ウォリ オミョン クェンチャンケッチ
3월이 오면 괜찮겠지
3月が来たら大丈夫だろう

メニョン 11ウォルブト 2ウォルッチュム
매년 11월부터 2월쯤
毎年11月から2月頃


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます