★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
緑豆の花 異夢 夏よ 絶対彼氏 ただ 風が吹く パフューム 補佐官 義理の母 朝鮮生存記 アスダル 検法男女2 60日 太陽 ホテル

卒業 - キム・ドンリュル 歌詞和訳

キム・ドンリュル(김동률)《♂》
10 /28 2018
チョロプ
졸업 - 김동률
卒業
作詞作曲:김동률
リクエスト頂いた曲です♪
チョロプ
졸업 - 김동률
卒業


オンジェ マンナッソンヌンジ
언제 만났었는지
いつ会ったのか

イジェヌン ヘオジョヤ ハネ
이제는 헤어져야 하네
もう別れなきゃいけないね

オルグルン パルジマン
얼굴은 밝지만
顔は明るいけど

ウリ チョジュン ヌンピチュロ
우리 젖은 눈빛으로
僕たちの濡れた目で

エッソ ウスム チンネ
애써 웃음 짓네
必死に笑みを浮かべるね

セウォリ チナミョン フク
세월이 지나면 혹
歳月が流れればひょっとして

ウリ チュオク イジョジルッカブヮ
우리 추억 잊혀질까봐
僕たちの想い出忘れられそうで

クンシムスロン オルグルロ
근심스런 얼굴로
心配そうな顔をして

ソロ ハン ボン ウソポゴン
서로 한 번 웃어보곤
お互いに笑い合えば

イネ コゲ スギネ
이내 고개 숙이네
すぐに顔を下げるね

ウリエ ックムド オンジェンガヌン
우리의 꿈도 언젠가는
僕たちの夢もいつかは

ットナガゲッチ セウォリ チナミョン
떠나가겠지 세월이 지나면
離れるだろう 歳月が過ぎたら

ヒムドゥルギマナン ナエ ナナルドゥリ
힘들기만한 나의 나날들이
大変そうな僕の日々が

サラオン マンクム
살아온 만큼
生きてきた分だけ

タシ フルル ッテ
다시 흐를 때
また流れる時

ムンドゥク トィドラ ポゲッチ
문득 뒤돌아 보겠지
ふと後戻りしてみるだろう

パレジョ カヌン ナエ ックムル
바래져 가는 나의 꿈을
褪せてゆく僕の夢を

チャジュリョ ヘッスル ッテ
찾으려 했을 때
探そうとしたとき

センガカゲッチ
생각하겠지
考えるだろう

オリン シジョル ハムッケ ヘットン
어린 시절 함께 했던
幼い時期共にした

ウリドゥレ チュオクドゥルル
우리들의 추억들을
僕たちの想い出を

(ク オリン ナルドゥルル)
(그 어린 날들을)
(その幼い日々を)

フムタン ウスムル
흐뭇한 웃음을
ほほえましい笑みを

チウミョ ララ
지으며 라라......
浮かべながら


※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください

続きを読む

このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

Contact - キム・ドンリュル 歌詞和訳

キム・ドンリュル(김동률)《♂》
10 /27 2018
Contact - 김동률
作詞作曲:김동률
リクエスト頂いた曲です♪
Contact - 김동률

ノル チョムロ スチン スンガン
널 첨으로 스친 순간
君を初めてかすめた瞬間

チョルロ モドゥン シガニ モムチョッコ
절로 모든 시간이 멈췄고
自ずとすべての時間が止まったし

ソロ タルン クェドエソ トルドン
서로 다른 궤도에서 돌던
それぞれ違う軌道で回った

イルム モルル ピョリ
이름 모를 별이
名前も知らない星が

スクマン ニョン マネ
수억만 년 만에
数億万年ぶりに

マンナヌン スンガン
만나는 순간
出会う瞬間

ネ モミ カビョウォジョ
내 몸이 가벼워져
僕の体が軽くなって

トゥ パルックチュン
두 발끝은
二つのつま先は

オヌセ ットオルゴ
어느새 떠오르고
いつのまにか浮かび上がって

ックンド オムヌン
끝도 없는
終わりもない

オドゥム ソク ソリド オムヌン
어둠 속 소리도 없는
暗闇の中 音もない

クゴセソ タシ ッケオナ
그곳에서 다시 깨어나
そこで再び目覚める

ナルル トドゥムヌン
나를 더듬는
僕を探る

ソンキル ク ハナマヌロ
손길 그 하나만으로
手 その一つだけで

サラ イッタヌン ゴル
살아 있다는 걸
生きているってことを

ナン アル ス イッソッチ
난 알 수 있었지
僕は分かったよ

チュムチュドゥシ ットダニヌン
춤추듯이 떠다니는
踊るように漂う

ウリル タレ トゥィッミョニ ピチュゴ
우릴 달의 뒷면이 비추고
僕たちを月の裏面が照らして

イデロ タ ックンナボリョッスミョン
이대로 다 끝나버렸으면
このまま全部終わってしまったら

ウリ セサンエソン
우리 세상에선
僕たちの世界では

イミ スチョン ニョニ フルロットラド
이미 수천 년이 흘렀더라도
すでに数千年が流れたとしても

ナン アムド アニゴ
난 아무도 아니고
僕は誰でもなくて

ニ ソンックテソ タシ テオナゴ
네 손끝에서 다시 태어나고
君の指先で生まれ変わる

ニガ ナルル マンジミョン
네가 나를 만지면
君が僕に触れたら

ク チャグン ウルリメ
그 작은 울림에
その小さな響きに

ソンサルカチ モルリ トィンキョソ
쏜살같이 멀리 튕겨서
一目散に跳ね返されて

ピチ タルン コンガネ
빛이 다른 공간에
光が違う空間に

ハンオプシ ットドルダ
한없이 떠돌다
限りなく飛び交って

タボリルチ モルラ
타버릴지 몰라
燃えてしまうかもしれない

ノル ノッチジ アンケ
널 놓치지 않게
君を逃さないように

ナルル チャバ ジョ
나를 잡아 줘
僕をつかまえてよ

ニガ ナルル プルミョン
네가 나를 부르면
君が僕を呼んだら

ナン タシ テオナ
난 다시 태어나
僕は生まれ変わる

ノエ ムオスロ イルキョジゴ
너의 무엇으로 읽혀지고
君の何かで読まれて

ット タルン ニガ トェゴ
또 다른 네가 되고
また別の君になって

ウリル ックロタンギヌン
우릴 끌어당기는
僕たちを引き寄せる

ク オットン ポプチクド
그 어떤 법칙도
そのどんな法則も

モドゥ コスルン チェ
모두 거스른 채
すべて逆らったまま

ハナガ トェル コヤ
하나가 될 거야.
一つになるよ

クロケ ウリン サラジル コヤ
그렇게 우린 사라질 거야.
そうして僕たちは消えるんだ



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください

続きを読む

このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

歌 - キム・ドンリュル 歌詞和訳

キム・ドンリュル(김동률)《♂》
10 /26 2018
ノレ
노래 - 김동률

作詞作曲:김동률
リクエスト頂いた曲です♪
ノレ
노래 - 김동률


ックンオプシ ナリ ソ イットン
끝없이 날이 서 있던
果てしなく刃が鋭くなっていた

オリル チョク ナエ ソウォヌン
어릴 적 나의 소원은
幼い頃僕の願いは

ネ モメ トドゥン
내 몸에 돋은
僕の体に出た

カシドゥル トロネゴ
가시들 털어내고
トゲを払いのけて

ムォドゥン タ クェンチャナジヌン
뭐든 다 괜찮아지는
何でも全部大丈夫になる

オルニ ッパルリ トェヌン ゴッ
어른이 빨리 되는 것
大人に早くなること

モドゥン ゴル アヌル ス イッコ
모든 걸 안을 수 있고
すべてを抱くことが出来て

ホンジャド クロクチョロク クェンチャヌン
혼자도 그럭저럭 괜찮은
一人でもそれなりにいい

クロン ナイガ トェミョン
그런 나이가 되면
そんな年齢になったら

プルッスク チムル ックリョ
불쑥 짐을 꾸려
いきなり荷造りして

セサン ックン
세상 끝
この世の果ての

オディロ ットナリョ ヘッチ
어디로 떠나려 했지
どこかへ離れようとしたよ

サラムル ットナボネゴ
사람을 떠나보내고
人から離れて

シガヌル ットナボネゴ
시간을 떠나보내고
時間を送って

クロケ コッタ ボミョン オンジェンガ
그렇게 걷다 보면 언젠가
そうして歩いてみたらいつか

ホルカブンヘジル チュル アランネ
홀가분해질 줄 알았네
気楽になると思ってた

クレド トェヌン ナイガ
그래도 되는 나이가
それでもいい年齢が

オヌドッ フルッチョク チナゴ
어느덧 훌쩍 지나고
いつのまにかふわりと過ぎて

ウェンマンハン イレン クムッチョクド
웬만한 일엔 꿈쩍도
ちょっとのことではびくとも

アヌル ス イッケ トェボリョッチマン
않을 수 있게 돼버렸지만
出来ないようにしてしまったけど

ムナナン ハルエ ックテ
무난한 하루의 끝에
無難な一日の果てに

ムンドゥク クリウォジン
문득 그리워진
ふと恋しくなった

ピョジョケットン ナ
뾰족했던 나
とがっていた僕

ク パンチャギミ
그 반짝임이
その輝きが

サラムル ットナボネゴ
사람을 떠나보내고
人から離れて

シガヌル ットナボネゴ
시간을 떠나보내고
時間を送って

クロケ コッタ ボニ イジェヤ
그렇게 걷다 보니 이제야
そうして歩いてみたら今や

ナルル マジュ ポゲ トェオンネ
나를 마주 보게 되었네
自分と向かい合うことになったよ

ウロ ポン チョク オンジェンガ
울어 본 적이 언젠가
泣いてみたことがいつか

プンノハン チョギ オンジェヨッソットンガ
분노한 적이 언제였었던가
怒ったことがいつだったのか

サラ イッタヌン ヌッキメ
살아 있다는 느낌에
生きているという感じで

ポクチャオルラトン ゲ オンジェンガ
벅차올랐던 게 언젠가
いっぱいだったのがいつか

トゥンクッケ トェジ マルラゴ
둥글게 되지 말라고
丸くなるなと

ウルトゥンプルトゥン ヘットン
울퉁불퉁했던
ごつごつした

ナルル サランヘットン ノマンクミナ
나를 사랑했던 너만큼이나
僕を愛した君ほど

オッチョミョン ナド クレッスルッカ
어쩌면 나도 그랬을까
もしかしたら僕もそうだったのだろうか

ウロ ポン チョク オンジェンガ
울어 본 적이 언젠가
泣いてみたことがいつか

プンノハン チョギ オンジェンガ
분노한 적이 언젠가
怒ったことがいつか

サラ イッタヌン ヌッキム カドゥキ
살아 있다는 느낌 가득히
生きているという感じでいっぱい

ポクチャオルラットン ゲ オンジェンガ
벅차올랐던 게 언젠가
いっぱいだったのがいつか

ネ アネ ウルッチルコリヌン
내 안의 움찔거리는
僕の中のびくっとする

クゲ ムォンジヌン
그게 뭔지는
それが何なのか

モルラド チョゴド
몰라도 적어도
分からなくても少なくとも

ト イサン サムキジ アンコ
더 이상 삼키지 않고
これ以上飲み込まないで

アグル ッスドゥッ ノレル プルンダ
악을 쓰듯 노랠 부른다
わめくように歌を歌う

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください

続きを読む

このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

古い歌 - キム・ドンリュル 歌詞和訳

キム・ドンリュル(김동률)《♂》
04 /01 2018
オレドェンノレ キム・ドンリュル
오래된 노래 - 김동률
古い歌
作詞作曲:김동률
リクエスト頂いた曲です♪
オレドェンノレ キム・ドンリュル
오래된 노래 - 김동률
古い歌

ウヨニ チャジャネン ナルグン
우연히 찾아낸 낡은 Tape
偶然に探し出した古い

ソゲ ノレル トゥロッソ
속에 노랠 들었어
中で歌を聞いた

ソトゥルン
서투른 Piano
不器用な

プップタン モクソリ
풋풋한 목소리
荒っぽい声

スマヌン チュオゲ ウスウチットン
수많은 추억에 웃음짓던
数多くの想い出に笑みを浮かべた

オンジェンガ ノエゲ センイル
언젠가 너에게 생일
いつか君に誕生日

ソンムルド マンドゥロジュン ノレ
선물로 만들어준 노래
プレゼントも作ってくれた歌

チョンスロン ピンチュエ
촌스런 반주에
やぼったい伴奏に

カサド オプチマン
가사도 없지만
歌詞もないけど

ノン アイチョロム
넌 아이처럼
君は子供のように

キッポヘッソッチ
기뻐했었지
喜んだんだよね

チンシミ タムキョソ
진심이 담겨서
真心が困って

ナエ マミ
나의 맘이
僕の心が

タ チョネジンダミョ
다 전해진다며
全部伝えると言って

カックム フノルゴリミョ
가끔 흥얼거리며
時々口ずさみながら

ヌンムルル フルリギド ヘッチ
눈물을 흘리기도 했지
涙を流したりもしたんだよね

オレドェン
오래된 Tape
古くなった

ソゲ クッテエ ネガ
속에 그때의 내가
の中にあの時の僕が

チャム プロウォソ クリウォソ
참 부러워서 그리워서
ホントに羨ましくて恋しくて

ウルダガ ウッタガ
울다가 웃다가
泣いては笑って

クジョ ハヨムオプシ
그저 하염없이
ただとめどなく

イ ノレル トゥッコマン イッケ トェ
이 노랠 듣고만 있게 돼
この歌を聞いてばかりいさせる

パボチョロム
바보처럼
バカみたいに

ノル ットナポネゴ
널 떠나보내고
君と別れて

コジンマルチョロム シガニ フルロソ
거짓말처럼 시간이 흘러서
嘘のように時間が流れて

ノエゲ クレンドゥッ
너에게 그랬듯
君にそうしたように

サラムドゥル アペソ
사람들 앞에서
みんなの前で

ナ ノレル
나 노랠
僕の歌を

トゥルリョチュゲ トェオッチ
들려주게 되었지
聞かせることになったよね

チャム サランヘッタゴ
참 사랑했다고
ホントに愛してると

アパッタゴ クリウォハンダゴ
아팠다고 그리워한다고
苦しかったと恋しがると

ウリエ チナン チュオゲ
우리 지난 추억에
僕たち過去の想い出に

キデオ ノレ ハル ッテマダ
기대어 노래 할 때마다
浸って歌を歌うたびに

ニ マミ オッテッスルッカ
니 맘이 어땠을까
君の心はどうだったのだろう

Radioエソ キルコリエソ
Radio에서 길거리에서
Radioから街頭で

トゥロッスル ッテ
들었을 때
聞いた時

ププルリョジン マムグァ
부풀려진 맘과
膨らんだ気持ちと

ックムミョジン マルドゥルロ
꾸며진 말들로
飾られた言葉で

ヘンヨ ノル
행여 널
もしかして君を

トゥ ボン オルリョッスルッカ
두 번 울렸을까
二回泣かせたのだろうか

チャム ミアネ
참 미안해
ホントにごめんね

イロケラド タシ
이렇게라도 다시
こうしてでもまた

ノエゲ タウルッカ
너에게 닿을까
君に届くかな

モジャラン マウメ
모자란 마음에
足りない心に

モジルケ ペトネットン マルドゥレ
모질게 뱉어냈던 말들에
ひどく吐き出した言葉に

ク オルマナ
그 얼마나
どれほど

ヒムドゥロ ヘッスルチ ウォ
힘들어 했을지 워-
苦しかったのか

オレドェン
오래된 Tape
古くなった

ソゲ クッテエ ネガ
속에 그때의 내가
の中にあの時の僕が

チャム プロウォソ クリウォソ
참 부러워서 그리워서
ホントに羨ましくて恋しくて

ウルダガ ウッタガ
울다가 웃다가
泣いては笑って

クジョ ハヨムオプシ
그저 하염없이
ただとめどなく

イ ノレル トゥッコマン イッケ トェ
이 노랠 듣고만 있게 돼
この歌を聞いてばかりいさせる

パボチョロム
바보처럼
バカみたいに

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください

続きを読む

このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

返事 - キム・ドンリュル 歌詞和訳

キム・ドンリュル(김동률)《♂》
03 /13 2018
タプチャン
답장 - 김동률
返事
作詞作曲:김동률
リクエスト頂いた曲です♪
タプチャン
답장 - 김동률
返事

ノム ヌジョボリョソ ミアン
너무 늦어버려서 미안
あまりに遅れてしまってごめん

ナ アルダシピ
나 알다시피
僕は知っての通り

チョム マニ ヌリョソ
좀 많이 느려서
ちょっととても遅れて

ミョッ ポニナ イルゴド
몇 번이나 읽어도
何度も読んでも

ナン ミドジジ アナンナ ブヮ
난 믿어지지 않았나 봐
僕は信じられなかったみたい

タブル アル ス オプトン チルムンドゥル
답을 알 수 없던 질문들
答えが分からなかった質問

タウムナレ マニ
다음날에 많이
次の日にはいっぱい

ウッキョジョヤジ
웃겨줘야지
笑わせてあげなくちゃ

ナン クレッソ
난 그랬어
僕はそうだった

チグム センガケ ポミョン クッテ
지금 생각해 보면 그때
今考えてみればあの時

ノン アンガンヒムル
넌 안간힘을
君はありったけの力を

ッスゴ イッソンヌンデ
쓰고 있었는데
ふりしぼっていたのに

ノル アラチュジ モタゴ
널 알아주지 못하고
君を知ることもなく

ト シルオプシ クルドン
더 실없이 굴던
さらにふざけてふるまった

ネ モスプ
내 모습
僕の姿

オルマナ パボ ガタッスルッカ
얼마나 바보 같았을까
どれほどバカだったのだろう

ネイル マシンヌン ゴ モクチャゴ
내일 맛있는 거 먹자고
明日美味しいものでも食べようと

ホク ヨンファラド ボルッカ
혹 영화라도 볼까
よかったら映画でもみようか

マルハドン ネガ
말하던 내가
って言ってた僕が

ナ クッテロ
나 그때로
僕はあの頃へ

タシ トラガ
다시 돌아가
また戻って行く

ニ アペ ソンダミョン
네 앞에 선다면
君の前に立ったら

ハゴ シプン マル
하고 싶은 말
言いたい言葉

ノムナ マンチマン
너무나 많지만
あまりにも多いけど

クニャン モンジョ ノル
그냥 먼저 널
ただ先に君を

ッコク アナ ポミョン
꼭 안아 보면
ぎゅっと抱きしめてみたら

アンドェルッカ
안될까
ダメかな

チャムシマニラド
잠시만이라도
少しの間だけでも

ナ クッテロ
나 그때로
僕はあの頃へ

タシ トラガル キフェガ トェンダミョン
다시 돌아갈 기회가 된다면
また戻れるチャンスがあるなら

クッテポダヌン
그때보다는
あの時よりは

チャラル ス イッスルッカ
잘할 수 있을까
もっとうまく出来るだろうか

ムォンガ クロルドゥタン
뭔가 그럴듯한
何かもっともらしい

マルル ハゴ シプンデ
말을 하고 싶은데
話をしたいのに

ナ アムレド
나 아무래도
僕はどうしても

ネイル ッスルッカ ブヮ
내일 쓸까 봐
明日使いそうで

ット ミルルレ
또 미룰래
また先送りするよ

ノム オレ コルリョソ ミアン
너무 오래 걸려서 미안
長くかかりすぎてごめん

チグム ポネドラド オチャピ
지금 보내더라도 어차피
今送ってもどうせ

タルラジル コン オプタゴ
달라질 건 없다고
変わるべきものはないと

ノン イミ モドゥ イジョッタゴ
넌 이미 모두 잊었다고
君はすでに全部忘れたと

イルクチド アヌル ス イッケッチ
읽지도 않을 수 있겠지
読むこともなくなるだろ

ソルマ クロル リガ オプタゴ
설마 그럴 리가 없다고
まさかそんなはずないと

モルン チョケットン
모른 척했던
知らないふりした

シガニ ノム キロッソ
시간이 넘 길었어
時間があまりに長かった

ナ クッテロ
나 그때로
僕はあの頃へ

タシ トラガ
다시 돌아가
また戻って行く

ノル ポル ス イッテド
널 볼 수 있대도
君に会っているときも

オッチョミョン ナヌン
어쩌면 나는
もしかしたら僕は

クデロイルチ モルラ
그대로일지 몰라
そのままかもしれない

サシル アジクト
사실 아직도
ホントは今も

ク タブン チャル モルゲッソ
그 답은 잘 모르겠어
その答えはよく分からない

ミアンハダン マルン アナルレ
미안하단 말은 안 할래
ごめんって言葉は言わないよ

クロケ トェミョン
그렇게 되면
そうなったら

ックンナボリルッカ ブヮ
끝나버릴까 봐
終わってしまいそうで

クロゴ ナミョン
그러고 나면
そうしたら

ットクカタジルッカ ブヮ
똑같아질까 봐
全く同じになりそうで

ホクシ ネイリミョン
혹시 내일이면
もしかしたら明日には

アルゲ トェル ス イッスルッカ
알게 될 수 있을까
知ることになるかな

オヌルド ミルゴ ネイルド
오늘도 미루고 내일도
今日も先送りして明日も

ミルゲッチマン
미루겠지만
先送りするだろうけど

ノル サランヘ
널 사랑해
君を愛してる

イゴンマヌロン
이것만으론
これだけでは

アン ドェルチ モルラド
안 될지 몰라도
ダメかもしれなくても

イジェ ワソ
이제 와서
今さら

タ ソヨンオプトラド
다 소용없더라도
全部無駄かもしれないけど

イゴッバッケ ナン
이것밖에 난
これしか僕は

ハゴプン マリ オムヌンデ
하고픈 말이 없는데
言うことがないのに

サランヘ ノルル
사랑해 너를
愛してる 君を


※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください

続きを読む

このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

感謝 - キム・ドンリュル 歌詞和訳

キム・ドンリュル(김동률)《♂》
05 /09 2017
カムサ キム・ドンリュル
감사 - 김동률
感謝
作詞作曲:김동률
リクエスト頂いた曲です♪
カムサ キム・ドンリュル
감사 - 김동률
感謝


ヌンブシン ヘッサリ
눈부신 햇살이
眩しい日差しが

オヌルド ナルル カムッサミョン
오늘도 나를 감싸면
今日も僕を包んだら

サライッスムル クデエゲ
살아있음을 그대에게
生きていることを君に

ナン カムサヘヨ
난 감사해요
僕は感謝するよ

プジョカン ネ マウミ
부족한 내 마음이
未熟な僕の心が

ヌグエゲ ヒミ トェル チュルン
누구에게 힘이 될 줄은
誰かの力になるなんて

クゴンマヌロ クデエゲ
그것만으로 그대에게
それだけで君に

ナン カムサヘヨ
난 감사해요
僕は感謝するよ

ク ヌグエゲド
그 누구에게도
その誰にも

ネ サラミラン ゲ
내 사람이란 게
僕の人というのが

プックロプチ アンケ
부끄럽지 않게
恥ずかしくないように

ナル サランハルケヨ
날 사랑할게요
僕を愛すよ

タン ハンスガネド
단 한순간에도
ただの一瞬も

ナエ サラミラン ゴル
나의 사람이란 걸
僕の人だってことを

フフェハジ アントロク
후회하지 않도록
後悔しないように

クデル サランハルケヨ
그댈 사랑할게요
君を愛すよ

イジェヤ ナ テオナン
이제야 나 태어난
やっと僕が生まれた

ク イユルル
그 이유를
その理由を

アル コンマン カタヨ
알 것만 같아요
知ったみたいだ

クデルル マンナ
그대를 만나
君に出会って

チュクトロク サランハヌン ゲ
죽도록 사랑하는 게
死ぬほど愛することが

ヌグンガ チュシン
누군가 주신
誰かがくれた

ナエ ヘンボギジョ
나의 행복이죠
僕の幸せだよ

ク オディエソド
그 어디에서도
そのどこでも

ナエ サラミンゴル
나의 사람인걸
僕の人だってことを

イジュル ス オプトロク
잊을 수 없도록
忘れられないように

ヌル ハムッケ ハルケヨ
늘 함께 할게요
いつも一緒にいるよ

タン ハンスガネド
단 한순간에도
ただの一瞬も

ナエ サランイラン ゴル
나의 사랑이란 걸
僕の愛だってことを

アパハジ アントロク
아파하지 않도록
苦しがらないように

クデル サランハルケヨ
그댈 사랑할게요
君を愛すよ

イジェヤ ナ テオナン
이제야 나 태어난
やっと僕が生まれた

ク イユルル
그 이유를
その理由を

アル コンマン カタヨ
알 것만 같아요
知ったみたいだ

クデルル マンナ
그대를 만나
君に出会って

チュクトロク サランハヌン ゲ
죽도록 사랑하는 게
死ぬほど愛することが

ヌグンガ チュシン
누군가 주신
誰かがくれた

ネ サルメ イユラミョン
내 삶의 이유라면
僕の人生の理由なら

ト イサン ナエゲン
더 이상 나에겐
これ以上僕には

ク ムオット パラルケ オプソヨ
그 무엇도 바랄게 없어요
何も望むものはないよ

チグムチョロムマン ソロルル
지금처럼만 서로를
今のようにお互いを

サランハヌン ゲ
사랑하는 게
愛することが

ヌグンガ チュシン
누군가 주신
誰かがくれた

ナエ ヘンボギジョ
나의 행복이죠
僕の幸せだよ

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください

続きを読む

このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

同行 - キム・ドンニュル 歌詞和訳

キム・ドンリュル(김동률)《♂》
10 /20 2016
トンヘン キム・ドンニュル
동행 - 김동률
同行
作詞作曲:김동률
リクエスト頂いた曲です♪

スンヒ& B1A4Ver
トンヘン キム・ドンニュル
동행 - 김동률
同行


ノン ウルゴ イッソッコ
넌 울고 있었고
君は泣いていて

ナン ムリョケッチ
난 무력했지
僕は無力だったよ

スルプムル ポドゥムギエン
슬픔을 보듬기엔
悲しみを支えるには

ネガ ノム チャガソ
내가 너무 작아서
僕があまりにも小さくて

クロン ノル パラボミョ
그런 널 바라보며
そんな君を見ながら

ネガ ハル ス イットン ゴン
내가 할 수 있던 건
僕が出来たのは

ハムッケ ウロチュギ
함께 울어주기
一緒に泣いてあげること

クゴルロ ノヌン チュンブンハダゴ
그걸로 너는 충분하다고
それで君は十分だと

エッソ チャム コマプタゴ
애써 참 고맙다고
必死にホント有難うと

ネゲ マレチュジマン
내게 말해주지만
僕に言ってくれるけど

オクチロ クェンチャヌン チョク
억지로 괜찮은 척
無理に平気なふり

ウスム チンヌン ノル ウィヘ
웃음 짓는 널 위해
笑みを浮かべる君のために

ナン ムォル ハル ス イッスルッカ
난 뭘 할 수 있을까
僕は何が出来るだろうか

ニ アペ ノヨ ジン
네 앞에 놓여 진
君の前に置かれた

セサンエ チムル テシン
세상의 짐을 대신
この世の荷物の代わりに

タ チルボジル ス オプスルチヌン
다 짊어질 수 없을지는
すべて担えることができるかは

モルラド
몰라도
分からなくても

トゥリソ ハムッケラミョン
둘이서 함께라면
二人一緒なら

ナヌル スガ イッスルッカ
나눌 수가 있을까
分かち合えるかな

クロル ス イッスルッカ
그럴 수 있을까
そう出来るかな

ッコク チャブン トゥ ソニ
꼭 잡은 두 손이
しっかりつかんだ両手が

ナエ オッケガ
나의 어깨가
僕の肩が

ニ アエ アプムル
네 안의 아픔을
君の中の痛みを

タ トロネジン モテド
다 덜어내진 못해도
すべて取り出せなくても

チムムギ プックロウォ
침묵이 부끄러워
沈黙が恥ずかしくて

プルヌン イ ノレロ
부르는 이 노래로
歌うこの歌で

チャムシ ノルル
잠시 너를
しばらく君を

スュィプケ ハル ス イッタミョン
쉬게 할 수 있다면
休ませることが出来るなら

ノエ スルプミ イジョジヌン ゲ
너의 슬픔이 잊혀지는 게
君の悲しみが忘れられるよう

チキョマン ポギエヌン
지켜만 보기에는
見つめるのには

ネガ ノム アパソ
내가 너무 아파서
僕がとても辛くて

ホンジャソ ッシクッシカン チョク
혼자서 씩씩한 척
一人で気丈なふりして

キョンディリョヌン ノル ウィヘ
견디려는 널 위해
耐えようとする君のために

ナン ムォル ハル ス イッスルッカ
난 뭘 할 수 있을까
僕は何が出来るだろうか

ニ アペ ノヨ ジン
네 앞에 놓여 진
君の前に置かれた

セサンエ ピョギ
세상의 벽이
この世の壁が

カヌミ アンドェル マンクム
가늠이 안될 만큼
ねらいにならない程

アドゥカゲ ノパド
아득하게 높아도
遠く高くても

トゥリソ ハムッケラミョン
둘이서 함께라면
二人で一緒なら

オルル スガ イッスルッカ
오를 수가 있을까
上がれるだろうか

クロル ス イッスルッカ
그럴 수 있을까
そう出来るかな

ネイルン チョグム ト
내일은 조금 더
明日はもう少し

ナウル コラゴ
나을 거라고
ましだろうと

ナ ヨクシ チャシン イッケ
나 역시 자신 있게
僕はやっぱり自信あるように

マレジュル スン オプソド
말해줄 순 없어도
言ってあげられなくても

ウリガ ハムッケ ハヌン
우리가 함께 하는
私たちが一緒にする

オヌリ ット モイミョン
오늘이 또 모이면
今日がまた集まれば

オンジェンガヌン ノモソル ス イッスルッカ
언젠가는 넘어설 수 있을까
いつかは越えられるかな

ニ アペ ノヨ ジン
네 앞에 놓여 진
君の前に置かれた

セサンエ キリ
세상의 길이
この世の道が

ックンオプシ トィオンキョジン
끝없이 뒤엉켜진
果てしなく絡まった

ミロイルチ モルラド
미로일지 몰라도
迷路かも知らないけれど

トゥリソ ハムッケラミョン
둘이서 함께라면
二人一緒なら

タウル スガ イッスルッカ
닿을 수가 있을까
届くだろうか

クロル ス イッスルッカ
그럴 수 있을까
そう出来るかな

オンジェンガ ムオシ
언젠가 무엇이
いつか何かが

ウリル ット モムチュゲ ハゴ
우릴 또 멈추게 하고
僕たちをまた立ち止まらせて

カドン キル トェドラソ
가던 길 되돌아서
行った道を引き返して

ヘメイゲ ハヨド
헤매이게 하여도
彷徨っても

ムクムキ ハムッケ ハヌン
묵묵히 함께 하는
黙黙と一緒にする

マウミ タ モイミョン
마음이 다 모이면
心がすべて集まったら

オンジェンガヌン タタルル ス イッスルッカ
언젠가는 다다를 수 있을까
いつかはたどりつけるかな

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください

続きを読む

このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

↑クリックすると一覧が表示されます