江南 よけろ  ロマンス バベル 真心 眩しくて ヨンワン リーガルハイ 熱血司祭 ヘチ アイテム 悲しい ビッグイシュー

CANVAS - ジュノ 歌詞和訳

2PM(투피엠)《♂》
10 /27 2017
CANVAS - 준호
作詞:이준호 作曲:이준호, 홍지상
リクエスト頂いた曲です♪
CANVAS - 준호

ノウル チヌン ファンホヌル ポミョ
노을 지는 황혼을 보며
夕映えの黄昏を見ながら

サラムドゥルン アルムダプタゴ
사람들은 아름답다고
人々は美しいと

チョマダ マルハジ
저마다 말하지
それぞれ言うだろう

トデチェ オットン セクッカリンジ
도대체 어떤 색깔인지
一体どんな色なのか

ネ ヌネヌン クジョ
내 눈에는 그저
僕の目にはただ

チョムグァ ソニンデ
점과 선인데
点と線なのに

ハジマン ニ ソニ タウミョン
하지만 니 손이 닿으면
だけど君の手が触れたら

チャクコ カニョリン カスメ アンキミョン
작고 가녀린 가슴에 안기면
小さくて弱い胸に抱かれたら

シムジャンイ ットゥィヌン ゲ
심장이 뛰는 게
心臓が弾むのが

イロケ カムジョンイ
이렇게 감정이
こんなに感情が

プンプヘットン サラミンジ
풍부했던 사람인지
豊かな人人なのか

ナ モルラッソ
나 몰랐어
僕は知らなかった

ナン オヌセ
난 어느새
僕はいつのまにか

ノラン セクカメ ムルドゥネ
너란 색감에 물드네
君という色に染まるね

トゥ ヌヌル カムコ
두 눈을 감고
目を閉じて

ノガ クリヌン デロ
너가 그리는 대로
君が描くままに

I’m gonna push it baby

マニャク ノラン サラミ
만약 너란 사람이
もし君という人が

ネゲ オプタミョン ナン
내게 없다면 난
僕にいなかったら僕は

ハヤンセク カムジョン オムヌン
하얀색 감정 없는
白色の感情のない

クキョジン チョンイヨッスル コヤ
구겨진 종이였을 거야
しわくちゃな紙だったはず

ネ マムル ムルドゥリョ ノワ
내 맘을 물들여 너와
僕の心を染める 君と

ヌル セカンキョン ッキン チェ サラッソ
늘 색안경 낀 채 살았어
いつも色眼鏡かけたまま生きてた

ナミ マルハヌン セサンエ
남이 말하는 세상의
人が話す世の中の

セクド ナン ムシヘッソ
색도 난 무시했어
色も僕は無視したよ

ハヌルグァ パダエ プルムド
하늘과 바다의 푸름도
空と海の青さも

クジョ ガトゥン セギラ ヨギョンヌンデ
그저 같은 색이라 여겼는데
ただ同じ色だと思ってたのに

ハジマン ニ ソニ タウミョン
하지만 니 손이 닿으면
だけど君の手が触れたら

チナン カルセゲ
진한 갈색의
濃い茶色の

ヌントンチャルル ポミョン
눈동자를 보면
瞳を見たら

ヌンアプル カリドン
눈앞을 가리던
目の前を覆った

キプン オマングァ
깊은 오만과
深い傲慢と

ピョンギョニ ハンスンガン サラジョ
편견이 한순간 사라져
偏見が一瞬消えて

ネ マムソゲ
내 맘속에
僕の心の中に

フィン ケンボスエ
흰 캔버스에
白いキャンパスに

ノラン セクカミ タウル ッテ
너란 색감이 닿을 때
君という色感がつくとき

シムジャンイ ットルリョ
심장이 떨려
心臓が震える

ナルル プルクケ ムルドゥリョ
나를 붉게 물들여
僕を赤く染める

マニャク ノラン サラミ
만약 너란 사람이
もし君という人が

ネゲ オプタミョン ナン
내게 없다면 난
僕にいなかったら僕は

ハヤンセク カムジョン オムヌン
하얀색 감정 없는
白色の感情のない

クキョジン チョンイヨッスル コヤ
구겨진 종이였을 거야
しわくちゃな紙だったはず

ネ マムル ムルドゥリョ ノワ
내 맘을 물들여 너와
僕の心を染める 君と

ニ ソニ タウミョン
니 손이 닿으면
君の手が触れたら

チャクコ カニョリン カスメ アンキミョン
작고 가녀린 가슴에 안기면
小さくて弱い胸に抱かれたら

シムジャンイ ットゥィヌン ゲ
심장이 뛰는 게
心臓が弾むのが

イロケ カムジョンイ
이렇게 감정이
こんなに感情が

プンプヘットン サラミンジ
풍부했던 사람인지
豊かな人人なのか

ナ モルラッソ
나 몰랐어
僕は知らなかった

ナン オヌセ
난 어느새
僕はいつのまにか

ノラン セクカメ ムルドゥネ
너란 색감에 물드네
君という色に染まるね

トゥ ヌヌル カムコ
두 눈을 감고
目を閉じて

ノガ クリヌン デロ
너가 그리는 대로
君が描くままに

マニャク ノラン サラミ
만약 너란 사람이
もし君という人が

ネゲ オプタミョン ナン
내게 없다면 난
僕にいなかったら僕は

ハヤンセク カムジョン オムヌン
하얀색 감정 없는
白色の感情のない

クキョジン チョンイヨッスル コヤ
구겨진 종이였을 거야
しわくちゃな紙だったはず

ネ マムル ムルドゥリョ ノワ
내 맘을 물들여 너와
僕の心を染める 君と

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
CANVAS - 준호

ノウル チヌン ファンホヌル ポミョ
노을 지는 황혼을 보며
夕映えの黄昏を見ながら

サラムドゥルン アルムダプタゴ
사람들은 아름답다고
人々は美しいと

チョマダ マルハジ
저마다 말하지
それぞれ言うだろう

トデチェ オットン セクッカリンジ
도대체 어떤 색깔인지
一体どんな色なのか

ネ ヌネヌン クジョ
내 눈에는 그저
僕の目にはただ

チョムグァ ソニンデ
점과 선인데
点と線なのに

ハジマン ニ ソニ タウミョン
하지만 니 손이 닿으면
だけど君の手が触れたら

チャクコ カニョリン カスメ アンキミョン
작고 가녀린 가슴에 안기면
小さくて弱い胸に抱かれたら

シムジャンイ ットゥィヌン ゲ
심장이 뛰는 게
心臓が弾むのが

イロケ カムジョンイ
이렇게 감정이
こんなに感情が

プンプヘットン サラミンジ
풍부했던 사람인지
豊かな人人なのか

ナ モルラッソ
나 몰랐어
僕は知らなかった

ナン オヌセ
난 어느새
僕はいつのまにか

ノラン セクカメ ムルドゥネ
너란 색감에 물드네
君という色に染まるね

トゥ ヌヌル カムコ
두 눈을 감고
目を閉じて

ノガ クリヌン デロ
너가 그리는 대로
君が描くままに

I’m gonna push it baby

マニャク ノラン サラミ
만약 너란 사람이
もし君という人が

ネゲ オプタミョン ナン
내게 없다면 난
僕にいなかったら僕は

ハヤンセク カムジョン オムヌン
하얀색 감정 없는
白色の感情のない

クキョジン チョンイヨッスル コヤ
구겨진 종이였을 거야
しわくちゃな紙だったはず

ネ マムル ムルドゥリョ ノワ
내 맘을 물들여 너와
僕の心を染める 君と

ヌル セカンキョン ッキン チェ サラッソ
늘 색안경 낀 채 살았어
いつも色眼鏡かけたまま生きてた

ナミ マルハヌン セサンエ
남이 말하는 세상의
人が話す世の中の

セクド ナン ムシヘッソ
색도 난 무시했어
色も僕は無視したよ

ハヌルグァ パダエ プルムド
하늘과 바다의 푸름도
空と海の青さも

クジョ ガトゥン セギラ ヨギョンヌンデ
그저 같은 색이라 여겼는데
ただ同じ色だと思ってたのに

ハジマン ニ ソニ タウミョン
하지만 니 손이 닿으면
だけど君の手が触れたら

チナン カルセゲ
진한 갈색의
濃い茶色の

ヌントンチャルル ポミョン
눈동자를 보면
瞳を見たら

ヌンアプル カリドン
눈앞을 가리던
目の前を覆った

キプン オマングァ
깊은 오만과
深い傲慢と

ピョンギョニ ハンスンガン サラジョ
편견이 한순간 사라져
偏見が一瞬消えて

ネ マムソゲ
내 맘속에
僕の心の中に

フィン ケンボスエ
흰 캔버스에
白いキャンパスに

ノラン セクカミ タウル ッテ
너란 색감이 닿을 때
君という色感がつくとき

シムジャンイ ットルリョ
심장이 떨려
心臓が震える

ナルル プルクケ ムルドゥリョ
나를 붉게 물들여
僕を赤く染める

マニャク ノラン サラミ
만약 너란 사람이
もし君という人が

ネゲ オプタミョン ナン
내게 없다면 난
僕にいなかったら僕は

ハヤンセク カムジョン オムヌン
하얀색 감정 없는
白色の感情のない

クキョジン チョンイヨッスル コヤ
구겨진 종이였을 거야
しわくちゃな紙だったはず

ネ マムル ムルドゥリョ ノワ
내 맘을 물들여 너와
僕の心を染める 君と

ニ ソニ タウミョン
니 손이 닿으면
君の手が触れたら

チャクコ カニョリン カスメ アンキミョン
작고 가녀린 가슴에 안기면
小さくて弱い胸に抱かれたら

シムジャンイ ットゥィヌン ゲ
심장이 뛰는 게
心臓が弾むのが

イロケ カムジョンイ
이렇게 감정이
こんなに感情が

プンプヘットン サラミンジ
풍부했던 사람인지
豊かな人人なのか

ナ モルラッソ
나 몰랐어
僕は知らなかった

ナン オヌセ
난 어느새
僕はいつのまにか

ノラン セクカメ ムルドゥネ
너란 색감에 물드네
君という色に染まるね

トゥ ヌヌル カムコ
두 눈을 감고
目を閉じて

ノガ クリヌン デロ
너가 그리는 대로
君が描くままに

マニャク ノラン サラミ
만약 너란 사람이
もし君という人が

ネゲ オプタミョン ナン
내게 없다면 난
僕にいなかったら僕は

ハヤンセク カムジョン オムヌン
하얀색 감정 없는
白色の感情のない

クキョジン チョンイヨッスル コヤ
구겨진 종이였을 거야
しわくちゃな紙だったはず

ネ マムル ムルドゥリョ ノワ
내 맘을 물들여 너와
僕の心を染める 君と


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます