★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
ヨンワン 国民の 彼女の 緑豆の花 会社 異夢 夏よ 初対面 ボイス3 アビス 絶対彼氏 助けて2 ただ 風が吹く パフューム 補佐官 義理の母

君の家の前で - キム・ボムス 歌詞和訳

キム・ボムス(김범수)《♂》
07 /25 2017
ノエチプアペソ キム・ボムス
너의 집 앞에서 - 김범수
君の家の前で
作詞作曲:박선주
リクエスト頂いた曲です♪
ノエチプアペソ キム・ボムス
너의 집 앞에서 - 김범수
君の家の前で

オ ナ オヌルド ヨギ ソイッソ
오 나 오늘도 여기 서있어
僕は今日もここに立っている

スル チュィハン ノル パレダジュゴ
술 취한 널 바래다주고
酒に酔った君を送ってあげて

ホンジャソ コロネリョ オドン
혼자서 걸어내려 오던
一人で歩いて降りてきた

ノエ チプ アプ コルモクキル
너의 집 앞 골목길
君の家の前の路地

ヌジュン パム ニ パンエ
늦은 밤 네 방에
遅い夜 君の部屋の

プル キョイッソ
불이 켜있어
灯りがついている

ホクシ ムスン イル インヌン ゴニ
혹시 무슨 일 있는 거니
もしかして何かあったの?

コクチョンスロン マウメ
걱정스런 마음에
心配な気持ちに

クニャン ハンボン トゥルリョ ポン ゴヤ
그냥 한번 들려 본 거야
ただ一度立ち寄ってみたんだ

ムォ チョム チナミョン
뭐 좀 지나면
何ちょっと過ぎれば

クェンチャヌル コヤ
괜찮을 거야
平気になるだろう

シガネ ウリル マッキョ ポジャドン
시간에 우릴 맡겨 보자던
時間に僕たちを任せてみるという

ノエ ピョンミョンッカジド
너의 변명까지도
君の言い訳までも

ナン サランハニッカ
난 사랑하니까
僕は愛してるから

オ イッチマ
오 잊지마
忘れないで

ナン ミドゥル コヤ
난 믿을 거야
僕は信じるよ

オンジェンガン ニガ
언젠간 네가
いつかは君が

タシ トラオル コスル
다시 돌아올 것을
また戻ってくると

ッテロン クリウムロ
때론 그리움으로
時には恋しさで

チチル ッテン
지칠 땐
疲れる時は

ハンボン クゲ ウルジ ムォ
한번 크게 울지 뭐
一度大きく泣けばいんだ

オンジェドゥン ヌグンガ
언제든 누군가
いつでも誰かが

ピリョハダ ヌッキミョン
필요하다 느끼면
必要だと感じたら

クニャン チャンムヌル ヨロ
그냥 창문을 열어
ただ窓を開けて

ノル ヒャンヘ トゥ パル ポルリン
널 향해 두 팔 벌린
君に向かって両腕を広げた

ハン サラミ ヨギ
한 사람이 여기
一人がここで

ノルル キダリゴ イッソ
너를 기다리고 있어
君を待っている

オ ムスン マリンジ モルゲッソ
오 무슨 말인지 모르겠어
どんな話か分からない

ッコク サランウン パダ カッタドン
꼭 사랑은 바다 같다던
必ず愛は海のようだという

ノエ マジマク ク マル
너의 마지막 그 말
君の最後のその言葉

ハジマン サングァンオプソ
하지만 상관없어
だけど関係ない

オ イッチマ
오 잊지마
忘れないで

ナン ミドゥル コヤ
난 믿을 거야
僕は信じるよ

オンジェンガン ニガ
언젠간 네가
いつかは君が

タシ トラオル コスル
다시 돌아올 것을
また戻ってくると

ッテロン クリウムロ
때론 그리움으로
時には恋しさで

チチル ッテン
지칠 땐
疲れる時は

ハンボン クゲ ウルジ ムォ
한번 크게 울지 뭐
一度大きく泣けばいんだ

オンジェドゥン ヌグンガ
언제든 누군가
いつでも誰かが

ピリョハダ ヌッキミョン
필요하다 느끼면
必要だと感じたら

クニャン チャンムヌル ヨロ
그냥 창문을 열어
ただ窓を開けて

ノル ヒャンヘ トゥ パル ポルリン
널 향해 두 팔 벌린
君に向かって両腕を広げた

ハン サラミ ヨギ
한 사람이 여기
一人がここで

ノルル キダリゴ イッソ
너를 기다리고 있어
君を待っている

オ イッチマ
오 잊지마
忘れないで

ナン ミドゥル コヤ
난 믿을 거야
僕は信じるよ

オンジェンガン ニガ
언젠간 네가
いつかは君が

タシ トラオル コスル
다시 돌아올 것을
また戻ってくると

ノル ヒャンヘ トゥ パル ポルリン
널 향해 두 팔 벌린
君に向かって両腕を広げた

ハン サラミ ヨギ
한 사람이 여기
一人がここに

ノルル キダリゴ イッソ
너를 기다리고 있어
君を待っている

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ノエチプアペソ キム・ボムス
너의 집 앞에서 - 김범수
君の家の前で

オ ナ オヌルド ヨギ ソイッソ
오 나 오늘도 여기 서있어
僕は今日もここに立っている

スル チュィハン ノル パレダジュゴ
술 취한 널 바래다주고
酒に酔った君を送ってあげて

ホンジャソ コロネリョ オドン
혼자서 걸어내려 오던
一人で歩いて降りてきた

ノエ チプ アプ コルモクキル
너의 집 앞 골목길
君の家の前の路地

ヌジュン パム ニ パンエ
늦은 밤 네 방에
遅い夜 君の部屋の

プル キョイッソ
불이 켜있어
灯りがついている

ホクシ ムスン イル インヌン ゴニ
혹시 무슨 일 있는 거니
もしかして何かあったの?

コクチョンスロン マウメ
걱정스런 마음에
心配な気持ちに

クニャン ハンボン トゥルリョ ポン ゴヤ
그냥 한번 들려 본 거야
ただ一度立ち寄ってみたんだ

ムォ チョム チナミョン
뭐 좀 지나면
何ちょっと過ぎれば

クェンチャヌル コヤ
괜찮을 거야
平気になるだろう

シガネ ウリル マッキョ ポジャドン
시간에 우릴 맡겨 보자던
時間に僕たちを任せてみるという

ノエ ピョンミョンッカジド
너의 변명까지도
君の言い訳までも

ナン サランハニッカ
난 사랑하니까
僕は愛してるから

オ イッチマ
오 잊지마
忘れないで

ナン ミドゥル コヤ
난 믿을 거야
僕は信じるよ

オンジェンガン ニガ
언젠간 네가
いつかは君が

タシ トラオル コスル
다시 돌아올 것을
また戻ってくると

ッテロン クリウムロ
때론 그리움으로
時には恋しさで

チチル ッテン
지칠 땐
疲れる時は

ハンボン クゲ ウルジ ムォ
한번 크게 울지 뭐
一度大きく泣けばいんだ

オンジェドゥン ヌグンガ
언제든 누군가
いつでも誰かが

ピリョハダ ヌッキミョン
필요하다 느끼면
必要だと感じたら

クニャン チャンムヌル ヨロ
그냥 창문을 열어
ただ窓を開けて

ノル ヒャンヘ トゥ パル ポルリン
널 향해 두 팔 벌린
君に向かって両腕を広げた

ハン サラミ ヨギ
한 사람이 여기
一人がここで

ノルル キダリゴ イッソ
너를 기다리고 있어
君を待っている

オ ムスン マリンジ モルゲッソ
오 무슨 말인지 모르겠어
どんな話か分からない

ッコク サランウン パダ カッタドン
꼭 사랑은 바다 같다던
必ず愛は海のようだという

ノエ マジマク ク マル
너의 마지막 그 말
君の最後のその言葉

ハジマン サングァンオプソ
하지만 상관없어
だけど関係ない

オ イッチマ
오 잊지마
忘れないで

ナン ミドゥル コヤ
난 믿을 거야
僕は信じるよ

オンジェンガン ニガ
언젠간 네가
いつかは君が

タシ トラオル コスル
다시 돌아올 것을
また戻ってくると

ッテロン クリウムロ
때론 그리움으로
時には恋しさで

チチル ッテン
지칠 땐
疲れる時は

ハンボン クゲ ウルジ ムォ
한번 크게 울지 뭐
一度大きく泣けばいんだ

オンジェドゥン ヌグンガ
언제든 누군가
いつでも誰かが

ピリョハダ ヌッキミョン
필요하다 느끼면
必要だと感じたら

クニャン チャンムヌル ヨロ
그냥 창문을 열어
ただ窓を開けて

ノル ヒャンヘ トゥ パル ポルリン
널 향해 두 팔 벌린
君に向かって両腕を広げた

ハン サラミ ヨギ
한 사람이 여기
一人がここで

ノルル キダリゴ イッソ
너를 기다리고 있어
君を待っている

オ イッチマ
오 잊지마
忘れないで

ナン ミドゥル コヤ
난 믿을 거야
僕は信じるよ

オンジェンガン ニガ
언젠간 네가
いつかは君が

タシ トラオル コスル
다시 돌아올 것을
また戻ってくると

ノル ヒャンヘ トゥ パル ポルリン
널 향해 두 팔 벌린
君に向かって両腕を広げた

ハン サラミ ヨギ
한 사람이 여기
一人がここに

ノルル キダリゴ イッソ
너를 기다리고 있어
君を待っている



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

動画見れません

リンクされている動画
見れなくなっています💦
見れるようにしていただきたいです!!

Re: 動画見れません

動画差し替えました!
ご連絡いただき、ありがとうございました^^
↑クリックすると一覧が表示されます