江南 よけろ  ロマンス バベル 真心 眩しくて ヨンワン リーガルハイ 熱血司祭 ヘチ アイテム 悲しい ビッグイシュー

その通り‥ - ユンナ 歌詞和訳

ユンナ(윤하)《♀》
10 /24 2017
クコリ
그 거리‥ - 윤하
その通り
作詞:윤하 作曲:황찬희, 윤하
リクエスト頂いた曲です♪
クコリ
그 거리‥ - 윤하
その通り

パルグン ヘッサルド クデル ッタラ
밝은 햇살도 그댈 따라
明るい日差しもあなたを追って

カボリン コリ
가버린 거리
行ってしまった通り

パミ ネロ アンジュン
밤이 내려 앉은
夜が更けて座った

ク コリエ ナマ
그 거리에 남아
その通りに残って

オヌ サイエ ハナ トゥル キョジョ
어느 사이에 하나 둘 켜져
いつの間に一つ二つついて

ナル ピチュヌン プルピチュル
날 비추는 불빛을
私を照らす光を

ピヘソ パルコルムル オルムキョ
피해서 발걸음을 옮겨
避けて歩みを移して

クデ ウィヘ
그대 위해
あなたのために

クデン ナル ウィヘ
그댄 날 위해
あなたは私のために

トラソヤマン ハンダヌンデ
돌아서야만 한다는데
背を向けなければないないのに

ナルル ウィヘ
나를 위해
私のために

ナヌン クデル ウィヘ
나는 그댈 위해
私はあなたのために

チョンマル マジマク インサルル ハゴソ
정말 마지막 인사를 하고서
本当に最後の挨拶をして

ハンドゥ ポンド アニン イビョリラ
한두 번도 아닌 이별이라
一度や二度じゃない別れだから

シガニ チナミョン イジョジルコル
시간이 지나면 잊혀질걸
時間が過ぎれば忘れられるわ

アルゴ インヌンデ
알고 있는데
知っているのに

ナ オットケヤ ハルチ モルラ
나 어떻게야 할지 몰라
私はどうすればいいのか分からない

ク コリル ホンジャ コンヌン ナルル
그 거릴 혼자 걷는 나를
その通りを一人で歩く私を

ウスムッカジド クデル ッタラ
웃음까지도 그댈 따라
笑みまでもあなたを追って

カボリン コリ
가버린 거리
行ってしまった通り

チャンビガ ネリヌン
찬비가 내리는
冷たい雨が降る

ク コリルル ッタラ
그 거리를 따라
その通りに沿って

オヌ サイエ トラソン
어느 사이에 들어선
いつの間に入った

ッカマン コルモクキレン
까만 골목길엔
黒い路地には

クデガ オプソド
그대가 없어도
あなたがいなくても

クデエ ヒャンギガ ナ
그대의 향기가 나
あなたの香りがする

クデ ウィヘ
그대 위해
あなたのために

クデン ナル ウィヘ
그댄 날 위해
あなたは私のために

トラソヤマン ハンダヌンデ
돌아서야만 한다는데
背を向けなければないないのに

ナルル ウィヘ
나를 위해
私のために

ナヌン クデル ウィヘ
나는 그댈 위해
私はあなたのために

チョンマル マジマク インサルル ハゴソ
정말 마지막 인사를 하고서
本当に最後の挨拶をして

ハンドゥ ポンド アニン イビョリラ
한두 번도 아닌 이별이라
一度や二度じゃない別れだから

シガニ チナミョン イジョジルコル
시간이 지나면 잊혀질걸
時間が過ぎれば忘れられるわ

アルゴ インヌンデ
알고 있는데
知っているのに

ナ オットケヤ ハルチ モルラ
나 어떻게야 할지 몰라
私はどうすればいいのか分からない

ク コリル ホンジャ コンヌン ナルル
그 거릴 혼자 걷는 나를
その通りを一人で歩く私を

サシル ナン チャシニ オプソ
사실 난 자신이 없어
ホントは私は自信ないの

ハナガ タシ トゥリ トェミョン
하나가 다시 둘이 되면
一つがまた二つになったら

トェドルリル ス オプスル コッ カタ
되돌릴 수 없을 것 같아
取り戻せなさそうだで

クデド チョンブガ トェヌン ゲ
그대도 전부가 되는 게
あなたもすべてになるのが

コビ ナヌン コラミョン
겁이 나는 거라면
怖くなるなら

カトゥン キレ ックンチャラギラミョン
같은 길에 끝자락이라면
同じ道で終わりなのなら

ハンドゥ ポンド アニン イビョリラ
한두 번도 아닌 이별이라
一度や二度じゃない別れだから

アムイル オプソンドゥッ トラオルコル
아무일 없었듯 돌아올걸
何ともなかったように戻ってくるわ

ミッコ インヌンデ
믿고 있는데
信じているのに

ナン オットケヤ ハルチ モルラ
난 어떻게야 할지 몰라
私はどうすればいいのか分からない

クデワ コッコ シプン ナルル
그대와 걷고 싶은 나를
あなたと歩きたい私を

イ コリル ホンジャ コンヌン ナルル
이 거릴 혼자 걷는 나를
その通りを一人で歩く私を


※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
クコリ
그 거리‥ - 윤하
その通り

パルグン ヘッサルド クデル ッタラ
밝은 햇살도 그댈 따라
明るい日差しもあなたを追って

カボリン コリ
가버린 거리
行ってしまった通り

パミ ネロ アンジュン
밤이 내려 앉은
夜が更けて座った

ク コリエ ナマ
그 거리에 남아
その通りに残って

オヌ サイエ ハナ トゥル キョジョ
어느 사이에 하나 둘 켜져
いつの間に一つ二つついて

ナル ピチュヌン プルピチュル
날 비추는 불빛을
私を照らす光を

ピヘソ パルコルムル オルムキョ
피해서 발걸음을 옮겨
避けて歩みを移して

クデ ウィヘ
그대 위해
あなたのために

クデン ナル ウィヘ
그댄 날 위해
あなたは私のために

トラソヤマン ハンダヌンデ
돌아서야만 한다는데
背を向けなければないないのに

ナルル ウィヘ
나를 위해
私のために

ナヌン クデル ウィヘ
나는 그댈 위해
私はあなたのために

チョンマル マジマク インサルル ハゴソ
정말 마지막 인사를 하고서
本当に最後の挨拶をして

ハンドゥ ポンド アニン イビョリラ
한두 번도 아닌 이별이라
一度や二度じゃない別れだから

シガニ チナミョン イジョジルコル
시간이 지나면 잊혀질걸
時間が過ぎれば忘れられるわ

アルゴ インヌンデ
알고 있는데
知っているのに

ナ オットケヤ ハルチ モルラ
나 어떻게야 할지 몰라
私はどうすればいいのか分からない

ク コリル ホンジャ コンヌン ナルル
그 거릴 혼자 걷는 나를
その通りを一人で歩く私を

ウスムッカジド クデル ッタラ
웃음까지도 그댈 따라
笑みまでもあなたを追って

カボリン コリ
가버린 거리
行ってしまった通り

チャンビガ ネリヌン
찬비가 내리는
冷たい雨が降る

ク コリルル ッタラ
그 거리를 따라
その通りに沿って

オヌ サイエ トラソン
어느 사이에 들어선
いつの間に入った

ッカマン コルモクキレン
까만 골목길엔
黒い路地には

クデガ オプソド
그대가 없어도
あなたがいなくても

クデエ ヒャンギガ ナ
그대의 향기가 나
あなたの香りがする

クデ ウィヘ
그대 위해
あなたのために

クデン ナル ウィヘ
그댄 날 위해
あなたは私のために

トラソヤマン ハンダヌンデ
돌아서야만 한다는데
背を向けなければないないのに

ナルル ウィヘ
나를 위해
私のために

ナヌン クデル ウィヘ
나는 그댈 위해
私はあなたのために

チョンマル マジマク インサルル ハゴソ
정말 마지막 인사를 하고서
本当に最後の挨拶をして

ハンドゥ ポンド アニン イビョリラ
한두 번도 아닌 이별이라
一度や二度じゃない別れだから

シガニ チナミョン イジョジルコル
시간이 지나면 잊혀질걸
時間が過ぎれば忘れられるわ

アルゴ インヌンデ
알고 있는데
知っているのに

ナ オットケヤ ハルチ モルラ
나 어떻게야 할지 몰라
私はどうすればいいのか分からない

ク コリル ホンジャ コンヌン ナルル
그 거릴 혼자 걷는 나를
その通りを一人で歩く私を

サシル ナン チャシニ オプソ
사실 난 자신이 없어
ホントは私は自信ないの

ハナガ タシ トゥリ トェミョン
하나가 다시 둘이 되면
一つがまた二つになったら

トェドルリル ス オプスル コッ カタ
되돌릴 수 없을 것 같아
取り戻せなさそうだで

クデド チョンブガ トェヌン ゲ
그대도 전부가 되는 게
あなたもすべてになるのが

コビ ナヌン コラミョン
겁이 나는 거라면
怖くなるなら

カトゥン キレ ックンチャラギラミョン
같은 길에 끝자락이라면
同じ道で終わりなのなら

ハンドゥ ポンド アニン イビョリラ
한두 번도 아닌 이별이라
一度や二度じゃない別れだから

アムイル オプソンドゥッ トラオルコル
아무일 없었듯 돌아올걸
何ともなかったように戻ってくるわ

ミッコ インヌンデ
믿고 있는데
信じているのに

ナン オットケヤ ハルチ モルラ
난 어떻게야 할지 몰라
私はどうすればいいのか分からない

クデワ コッコ シプン ナルル
그대와 걷고 싶은 나를
あなたと歩きたい私を

イ コリル ホンジャ コンヌン ナルル
이 거릴 혼자 걷는 나를
その通りを一人で歩く私を


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます