江南 よけろ ヨンワン 熱血司祭 ヘチ 悲しい ビッグイシュー サイコメトリー ウラチャチャ ドクター ザ・バンカー 自白 国民の 彼女の

普通の日 - Standing Egg 韓ドラ:20世紀少年少女 歌詞和訳

Standing Egg(스탠딩 에그)《*》
09 /27 2017
ポトンエナル
보통의 날 - 스탠딩 에그(Standing Egg)
普通の日
作詞:17Holic, 어깨깡패 作曲:어깨깡패
韓国ドラマ:20世紀少年少女
出演:ハン・イェスル、 キム・ジソク、 イ・サンウ、リュ・ヒョンギョン、 アン・セハ など
女の友情は永遠に!まだまだ成長途中な35歳女性3人組のロマンスとは?
幼いときから同じ街で育った35歳。35年来の友人である3人の女性が、上手くいかない恋愛と深い友情を通して成長していく姿を描いた感性ロマンスドラマ
ポトンエナル
보통의 날 - 스탠딩 에그(Standing Egg)
普通の日


ネゲン イクスクチ アナ
내겐 익숙치 않아
僕には慣れない

ナムドゥル タ ハヌン ヨネ
남들 다 하는 연애
みんながする恋愛

テチェ イユガ ムォルッカ
대체 이유가 뭘까
一体理由は何なのだろう

ノクロクチ アヌン シガニ カゴ
녹록지 않은 시간이 가고
容易じゃない時間が過ぎて

トングロニ ナムン チュオク
덩그러니 남은 추억
ぽつんと残った想い出

オリョムプシ センガギ ナソ
어렴풋이 생각이 나서
ぼんやり思い出して

ウソポンダ
웃어본다
笑ってみる

ネ マウムハナ
내 마음하나
僕の心一つ

ネ ノウル チャリ オプソットン
내 놓을 자리 없었던
自分を置く場所がなかった

チェンハゲ ピチン
쨍하게 비친
ギラギラと映った

ヘッサル アレ コロットン
햇살 아래 걸었던
日差しの下歩いた

ポトンエ ナル
보통의 날
普通の日

チャルナエ スンガン スチョ チナガン
찰나의 순간 스쳐 지나간
刹那の瞬間通り過ぎた

ソジュンヘットン ノン ナエ チョッサラン
소중했던 넌 나의 첫사랑
大切だった君は僕の初恋

チュオゲ サラ スムスュィドン
추억에 살아 숨쉬던
想い出に生きて息をした

ナル チナカゴ
날 지나가고
僕を過ぎ去って

カスメ タマ カックムッシグン
가슴에 담아 가끔씩은
胸に込めてたまには

ッコネポゴ シプン キオクドゥル
꺼내보고 싶은 기억들
取り出してみたい記憶

オンジェンガ タシ マンナミョン
언젠가 다시 만나면
いつかまた会ったら

プルッスク コベク ハルチド モルラ
불쑥 고백 할지도 몰라
いきなり告白うするかもしれない

マルル ハジ アナド
말을 하지 않아도
言わなくても

ネ マム アラジュル サラム
내 맘 알아줄 사람
僕の気持ち分かってくれる人

テチェ オディイッスルッカ
대체 어디있을까
一体どこにいるだろうか

ソヌラン パラム プロ オルッテミョン
서늘한 바람 불어 올때면
涼しい風が吹いてくるときは

ウェロウミ ホルロ チトジョ
외로움이 홀로 짙어져
寂しさが一人で深まって

スプグァンチョロム ネペンヌン
습관처럼 내뱉는
習慣のように吐き出す

ハンスム ヌロナンダ
한숨 늘어난다
ため息が増える

ネ マウムハナ
내 마음하나
僕の心一つ

ネ ノウル チャリ オプソットン
내 놓을 자리 없었던
自分を置く場所がなかった

チェンハゲ ピチン
쨍하게 비친
ギラギラと映った

ヘッサル アレ コロットン
햇살 아래 걸었던
日差しの下歩いた

ポトンエ ナル
보통의 날
普通の日

チャルナエ スンガン スチョ チナガン
찰나의 순간 스쳐 지나간
刹那の瞬間通り過ぎた

ソジュンヘットン ノン ナエ チョッサラン
소중했던 넌 나의 첫사랑
大切だった君は僕の初恋

ピョンハンゴン ヌロガヌン ナイップン
변한건 늘어가는 나이뿐
変わったのは増える年齢だけ

ノヌン ヨジョニ アルムダウンデ
너는 여전히 아름다운데
君は相変わらず美しいのに

トゥグントゥグン ネ シムジャンイ
두근두근 내 심장이
ドキドキする僕の心臓が

ピョナムオプシ ノルル ヒャンヘ
변함없이 너를 향해
相変わらず君に向かって

ット ットゥィジャナ
또 뛰잖아
また弾んでるじゃない

チャル トェル コッ カタ
잘 될 것 같아
うまくいきそうな

ヌッキミ チャム チョウンデ
느낌이 참 좋은데
感じがホントいいのに

ヌガプヮド ッケ チャル
누가봐도 꽤 잘
誰がみてもかなりよく

オウルリヌンデ ノン オットニ
어울리는데 넌 어떠니
似合うのに君はどうなの?

チョシムスロプケ シジャク ヘボルッカ
조심스럽게 시작 해볼까
慎重に初めてみようか

ッコッパラミ プロオヌン ケジョル
꽃바람이 불어오는 계절
花の風が吹いて来る季節

チョム ソトゥルロソ
좀 서툴러서
ちょっと不器用で

クムバン ティガ ナジマン
금방 티가 나지만
すぐにばれるけど

チョム モシンヌン チョク
좀 멋있는 척
ちょっとかっこいいふり

ックミリョゴヘド
꾸미려고해도
しようとしても

マムチョロム アン ドェジマン
맘처럼 안 되지만
思うようにいかないけど

インヌン モスプ クデロ
있는 모습 그대로
ありのままの姿そのまま

チャヨンスレ ポヨジュルコヤ
자연스레 보여줄거야
自然に見せてあげるよ


※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ポトンエナル
보통의 날 - 스탠딩 에그(Standing Egg)
普通の日

ネゲン イクスクチ アナ
내겐 익숙치 않아
僕には慣れない

ナムドゥル タ ハヌン ヨネ
남들 다 하는 연애
みんながする恋愛

テチェ イユガ ムォルッカ
대체 이유가 뭘까
一体理由は何なのだろう

ノクロクチ アヌン シガニ カゴ
녹록지 않은 시간이 가고
容易じゃない時間が過ぎて

トングロニ ナムン チュオク
덩그러니 남은 추억
ぽつんと残った想い出

オリョムプシ センガギ ナソ
어렴풋이 생각이 나서
ぼんやり思い出して

ウソポンダ
웃어본다
笑ってみる

ネ マウムハナ
내 마음하나
僕の心一つ

ネ ノウル チャリ オプソットン
내 놓을 자리 없었던
自分を置く場所がなかった

チェンハゲ ピチン
쨍하게 비친
ギラギラと映った

ヘッサル アレ コロットン
햇살 아래 걸었던
日差しの下歩いた

ポトンエ ナル
보통의 날
普通の日

チャルナエ スンガン スチョ チナガン
찰나의 순간 스쳐 지나간
刹那の瞬間通り過ぎた

ソジュンヘットン ノン ナエ チョッサラン
소중했던 넌 나의 첫사랑
大切だった君は僕の初恋

チュオゲ サラ スムスュィドン
추억에 살아 숨쉬던
想い出に生きて息をした

ナル チナカゴ
날 지나가고
僕を過ぎ去って

カスメ タマ カックムッシグン
가슴에 담아 가끔씩은
胸に込めてたまには

ッコネポゴ シプン キオクドゥル
꺼내보고 싶은 기억들
取り出してみたい記憶

オンジェンガ タシ マンナミョン
언젠가 다시 만나면
いつかまた会ったら

プルッスク コベク ハルチド モルラ
불쑥 고백 할지도 몰라
いきなり告白うするかもしれない

マルル ハジ アナド
말을 하지 않아도
言わなくても

ネ マム アラジュル サラム
내 맘 알아줄 사람
僕の気持ち分かってくれる人

テチェ オディイッスルッカ
대체 어디있을까
一体どこにいるだろうか

ソヌラン パラム プロ オルッテミョン
서늘한 바람 불어 올때면
涼しい風が吹いてくるときは

ウェロウミ ホルロ チトジョ
외로움이 홀로 짙어져
寂しさが一人で深まって

スプグァンチョロム ネペンヌン
습관처럼 내뱉는
習慣のように吐き出す

ハンスム ヌロナンダ
한숨 늘어난다
ため息が増える

ネ マウムハナ
내 마음하나
僕の心一つ

ネ ノウル チャリ オプソットン
내 놓을 자리 없었던
自分を置く場所がなかった

チェンハゲ ピチン
쨍하게 비친
ギラギラと映った

ヘッサル アレ コロットン
햇살 아래 걸었던
日差しの下歩いた

ポトンエ ナル
보통의 날
普通の日

チャルナエ スンガン スチョ チナガン
찰나의 순간 스쳐 지나간
刹那の瞬間通り過ぎた

ソジュンヘットン ノン ナエ チョッサラン
소중했던 넌 나의 첫사랑
大切だった君は僕の初恋

ピョンハンゴン ヌロガヌン ナイップン
변한건 늘어가는 나이뿐
変わったのは増える年齢だけ

ノヌン ヨジョニ アルムダウンデ
너는 여전히 아름다운데
君は相変わらず美しいのに

トゥグントゥグン ネ シムジャンイ
두근두근 내 심장이
ドキドキする僕の心臓が

ピョナムオプシ ノルル ヒャンヘ
변함없이 너를 향해
相変わらず君に向かって

ット ットゥィジャナ
또 뛰잖아
また弾んでるじゃない

チャル トェル コッ カタ
잘 될 것 같아
うまくいきそうな

ヌッキミ チャム チョウンデ
느낌이 참 좋은데
感じがホントいいのに

ヌガプヮド ッケ チャル
누가봐도 꽤 잘
誰がみてもかなりよく

オウルリヌンデ ノン オットニ
어울리는데 넌 어떠니
似合うのに君はどうなの?

チョシムスロプケ シジャク ヘボルッカ
조심스럽게 시작 해볼까
慎重に初めてみようか

ッコッパラミ プロオヌン ケジョル
꽃바람이 불어오는 계절
花の風が吹いて来る季節

チョム ソトゥルロソ
좀 서툴러서
ちょっと不器用で

クムバン ティガ ナジマン
금방 티가 나지만
すぐにばれるけど

チョム モシンヌン チョク
좀 멋있는 척
ちょっとかっこいいふり

ックミリョゴヘド
꾸미려고해도
しようとしても

マムチョロム アン ドェジマン
맘처럼 안 되지만
思うようにいかないけど

インヌン モスプ クデロ
있는 모습 그대로
ありのままの姿そのまま

チャヨンスレ ポヨジュルコヤ
자연스레 보여줄거야
自然に見せてあげるよ


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます