★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
恋愛面倒 アリス ブラームス 青春記録 秘密の男 18アゲイン 場合 サムグァン ヤバイ妻 九尾 ゾンビ ドドソソ 私生活 スタート

flashback - Besweet 歌詞和訳

Besweet(비스윗)《♀》
09 /28 2020
flashback - 비스윗 (Besweet)
作詞作曲:비스윗 (Besweet)
リクエスト頂いた曲です♪
flashback - 비스윗 (Besweet)

アチム イルッチク イロナ
아침 일찍 일어나
朝早く起きて

ウルゴ シプン ナルル イルキョ
울고 싶은 나를 일으켜
泣きたい自分を起こして

ソンックンブト マビルル
손끝부터 마비를
指先から麻痺を

プロネリョ モグン ムレ
풀어내려 먹은 물에
解いて飲んだ水に

モギ メオ
목이 메어
喉がつまって

マジマゲ モムン ゴッ
마지막에 머문 곳
最後に留まったところ

ムッコ シプン ナルル イルキョ
묻고 싶은 나를 일으켜
聞きたい自分を起こして

モリックッカジ モドゥン ゴル
머리끝까지 모든 걸
頭のてっぺんまですべてを

チャムギエ チェウン ムレ
잠기게 채운 물에
浸るように満たした水に

スミ マキョ
숨이 막혀
息が詰まる

イゲ ックンナガヌン ハナヨ
이게 끝나기는 하나요
これで終わりなのかな?

タルル セゴ チチョ
달을 세고 지쳐
月を数えて疲れて

チャミ トゥヌン パム
잠이 드는 밤
眠る夜

パロ オジェ イルド イッコソ
바로 어제 일도 잊고서
つい昨日のことも忘れて

ヘルル チャッコ ミチョ
해를 찾고 미쳐
太陽を求めて狂って

ヘメイヌン パム
헤매이는 밤
彷徨う夜

パスロジン ネ ックミ
바스러진 내 꿈이
砕けた私の夢が

クドボリン ネ マウミ
굳어버린 내 마음이
固まってしまった私の心が

ケソク カヌロジン ネ スミ
계속 가늘어진 내 숨이
細くなって行く私の息が

モムチョボリン ネ シガニ
멈춰버린 내 시간이
止まってしまった私の時間が

チャガウォジン ネ ヌニ
차가워진 내 눈이
冷たくなった私の目が

ポゴウォジン ネ パレミ
버거워진 내 바램이
手に余る私の望みが

ノム サソヘジン スルプミ
너무 사소해진 슬픔이
あまりにも些細な悲しみが

テダネジン ネ チムムギ
대단해진 내 침묵이
すごい私の沈黙が

ノエゲン ムギガ トェヨ
너에겐 무기가 돼요
あなたには武器になるわ

カチガ ノムチル イェギガ トェヨ
가치가 넘칠 얘기가 돼요
価値が溢れる話になるわ

トェッチョ
됐죠
いいでしょ

ナン イミ オムヌンデ
난 이미 없는데
私はもういないのに

マジモテ コロガ
마지못해 걸어가
仕方なく歩いて行く

モッコ シプン スムル ネスュィオ
멎고 싶은 숨을 내쉬어
止めたい息を吐きだして

パルックンブト コトンウル
발끝부터 고통을
つま先から苦痛を

ミロネリョ モムチュン コルム
밀어내려 멈춘 걸음
押しのけて止まった歩み

ソゲ カチョ
속에 갇혀
中に閉じ込められて

ナジマギ トヘネン
나지막이 토해낸
ぼそっと吐き出した

イッコ シプン マルル ットウルリョ
잊고 싶은 말을 떠올려
忘れたい話を思い出させて

ハヌル ックッカジ チェウォジン
하늘 끝까지 채워진
空の果てまで満たされた

ハンスムル ノギン コンギ
한숨을 녹인 공기
ため息を溶かした空気

スミ マキョ
숨이 막혀
息が詰まる

イゲ イジョジギン ハナヨ
이게 잊혀지긴 하나요
これが忘れられるかな?

タルル セゴ チチョ
달을 세고 지쳐
月を数えて疲れて

チャミ トゥヌン パム
잠이 드는 밤
眠る夜

ナロ サラジル スン オムナヨ
나로 살아질 순 없나요
私で生きられないのかな?

ヘルル チャッコ ミチョ
해를 찾고 미쳐
太陽を求めて狂って

ヘメイヌン パム
헤매이는 밤
さ迷う夜

パスロジン ネ ックミ
바스러진 내 꿈이
砕けた私の夢が

クドボリン ネ マウミ
굳어버린 내 마음이
固まってしまった私の心が

ケソク カヌロジン ネ スミ
계속 가늘어진 내 숨이
細くなって行く私の息が

モムチョボリン ネ シガニ
멈춰버린 내 시간이
止まってしまった私の時間が

チャガウォジン ネ ヌニ
차가워진 내 눈이
冷たくなった私の目が

ポゴウォジン ネ パレミ
버거워진 내 바램이
手に余る私の望みが

ノム サソヘジン スルプミ
너무 사소해진 슬픔이
あまりにも些細な悲しみが

テダネジン ネ チムムギ
대단해진 내 침묵이
すごい私の沈黙が

ノエゲン ムギガ トェヨ
너에겐 무기가 돼요
あなたには武器になるわ

カチガ ノムチル イェギガ トェヨ
가치가 넘칠 얘기가 돼요
価値が溢れる話になるわ

トェッチョ
됐죠
いいでしょ

ナン イミ オムヌンデ
난 이미 없는데
私はもういないのに

パスロジン ネ ックミ
바스러진 내 꿈이
砕けた私の夢が

クドボリン ネ マウミ
굳어버린 내 마음이
固まってしまった私の心が

ケソク カヌロジン ネ スミ
계속 가늘어진 내 숨이
細くなって行く私の息が

モムチョボリン ネ シガニ
멈춰버린 내 시간이
止まってしまった私の時間が

チャガウォジン ネ ヌニ
차가워진 내 눈이
冷たくなった私の目が

ポゴウォジン ネ パレミ
버거워진 내 바램이
手に余る私の望みが

ノム サソヘジン スルプミ
너무 사소해진 슬픔이
あまりにも些細な悲しみが

テダネジン ネ チムムギ
대단해진 내 침묵이
すごい私の沈黙が

パスロジン ネ ックミ
바스러진 내 꿈이
砕けた私の夢が

クドボリン ネ マウミ
굳어버린 내 마음이
固まってしまった私の心が

ケソク カヌロジン ネ スミ
계속 가늘어진 내 숨이
細くなって行く私の息が

モムチョボリン ネ シガニ
멈춰버린 내 시간이
止まってしまった私の時間が

チャガウォジン ネ ヌニ
차가워진 내 눈이
冷たくなった私の目が

ポゴウォジン ネ パレミ
버거워진 내 바램이
手に余る私の望みが

ノム サソヘジン スルプミ
너무 사소해진 슬픔이
あまりにも些細な悲しみが

テダネジン ネ チムムギ
대단해진 내 침묵이
すごい私の沈黙が

ノエゲン ムギガ トェヨ
너에겐 무기가 돼요
あなたには武器になるわ

カチガ ノムチル イェギガ トェヨ
가치가 넘칠 얘기가 돼요
価値が溢れる話になるわ

トェッチョ
됐죠
いいでしょ




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください

続きを読む

このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

眠るまで - Besweet 歌詞和訳

Besweet(비스윗)《♀》
09 /27 2020
チャムドゥルッカジマン
잠들때까지만 - 비스윗 (Besweet)
眠るまで
作詞作曲:비스윗 (Besweet)
リクエスト頂いた曲です♪
チャムドゥルッカジマン
잠들때까지만 - 비스윗 (Besweet)
眠るまで

セビョギ オンダ ヘド
새벽이 온다 해도
夜明けがくるとしても

ピョナムオプチ
변함없지
変わりないよね

アチムッカジ クェロウル ケ ポネ
아침까지 괴로울 게 뻔해
朝までくるまで苦しいに決まってる

ックムックヌン ヘンボギラン
꿈꾸는 행복이란
夢見るしあわせというのは

オッテンヌンジ
어땠는지
どうだったのか

キオクマジョド フリタンデ
기억마저도 흐릿한데
記憶さえもぼやけているのに

ネガ チャムドゥル ッテ
내가 잠들 때
私が眠るまで

ッカジ イッソ ジュルレ
까지 있어 줄래
いてくれる?

ニガ ネ スムル
네가 내 숨을
あなたが私の息を

テシン カリョガルレ
대신 가져갈래
代わりに持って行ってくれる?

ニガ ネ マジマグル
네가 내 마지막을
あなたが私の最後を

チキョ ジュルケ
지켜 줄래
守ってくれる?

ットナル ッテッカジン ウソジョ
떠날 때까진 웃어줘
離れるまで笑っててよ

チェバル ナルル ヨギ トゥゴ
제발 나를 여기 두고
どうか私をここにおいて

カジン マ
가진 마
行かないで

チェバル チャガウン ヌヌル
제발 차가운 눈으로
どうか冷たい眼差しで

ポジン マ
보진 마
見ないで

チェバル チグムン
제발 지금은
どうか今は

アプゲ ハジ マ
아프게 하지 마
苦しめないで

チャムドゥル ッテ
잠들 때
眠るまで

ッカジン ナマジョ ジョ
까진 남아줘 줘
傍にいてよ

チョンチョニ コロブヮド
천천히 걸어봐도
ゆっくり歩いてみても

スミ チャッチ
숨이 찼지
息が切れた

モドゥン ゴシ ポクチャダヌン ヌッキム
모든 것이 벅차다는 느낌
すべてが手に負えないって感じ

チェジャリ ナムン ゴスン ホンジャインジ
제자리 남은 것은 혼자인지
元の場所は一人なのか

ヌッキムマジョド イクスカンデ
느낌마저도 익숙한데
感じさえも慣れてるのに

ネガ チャムドゥル ッテ
내가 잠들 때
私が眠るまで

ッカジ イッソ ジュルレ
까지 있어 줄래
いてくれる?

ニガ ネ スムル
네가 내 숨을
あなたが私の息を

テシン カリョガルレ
대신 가져갈래
代わりに持って行ってくれる?

ニガ ネ マジマグル
네가 내 마지막을
あなたが私の最後を

チキョ ジュルケ
지켜 줄래
守ってくれる?

ットナル ッテッカジン ウソジョ
떠날 때까진 웃어줘
離れるまで笑っててよ

チェバル ナルル ヨギ トゥゴ
제발 나를 여기 두고
どうか私をここにおいて

カジン マ
가진 마
行かないで

チェバル チャガウン ヌヌル
제발 차가운 눈으로
どうか冷たい眼差しで

ポジン マ
보진 마
見ないで

チェバル チグムン
제발 지금은
どうか今は

アプゲ ハジ マ
아프게 하지 마
苦しめないで

チャムドゥル ッテ ッカジン ナムジョ
잠들 때 까진 남아줘
眠るまでいてよ

ネガ チャムドゥル ッテ
내가 잠들 때
私が眠るまで

ッカジ イッソ ジュルレ
까지 있어 줄래
いてくれる?

ニガ ネ スムル
네가 내 숨을
あなたが私の息を

テシン カリョガルレ
대신 가져갈래
代わりに持って行ってくれる?

ニガ ネ マジマグル
네가 내 마지막을
あなたが私の最後を

チキョ ジュルケ
지켜 줄래
守ってくれる?

ットナル ッテッカジン ウソジョ
떠날 때까진 웃어줘
離れるまで笑っててよ

チェバル ナルル ヨギ トゥゴ
제발 나를 여기 두고
どうか私をここにおいて

カジン マ
가진 마
行かないで

チェバル チャガウン ヌヌル
제발 차가운 눈으로
どうか冷たい眼差しで

ポジン マ
보진 마
見ないで

チェバル チグムン
제발 지금은
どうか今は

アプゲ ハジ マ
아프게 하지 마
苦しめないで

チャムドゥル ッテ ッカジン ナムジョ
잠들 때 까진 남아줘
眠るまでいてよ




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください

続きを読む

このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

青かった - Besweet 歌詞和訳

Besweet(비스윗)《♀》
09 /26 2020
プルドン
푸르던 - 비스윗 (Besweet)
青かった
作詞作曲:비스윗 (Besweet)
リクエスト頂いた曲です♪
プルドン
푸르던 - 비스윗 (Besweet)
青かった


クヌルル チャジャガヌン ケジョレン
그늘을 찾아가는 계절엔
日陰を探していく季節には

オディソドゥン クゴスル
어디서든 그곳을
どこでもそこを

マンドゥロ チュドン ノ
만들어 주던 너
作ってくれたあなた

アムド チャッチ アンヌン ゴセソ
아무도 찾지 않는 곳에서
誰も探せない場所で

パラボミョ イプ マッチョ
바라보며 입 맞춰
見つめながらキスしてよ

ク ソリガ ウルリョ
그 소리가 울려
その音が響き

ポジドン(スペソ)
퍼지던 (숲에서)
渡った(森で)

ハンオプシ ソロルル ウォネットン
한없이 서로를 원했던
ひたすらお互いを望んだ

シガニ ムチョク キロンヌンジ
시간이 무척 길었는지
時間がとても長かったのか

ハヨムオプシ ピガ ネリドン
하염없이 비가 내리던
とめどもなく雨が降っていた

ク ヘッサル アレソ
그 햇살 아래서
その日差しの下で

プルルン イピ ットロ ジル ッテ
푸르른 잎이 떨어 질 때
靑葉の散る時

パダゲ フルギ トロウォジゴ
바닥에 흙이 더러워지고
床に土が汚れて

ク ソゲ ウッコ イットン ノワ ナ
그 속에 웃고 있던 너와 나
その中で笑っていたあなたと私

フンチョギラド ナマンヌンジ
흔적이라도 남았는지
跡でも残っているのか

フルドン ッタミ モムチョガル ッテ
흐르던 땀이 멈춰갈 때
流れる汗が止まる時

ウリヌン チョグム オセケジゴ
우리는 조금 어색해지고
私たちは少しぎこちなくなって

カッカイ タアッソットン カスミ
가까이 닿았었던 가슴이
近づいた胸が

アジク ソロルル キオカヌンジ
아직 서로를 기억하는지
まだお互いを憶えているのか

ナギョビ ットロジヌン ケジョレン
낙엽이 떨어지는 계절엔
落ち葉の季節には

モロジヌン ハヌルル アスュィウォハドン ナ
멀어지는 하늘을 아쉬워하던 나
遠ざかる空を惜しんでいた私

ヘッサリ カリョジヌン ゴセソ
햇살이 가려지는 곳에서
日差しがさすところで

トゥリョプタドン ナエゲ
두렵다던 나에게
怖いと言っていた私に

ク チョングギ トェオジュンダドン(スベソ)
그 천국이 되어준다던 (숲에서)
あの天後になってくると言ってた(森で)

クィッカエ スチドン パラムド
귓가에 스치던 바람도
耳元によぎった風も

チャガウン コンギエ ヌッキムド
차가운 공기에 느낌도
冷たい空気の感じも

ハヨムオプシ モムチョジョ イットン
하염없이 멈춰져 있던
とめどもなく止まっていた

ク セサン アレソ
그 세상 아래서
その世界の下で

プソジン イピ ットロ ジル ッテ
부서진 잎이 떨어 질 때
砕けた葉が落ちる時

パダゲ フルギ トロウォジゴ
바닥에 흙이 더러워지고
床に土が汚れて

ク ソゲ ウッコ イットン ノワ ナ
그 속에 웃고 있던 너와 나
その中で笑っていたあなたと私

フンチョギラド ナマンヌンジ
흔적이라도 남았는지
跡でも残っているのか

フルドン ッタミ モムチョガル ッテ
흐르던 땀이 멈춰갈 때
流れる汗が止まる時

ウリヌン チョグム オセケジゴ
우리는 조금 어색해지고
私たちは少しぎこちなくなって

カッカイ タアッソットン カスミ
가까이 닿았었던 가슴이
近づいた胸が

アジク ソロルル キオカヌンジ
아직 서로를 기억하는지
まだお互いを憶えているのか

セハヤン フィン ヌニ ネリル ッテ
새하얀 흰 눈이 내릴 때
真白い白い雪が降る時

フトジン フルギ トロウォジゴ
흩어진 흙이 더러워지고
散らばった土が汚れて

サンチョロ オルルクチョットン ノワ ナ
상처로 얼룩졌던 너와 나
傷にまみれたあなたと私

フンチョギラド ナマンヌンジ
흔적이라도 남았는지
跡でも残っているのか

チャガプトン ッタンイ ノガ ガル ッテ
차갑던 땅이 녹아 갈 때
冷たかった地面が溶けていくとき

ウリヌン チョグム クェンチャナジゴ
우리는 조금 괜찮아지고
私たちは少し良くなって

カッカイ タアッソットン カスミ
가까이 닿았었던 가슴이
近づいた胸が

イジェン ソロルル イジョ カヌンジ
이젠 서로를 잊어 가는지
もうお互いを忘れていくのか




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください

続きを読む

このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

EQUAL - Besweet 歌詞和訳

Besweet(비스윗)《♀》
09 /25 2020
EQUAL - 비스윗 (Besweet)
作詞作曲:비스윗 (Besweet)
リクエスト頂いた曲です♪
EQUAL - 비스윗 (Besweet)

オジェワヌン タルン モスプビオッチョ
어제와는 다른 모습이었죠
昨日とは違う姿だったわ

クデン ネゲ ファマン ネッソヨ
그댄 내게 화만 냈어요
あなたは私に怒ってばかりいた

トラソン クリムジャ ックンマン パルプコ
돌아선 그림자 끝만 밟고
背を向けた影の先ばかり踏んで

ヌンムルグァヌン モン イビョリ トェオッチョ
눈물과는 먼 이별이 되었죠
涙とは遠い別れになったわ

ナヌン ウェンジ フリョンヘッソヨ
나는 왠지 후련했어요
私はなぜだかすっきりしたわ

モロジン マウムマン ナムン シガン
멀어진 마음만 남은 시간
遠くなった心だけ残った時間

ホンジャ イッソド オセカジ アナヨ
혼자 있어도 어색하지 않아요
一人でいてもぎこちなくない

ハムッケ イッスル ッテ
함께 있을 때
一緒にいる時

ノムナド アパッチョ
너무나도 아팠죠
とても苦しかった

ウェロウミラヌン ゴン
외로움이라는 건
寂しさというのは

サラン (EQUAL)イラ ペウォッチョ
사랑 =(EQUAL)이라 배웠죠
愛=(EQUAL)だと学んだわ

アニンガヨ
아닌가요
違うかな

ウロド スルプジガ アナヨ
울어도 슬프지가 않아요
泣いても悲しくないわ

ウソド プルピョネットン マウミ
웃어도 불편했던 마음이
笑っても不便だった心が

クリウミラヌン ゴッジョチャ
그리움이라는 것조차
腰伊佐というものさえ

チウォジゲ マンドゥルジョ
지워지게 만들죠
消えさせるわ

アニンガヨ
아닌가요
違うかな

オジェワヌン タルン モスビオッチョ
어제와는 다른 모습이었죠
昨日とは違う姿だったわ

クデン ネゲ サグァヘッソヨ
그댄 내게 사과했어요
あなたは私に謝った

チンシミ アニダ メンセハンダ
진심이 아니다 맹세한다
本心じゃないと誓う

キップムグァヌン モン チェフェガ トェオッチョ
기쁨과는 먼 재회가 되었죠
喜びとは遠い再会になったわ

ナヌン ウェンジ ウスム ナッソヨ
나는 왠지 웃음 났어요
私はなぜだか笑ったわ

モロジン マウムマン ナムン シガン
멀어진 마음만 남은 시간
遠くなった心だけ残った時間

ホンジャ イッソド オセカジ アナヨ
혼자 있어도 어색하지 않아요
一人でいてもぎこちなくない

ハムッケ イッスル ッテ
함께 있을 때
一緒にいる時

ノムナド アパッチョ
너무나도 아팠죠
とても苦しかった

ウェロウミラヌン ゴン
외로움이라는 건
寂しさというのは

サラン (EQUAL)イラ ペウォッチョ
사랑 =(EQUAL)이라 배웠죠
愛=(EQUAL)だと学んだわ

アニンガヨ
아닌가요
違うかな

ウロド スルプジガ アナヨ
울어도 슬프지가 않아요
泣いても悲しくないわ

ウソド プルピョネットン マウミ
웃어도 불편했던 마음이
笑っても不便だった心が

クリウミラヌン ゴッジョチャ
그리움이라는 것조차
腰伊佐というものさえ

チウォジゲ マンドゥルジョ
지워지게 만들죠
消えさせるわ

アニンガヨ
아닌가요
違うかな

ットナカンテド スルプジガ アナヨ
떠나간대도 슬프지가 않아요
離れていっても悲しくないわ

ハムッケ イッスル ッテ
함께 있을 때
一緒にいる時

ノムナド アパッチョ
너무나도 아팠죠
とても苦しかった

ウェロウミラヌン ゴン
외로움이라는 건
寂しさというのは

サラン (EQUAL)イラ ペウォッチョ
사랑 =(EQUAL)이라 배웠죠
愛=(EQUAL)だと学んだわ

アニンガヨ
아닌가요
違うかな

ウロド スルプジガ アナヨ
울어도 슬프지가 않아요
泣いても悲しくないわ

ウソド プルピョネットン マウミ
웃어도 불편했던 마음이
笑っても不便だった心が

サランヘッタラヌン ゴッジョチャ
사랑했다라는 것조차
愛したということさえ

チウォジゲ マンドゥルジョ
지워지게 만들죠
消えさせるわ

アニンガヨ
아닌가요
違うかな




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください

続きを読む

このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

悲しいという言葉 (Remastering) - Besweet 歌詞和訳

Besweet(비스윗)《♀》
09 /24 2020
スルプダヌンマル
슬프다는말 (Remastering) - 비스윗 (Besweet)
悲しいという言葉
リクエスト頂いた曲です♪
スルプダヌンマル
슬프다는말 (Remastering) - 비스윗 (Besweet)
悲しいという言葉


ハルマン キダリョド ナン
하루만 기다려도 난
一日だけ待っても私は

チョチョハン オルグリ トェッチ
초조한 얼굴이 됐지
いらいらした顔になったわ

クデ マム チョグムッシク
그대 맘 조금씩
あなたの気持ち少しずつ

ピョネガヌン ゲ ポヨ
변해가는 게 보여
変わって行くのが見える

チョムジョム ト モロジヌン ゴル
점점 더 멀어지는 걸
ますます遠ざかってる

モルン チョク ハリョゴ ヘッチ
모른 척 하려고 했지
分からないふりしようとしたわ

ハジマン イジェヌン
하지만 이제는
だけどもう

ト ポティル スガ オプソ
더 버틸 수가 없어
これ以上足られない

イロジ マルジャヌン ネ マレ
이러지 말자는 내 말에
こんなことやめようという私の言葉に

チャガプケ トラソン ニ モスプ
차갑게 돌아선 니 모습
冷たく背を向けたあなたの姿

スルプダヌン マル
슬프다는 말
悲しいという言葉

ットナジ マルラン マル
떠나지 말란 말
離れないでって言葉

アム ソヨン オプケッチ
아무 소용 없겠지
何の役にも立たなかったわ

アム ヌッキム オプケッチ
아무 느낌 없겠지
何も感じないよね

オチャピ ピョナル コル
어차피 변할 걸
どうせ変わるわ

ホンジャマン モルラットン
혼자만 몰랐던
一人だけ知らなかった

パボ ガトゥン ナヨッチ
바보 같은 나였지
バカみたいな私だった

クッテン ナ クレッソッチ
그땐 나 그랬었지
あの時は私はそうだった

サソハン マルタトゥム イェド
사소한 말다툼 에도
ちょっとした口論にも

ヘオジジャン マルル ハドン
헤어지잔 말을 하던
別れようと言っていた

ノエ ク チンシムル
너의 그 진심을
あなたのその本心を

アルゴヌン イッソッチマン
알고는 있었지만
知ってはいたけど

スュィプケ ノル ポネル ス オプソ
쉽게 널 보낼 수 없어
簡単にあなたを手放せない

クロゴ シプチン アナソ
그러고 싶진 않아서
そうしたくなくて

エッソ ノルル ポミョ
애써 너를 보며
必死にあなたを見ながら

ウッコヌン イッソッチマン
웃고는 있었지만
笑ってはいたけど

ッカマッケ タドゥロ カボリン
까맣게 타들어 가버린
真っ黒に燃えてしまった

ナエ マウムン アパッチ
나의 마음은 아팠지
私の心は痛かった

スルプダヌン マル
슬프다는 말
悲しいという言葉

ットナジ マルラン マル
떠나지 말란 말
離れないでって言葉

アム ソヨン オプケッチ
아무 소용 없겠지
何の役にも立たなかったわ

アム ヌッキム オプケッチ
아무 느낌 없겠지
何も感じないよね

オチャピ ピョナル コル
어차피 변할 걸
どうせ変わるわ

ホンジャマン モルラットン
혼자만 몰랐던
一人だけ知らなかった

パボ ガトゥン ナヨッチ
바보 같은 나였지
バカみたいな私だった

クッテン ナ クレッソッチ
그땐 나 그랬었지
あの時は私はそうだった

スルプダヌンマル
슬프다는말
悲しいという言葉

ハジマルコル クレッチ
하지말걸 그랬지
言わなきゃよかった

オチャピ ピョナル コル
어차피 변할 걸
どうせ変わるから

ホンジャマン モルラットン
혼자만 몰랐던
一人だけ知らなかった

パボ ガトゥン ナヨッチ
바보 같은 나였지
バカみたいな私だった

クッテン ナ クレッソッチ
그땐 나 그랬었지
あの時は私はそうだった




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください

続きを読む

このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

↑クリックすると一覧が表示されます