江南 よけろ ヨンワン 熱血司祭 ヘチ 悲しい ビッグイシュー サイコメトリー ウラチャチャ ドクター ザ・バンカー 自白 国民の 彼女の

引き止めるべきだった - ASTRO 歌詞和訳

ASTRO(아스트로)《♂》
06 /24 2017
プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해 - 아스트로(ASTRO)
引き止めるべきだった
作詞:오브로스, 김좌영, 진진, 라키 作曲:오브로스, 김좌영
リクエスト頂いた曲です♪
プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해 - 아스트로(ASTRO)
引き止めるべきだった


プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해
引き止めるべきだった

プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해
引き止めるべきだった

ニガ ポゴ シポ
네가 보고 싶어
君に会いたい

マミ アパ
맘이 아파
心が痛い

ヌン オヌン キョウルパミオッソッチ
눈 오는 겨울밤이었었지 oh no
雪が降る冬の夜だった

アムゴット ヘジュル ス オプソットン ナ
아무것도 해줄 수 없었던 나
何もしてあげられなかった僕

you don't cry cry cry

トラソヌン ネ マム アパ
돌아서는 내 맘 아파 yeah
背を向ける僕の心 痛い

ナル イヘヘンダミョ トラソネ
날 이해한다며 돌아서네
僕を理解すると背を向けたね

ヌンムルド フルリジ アンヌン ニガ
눈물도 흘리지 않은 네가
涙も流さなかった君が

ナン ノム ミウォ
난 너무 미워
僕はとても憎い

クッテマン センガカミョン
그때만 생각하면
あの時のことを考えたら

ナド ニガ
나도 네가
僕も君が

ノム シロ
너무 싫어
とても嫌だ

チャックマン ニガ センガンナ
자꾸만 네가 생각나
何度も君を思い出す

プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해
引き止めるべきだった

ノル プッチャバッソヤヘ
널 잡았어야 해
君を引き止めるべきだった

ノエ ク ヨクシムド
너의 그 욕심도
君のその欲も

イヘ ハルケ トラワ
이해 할게 돌아와
理解するよ 戻ってきて

ノル カムダンハギエ
널 감당하기에
君を耐えるのに

ノム モジャラッキエ
너무 모자랐기에
とても未熟だったから

ットナヤマン ヘットン イユ
떠나야만 했던 이유
離れなきゃならなかった理由

イジェン アル コッ カタ
이젠 알 것 같아
今は分かりそう

Alright girl

パメ トンファハミョ
밤에 통화하며
夜に電話しながら

ノワ チャメ トゥルゴ
너와 잠에 들고
君と眠りについて

ニガ アパハミョン
네가 아파하면
君が苦しがったら

ネガ ヤク サ トゥルゴ
내가 약 사 들고
僕が薬を買ってきて

チプ アペソ ポジャ
집 앞에서 보자
家の前で会おうと

トク ハミョン ミアンハゲ
톡 하면 미안하게
メールしたら申し訳なさそうに

ウェ イレ
왜 이래
どうして

ニガ アン アパヤ
네가 안 아파야
君が苦しまないからこそ

マミ ノヨ
맘이 놓여 baby
安心できる

ノワ カチ カットン ゴットゥル チナミョン
너와 같이 갔던 곳들 지나면
君と一緒に行ったところを過ぎたら

ナン コギソ
난 거기서
僕はそこで

カマニ モムチョジゲ トェ
가만히 멈춰지게 돼
じっと止まってしまう

ピルルムカチ ノエ キオギ ナミョン
필름같이 너의 기억이 나면
フィルムのように君を思い出したら

ノル トウクト
널 더욱더
君にさらにより

ポゴ シポジョ スルプゲ
보고 싶어져 슬프게
会いたくなるんだ 悲しく

ウリ マジマゲ プヮットン ヨンファ
우리 마지막에 봤던 영화
僕たち最後に見た映画

ピ オヌン チャンミョングァ
비 오는 장면과
雨が降る場面と

カタッソッチ
같았었지 oh no
同じだったね

ムピョジョンハン オルグルロ
무표정한 얼굴로
無表情な顔で

ヘットン インサ
했던 인사
した挨拶

never say goodbye

ミドゥル スガ オプソ アパ
믿을 수가 없어 아파 yeah
信じられない 苦しい

チブロ トラガヌン コリエソ
집으로 돌아가는 거리에서
家に帰る道で

ハムッケハン チュオクドゥリ
함께한 추억들이
共にした想い出が

ヨンファチョロム ットオルネ
영화처럼 떠오르네
映画のように浮かぶね

クッテマン センガカミョン
그때만 생각하면
あの頃を思い出したら

ナド ネガ パボ ガタ
나도 내가 바보 같아
僕も自分がバカみたいだ

チャックマン ヌンムリ ナジャナ
자꾸만 눈물이 나잖아
何度も涙が出るじゃない

プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해
引き止めるべきだった

ノル プッチャバッソヤヘ
널 잡았어야 해
君を引き止めるべきだった

ノエ ク ヨクシムド
너의 그 욕심도
君のその欲も

イヘ ハルケ トラワ
이해 할게 돌아와
理解するよ 戻ってきて

ノル カムダンハギエ
널 감당하기에
君を耐えるのに

ノム モジャラッキエ
너무 모자랐기에
とても未熟だったから

ットナヤマン ヘットン イユ
떠나야만 했던 이유
離れなきゃならなかった理由

イジェン アル コッ カタ
이젠 알 것 같아
今は分かりそう

ニガアンムキョジョットン
네가 남겨줬던
君が残してくれた

チャグン ソンムル ハナ
작은 선물 하나
小さなプレゼント一つ

モドゥン ゲ ピョネボリン ナ
모든 게 변해버린 나
すべてあが変わってしまった僕

マジマク インサド ナン
마지막 인사도 난
最後の挨拶も僕は

ハジド モテッチャナ
하지도 못 했잖아
出来なかったじゃないか

If I have one more chance
Baby please take my hand

プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해
引き止めるべきだった

ノル プッチャバッソヤヘ
널 잡았어야 해
君を引き止めるべきだった

ノエ ク ヨクシムド
너의 그 욕심도
君のその欲も

イヘ ハルケ トラワ
이해 할게 돌아와
理解するよ 戻ってきて

ノル カムダンハギエ
널 감당하기에
君を耐えるのに

ノム モジャラッキエ
너무 모자랐기에
とても未熟だったから

ットナヤマン ヘットン イユ
떠나야만 했던 이유
離れなきゃならなかった理由

イジェン アル コッ カタ
이젠 알 것 같아
今は分かりそう

プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해
引き止めるべきだった

ノル プッチャバッソヤヘ
널 잡았어야 해
君を引き止めるべきだった

オディソブト ムンジェイン ゴルッカ
어디서부터 문제인 걸까
どこから問題だったのだろうか

ノワ ネ イビョルン
너와 내 이별은
君と僕の別れは

オディソブト イビョリン ゴルッカ
어디서부터 이별인 걸까
どこから別れだったのだろうか

ノワ ネ サランウン
너와 내 사랑은
君と僕の愛は

プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해
引き止めるべきだった

ノル プッチャバッソヤヘ
널 잡았어야 해
君を引き止めるべきだった

オディソブト サランイン ゴルッカ
어디서부터 사랑인 걸까
どこから愛だったのだろうか

ノワ ネ ウンミョンウン
너와 내 운명은
君と僕の運命は

オディカジガ ウンミョンイン ゴルッカ
어디까지가 운명인 걸까
どこまでが運命なのかな

ノワ ネ サランウン
너와 내 사랑은
君と僕の愛は



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해 - 아스트로(ASTRO)
引き止めるべきだった


プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해
引き止めるべきだった

プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해
引き止めるべきだった

ニガ ポゴ シポ
네가 보고 싶어
君に会いたい

マミ アパ
맘이 아파
心が痛い

ヌン オヌン キョウルパミオッソッチ
눈 오는 겨울밤이었었지 oh no
雪が降る冬の夜だった

アムゴット ヘジュル ス オプソットン ナ
아무것도 해줄 수 없었던 나
何もしてあげられなかった僕

you don't cry cry cry

トラソヌン ネ マム アパ
돌아서는 내 맘 아파 yeah
背を向ける僕の心 痛い

ナル イヘヘンダミョ トラソネ
날 이해한다며 돌아서네
僕を理解すると背を向けたね

ヌンムルド フルリジ アンヌン ニガ
눈물도 흘리지 않은 네가
涙も流さなかった君が

ナン ノム ミウォ
난 너무 미워
僕はとても憎い

クッテマン センガカミョン
그때만 생각하면
あの時のことを考えたら

ナド ニガ
나도 네가
僕も君が

ノム シロ
너무 싫어
とても嫌だ

チャックマン ニガ センガンナ
자꾸만 네가 생각나
何度も君を思い出す

プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해
引き止めるべきだった

ノル プッチャバッソヤヘ
널 잡았어야 해
君を引き止めるべきだった

ノエ ク ヨクシムド
너의 그 욕심도
君のその欲も

イヘ ハルケ トラワ
이해 할게 돌아와
理解するよ 戻ってきて

ノル カムダンハギエ
널 감당하기에
君を耐えるのに

ノム モジャラッキエ
너무 모자랐기에
とても未熟だったから

ットナヤマン ヘットン イユ
떠나야만 했던 이유
離れなきゃならなかった理由

イジェン アル コッ カタ
이젠 알 것 같아
今は分かりそう

Alright girl

パメ トンファハミョ
밤에 통화하며
夜に電話しながら

ノワ チャメ トゥルゴ
너와 잠에 들고
君と眠りについて

ニガ アパハミョン
네가 아파하면
君が苦しがったら

ネガ ヤク サ トゥルゴ
내가 약 사 들고
僕が薬を買ってきて

チプ アペソ ポジャ
집 앞에서 보자
家の前で会おうと

トク ハミョン ミアンハゲ
톡 하면 미안하게
メールしたら申し訳なさそうに

ウェ イレ
왜 이래
どうして

ニガ アン アパヤ
네가 안 아파야
君が苦しまないからこそ

マミ ノヨ
맘이 놓여 baby
安心できる

ノワ カチ カットン ゴットゥル チナミョン
너와 같이 갔던 곳들 지나면
君と一緒に行ったところを過ぎたら

ナン コギソ
난 거기서
僕はそこで

カマニ モムチョジゲ トェ
가만히 멈춰지게 돼
じっと止まってしまう

ピルルムカチ ノエ キオギ ナミョン
필름같이 너의 기억이 나면
フィルムのように君を思い出したら

ノル トウクト
널 더욱더
君にさらにより

ポゴ シポジョ スルプゲ
보고 싶어져 슬프게
会いたくなるんだ 悲しく

ウリ マジマゲ プヮットン ヨンファ
우리 마지막에 봤던 영화
僕たち最後に見た映画

ピ オヌン チャンミョングァ
비 오는 장면과
雨が降る場面と

カタッソッチ
같았었지 oh no
同じだったね

ムピョジョンハン オルグルロ
무표정한 얼굴로
無表情な顔で

ヘットン インサ
했던 인사
した挨拶

never say goodbye

ミドゥル スガ オプソ アパ
믿을 수가 없어 아파 yeah
信じられない 苦しい

チブロ トラガヌン コリエソ
집으로 돌아가는 거리에서
家に帰る道で

ハムッケハン チュオクドゥリ
함께한 추억들이
共にした想い出が

ヨンファチョロム ットオルネ
영화처럼 떠오르네
映画のように浮かぶね

クッテマン センガカミョン
그때만 생각하면
あの頃を思い出したら

ナド ネガ パボ ガタ
나도 내가 바보 같아
僕も自分がバカみたいだ

チャックマン ヌンムリ ナジャナ
자꾸만 눈물이 나잖아
何度も涙が出るじゃない

プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해
引き止めるべきだった

ノル プッチャバッソヤヘ
널 잡았어야 해
君を引き止めるべきだった

ノエ ク ヨクシムド
너의 그 욕심도
君のその欲も

イヘ ハルケ トラワ
이해 할게 돌아와
理解するよ 戻ってきて

ノル カムダンハギエ
널 감당하기에
君を耐えるのに

ノム モジャラッキエ
너무 모자랐기에
とても未熟だったから

ットナヤマン ヘットン イユ
떠나야만 했던 이유
離れなきゃならなかった理由

イジェン アル コッ カタ
이젠 알 것 같아
今は分かりそう

ニガアンムキョジョットン
네가 남겨줬던
君が残してくれた

チャグン ソンムル ハナ
작은 선물 하나
小さなプレゼント一つ

モドゥン ゲ ピョネボリン ナ
모든 게 변해버린 나
すべてあが変わってしまった僕

マジマク インサド ナン
마지막 인사도 난
最後の挨拶も僕は

ハジド モテッチャナ
하지도 못 했잖아
出来なかったじゃないか

If I have one more chance
Baby please take my hand

プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해
引き止めるべきだった

ノル プッチャバッソヤヘ
널 잡았어야 해
君を引き止めるべきだった

ノエ ク ヨクシムド
너의 그 욕심도
君のその欲も

イヘ ハルケ トラワ
이해 할게 돌아와
理解するよ 戻ってきて

ノル カムダンハギエ
널 감당하기에
君を耐えるのに

ノム モジャラッキエ
너무 모자랐기에
とても未熟だったから

ットナヤマン ヘットン イユ
떠나야만 했던 이유
離れなきゃならなかった理由

イジェン アル コッ カタ
이젠 알 것 같아
今は分かりそう

プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해
引き止めるべきだった

ノル プッチャバッソヤヘ
널 잡았어야 해
君を引き止めるべきだった

オディソブト ムンジェイン ゴルッカ
어디서부터 문제인 걸까
どこから問題だったのだろうか

ノワ ネ イビョルン
너와 내 이별은
君と僕の別れは

オディソブト イビョリン ゴルッカ
어디서부터 이별인 걸까
どこから別れだったのだろうか

ノワ ネ サランウン
너와 내 사랑은
君と僕の愛は

プッチャバッソヤヘ
붙잡았어야 해
引き止めるべきだった

ノル プッチャバッソヤヘ
널 잡았어야 해
君を引き止めるべきだった

オディソブト サランイン ゴルッカ
어디서부터 사랑인 걸까
どこから愛だったのだろうか

ノワ ネ ウンミョンウン
너와 내 운명은
君と僕の運命は

オディカジガ ウンミョンイン ゴルッカ
어디까지가 운명인 걸까
どこまでが運命なのかな

ノワ ネ サランウン
너와 내 사랑은
君と僕の愛は



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます